リバーウェットフライ

リバーウェットフライ
・・・ロッホスタイルと区別は付けたい(笑)

スティルウォーター用スパイダーパターンとは別に
流れの重い魚野川とか犀川本流の様な河川向けのフライ

定番なら・・・CS7 #12

DSCF7942
リバーウェットフライ

信頼感を感じるフレンチパートリッジのフロントハックル
セカンドハックルは時期に応じて様々な色
・・・ダブルハックルの混色を愉しみます

オオユスリカに合わせてティール&ブラック・・・J1A #12

DSCF7943
ダックフライ

錘代わりにカッパージョンのプリンス・ニンフ仕上

DSCF7944
カッパージョンのプリンス・ニンフ仕上

リードフライに使います
・・・ストレッチャー・フライ?

ウェットフライの愉しみ
・・・ハス毛鉤のパターンで遊びます

ハス毛鉤「歌姫」ウェットフライ  J1A #10

DSCF7945
ハス毛鉤「歌姫」ウェットフライ

ハス毛鉤「流星」ウェットフライ・・・J1A #10

DSCF7946
ハス毛鉤「流星」ウェットフライ

実釣試験中パターンも有効なら・・・

ボディハックルに厚めのフロントハックルが定番の
アイリッシュスタイルに一時期、嵌りました
釣れることは釣れるのですがどうもしっくりきません
同じ流れで釣り比べて以来、ボディハックルは諦めました

それでもドライフライは諦められず・・・(笑)
お守り代わりにコカゲロウパターン

お似合いのホイットレーフライボックス「マッチ箱」

DSCF7936
ホイットレーフライボックス「マッチ箱」

コカゲロウパターン・・・

DSCF7941
コカゲロウパターン

TMC500U #16 こちらも「ハス毛鉤 パターン」です
シングルハンドなら無理なく切り替えがききます
・・・今風のスイッチング・ロッド呼称には違和感ですけど

ほのかに暖かい春風の中、のんびりと釣り下る予定です
・・・今日は気温21℃でも明日の天気予報は雪です(笑)

天気予報通り大雪になりました
春の雪ですから下半分がシャーベット状で重いです
電線は積雪で垂れ下がり、木の枝が折れているところも・・・

DSCF7949
春の大雪

・・・大雪警報になってしまいました

以下爺の戯言 ———————————————

シンクレートの重いラインにカチカチのダブルハンドとか
パワーウェットの様なシューティング風とは違う愉しみ
対岸まで飛ばしたラインが下流に流れるまでの間が
何故か手持無沙汰な気持ちになってしまう方向けでしょうか?
出来れば10Fクラスのウェットロッドがお似合いです
・・・勿論、シングルハンドでドロッパー仕立て
ダブルハンドの一群が通り抜けた後の落穂拾いかも・・・(笑)
犀川殖産管轄の犀川を土手から見ていると
一群が通り抜けた後、早くて5分、定番で10分くらいで
魚がまた同じ定位置に戻ってくるのが良く見えます
人に対して慣れているのか怖がらないのか
釣人が多過ぎるのか養殖物だからかもしれません
・・・だからこそ先行者が多くても慌てません
同じ場所で同じ魚が釣れるのも良く有ります
通い慣れれば狭いポイントにしか魚が付かないのも・・・(笑)

滔々と流れる青く澄んだ犀川本流の流れは長い竹竿が似合います
ダブルハンドですから少し重装備の面が有りますけど
LRHグリースドライン13Fなんて此処用に誂えたのかなんて(笑)
・・・本流とはいえ、小ぢんまりとした佇まい
流れに合わせた長い竹竿が似合う犀川殖産管轄の犀川は良いです

リバーウェットフライ” への4件のフィードバック

  1. 犀川は行ったことがないのですが、友人が大型の鱒を狙って通っており、長竿の能力を遺憾なく発揮できそうですね。
    忍野の桂川も水量が減って、いつの間にか10フィートのホートンを持ち出すような感じではなくなりつつあります。
    ましてや日光湯川は…

    気が付けば、竿やラインの進化で、海の大物用の道具立ても随分とコンパクトになりましたね。
    フライにしても以前は6番ラインが標準だったわけですから、7フィートで3番や4番のバンブー竿はそもそも特殊だったわけで…
    数が少ないところを皆が欲しがるのですから、自ずと値段も上がります。
    バンブー竿は9フィートを超えるとお値打ちになりますが、実はそのあたりにこそ個性と言うか面白さがあると思うのですけどね。

    いいね

    1. yugawasuki様 コメントありがとうございます
      近くに通年解禁場所が有るのは釣人冥利に尽きます、毎日通う訳にはいきませんが都合と天気が合いさえすれば一時間足らずで川辺に立てます。
      ほど良い川幅と水深ですから渓流域で使うと驚かれるような長竿でも似合いますし竹のダブルハンドを使う方も通われていますので寂しさを感じません(笑)
      自分も一番最初は8.6fの6番で始まり、何処でもその一本槍でしたから重いと感じる事も無く・・・。手持ちの竹竿も一番短いので8.6f、メインが9.3~10fですから変り者扱いです。でもyugawasuki様がおっしゃられる通り、竿ごとの個性がそれこそ同じ銘でもハッキリと違いが出ますから堪りません(笑)

      いいね

  2. 犀川に13ftLRH グリーズドラインいいんじゃないでしょうか。絶対的なパワーなら現在のハイカーボンに劣りますがずっしりとした重量のゆったりアクション。もちろんLRHシリーズですと切れ味はするどく静かにスパッと飛行させられます。さすが社長名入っているだけのことはあります。1匹の魚を釣るのにその場で20回キャストする方には向きません。ビュンビュンやると疲れます。静かに数回で勝負できるのが大人の釣り方。飛ばせば釣れると思っているガキどもに見せつけてやりましょう。キャスティングほとんど無しで下流に25メートルだらだら流す方法もあるらしいです。釣れればうれしいでしょうがどうなのでしょうか。大問題になっていたようです。いっそのこと長い投げ竿にスピニングリールにおもりとナイロンラインでいいのではなんて思ってしまいます。確かに新しいかもしれませんが。(笑) 昔の弁当箱や学校給食の食器のようなあのホイットレーの質感は私の年代にはたまりません。開ければおかずが並んでいます。重く長めの竿に小型のフライで50~60の魚体狙いは楽しそうです。うらやましい。いいな~。

    いいね

    1. おじゃまる様 コメントありがとうございます
      下手の横好きですから自慢できるものは何も有りませんが折角、フライで遊ぶならそれなりの釣り方で遊びたいだけで、精一杯です(笑)
      人が入っていれば何時ものポイントを諦めて他に移りますし遠来の方が来られてポイントを聞かれれば案内も致します。それなりの齢になりましたからダブルハンドも使いますがシングル10fが満足に使える内は・・・などと思っています。それでも11fのワイなら気が焦るのかついついシングルで打ち返してしまいますからダブルハンドの有難味はまだ先の話かもしれません。
      近くに犀川殖産管轄の犀川が流れる幸運には感謝しています。

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください