伝統的な手道具について

伝統的な手道具について

囲炉裏と火鉢と炬燵に七輪と竃の生活・・・完全な番外編です

仕事と生活で数多くの打ち刃物を使っていますが洋斧と和斧に絡み、この頃気に成る事が多々有りまして

打ち刃物・・・

打ち刃物

薪割り用に洋斧も増えて、今でも風呂は薪で焚いています

薪割りに使う斧について薪ストーブ屋さんの各ブログを拝見すると古来から針葉樹を薪に使用しそれに特化したのが和斧であるとした話が数多く見受けられます

各地で斧の名称は違いが有りますとしながら伐採用や根切り用の斧を薪割り用と説明される方が多いのも気になりますしそれ以上に「斫り用」迄・・・

和毛鉤の話にも似た商業ベースの胡散臭さが其処にも有りました

何処かで示し合わせたように共通した説明も不思議です

そもそもクヌギやコナラ等の雑木の枝が主力では無かったのかと・・・

そもそも幹を伐るよりは枝を利用した方が生産性も高く管理も容易・・・

建築資材となる様な針葉樹を玉切りにしてそれを和斧で薪作り?

・・・そんな贅沢は出来なかった

長野市辺りの平場でも竈の煮炊き用に近辺の山に財産区を持ち柴刈りやら、炭焼き職人に財産区内の雑木管理(伐採)を兼ねて委ねたりと薪割りを各戸で行える程の針葉樹生産は近年の林野庁管轄の植林計画の賜物のはず・・・

結果的に良かったのか悪かったのかはさておきます

我が家でも1960年代迄は竈でご飯を炊いていましたし、風呂は豆殻で焚き付けて桑の枝、後年は林檎の剪定枝を主に使っておりました

豆殻と言っても大豆を収穫した残りですから小枝程も有り、火力はそれ以上有ります

広葉樹と違い針葉樹はヤニも多く燃やせば煙に煤でそれこそ油地獄ですからその点でも出来れば針葉樹は避けたいところですし常用ともなれば煙突掃除が頻繁になり過ぎてそれこそ大変な目に合います・・・

そもそもストーブが使われた時代と和斧の時代は違い過ぎます

それよりも日本は薪の文化よりは炭の文化ではと思います

本来は「囲炉裏と火鉢と炬燵に七輪と竃」です

囲炉裏と今風枠付き火鉢の違いを説明せず十把一絡げの商業ベースに悪意すら感じてしまうのと同じです

同じく洋斧と和斧についても不思議な説明が・・・(笑)

結局のところ、実生活で使わずに本からの知識だけで田舎暮らしを解説するから何処も似た様な説明と使う道具名すら十把一絡げの商業ベースは古式だとか伝統毛鉤の説明と類似して気持ち悪さすら感じてしまいます

玉切りにされた素直な素性の販売用なら針葉樹でも広葉樹でも和斧でも洋斧でも不便無く自在に割れます・・・(笑)

捩じれに枝や瘤が有るからこそ製材に廻せず薪や炭に利用されていたもの

流行りに乗じた一律の情報は同調圧力も伴って昔の生活すら捻じ曲げます

同じく斧よりも実用品の「鉈」解説も不思議な話が・・・

そこには斧と鉈の違いも判らない笑い話も豊富です

一般的に「登り鎌」とか「鉈鎌」と呼ばれるもの

・・・登り鎌

登り鎌

枝打ち用と解説されやすいですがあくまでも鎌の強化版

登り鎌

植林された木々を守るため纏いつく蔦蔓を切り下草を払う物

混同されるのが「ツル切り鉈」・・・こちらは薮払いに近い

・・・石付き鉈 両刃

石付き鉈(両刃)

伐採されて地面に落とした大枝から小枝を払い拵える物

石付き鉈

薄刃で両刃と厚刃で片刃が有り各々の使用法が違うし好みも有りますが下枝打ちなら越前型のカーブした片刃の方が使い易いく仕上も綺麗と思います

・・・土佐型 海老鉈 片刃(大中小)

海老鉈 (大中小)

裏面・・・片刃

海老鉈(大中小)

・・・一般的な「片刃鉈」と「両刃鉈」

両刃と片刃

素早く拵えるには両刃が適していますが鋭さでは片刃、石付きも刃の保護は勿論ですがそこを使って、切った小枝を片付けるのに意外と重宝します

一般的に越前型は厚みが有り重く土佐型は薄刃で軽量

・・・小径薪割り用鉈

小径薪割り用鉈

木口に当てて別の材で刃の背中を叩き、割る

・・・二丁差し

二丁差し

鋸と鉈のセット

二丁差し

・・・手斧

手斧

刃の頭に三本線と四本線の刻みが有り三本は「御神酒」四本は「地・水・火・風」を表す

櫃は台形の「信州型」、細引きを使った「刃沓」は自作

手斧 信州型櫃

柄と刃の接合部「櫃」にも地方色が有ります

「刃沓」  手斧

・・・今は斧で伐採しないので「お守り」代わり

四隅に塩、日が出る前に根元にお酒とか地域色よりは個々のやり方?

自宅の木は自身で伐採せずに他人にお願いするとか

庭の古木には尚更、感謝を込めてとか・・・

縁起なのか厄払いなのかと解釈も様々・・・

ハスクバーナの斧、スウェーデン鋼の塊、四種

ハスクバーナの斧、スウェーデン鋼の塊、四種

揃えて見たものの使うのは「薪割り用」の二種だけ

ハスクバーナの斧、スウェーデン鋼の塊、四種

万能型は却って使えないし手斧なら和斧の方が使い勝手が良いし

和斧での巻き割りは垂直に立てた木口に振り下ろすよりも横に寝かせた幹に打ち込んだ方が仕事が早いかと・・・

・・・斧頭の重さで楔の様に割るのが洋斧で柄長の長さを利用して打ち刃物独特の切れ味で切り裂くのが和斧の真骨頂かと思います

販売されている素性の良い真っ直ぐな薪用玉切りならどの様にしても・・・(笑)

新月伐採ならいざ知らず水を含んだ槐の大木ともなればチェーンソーの刃の動きに合わせ水が迸るし、玉切りにした小口はゴムタイヤの様に斧を弾きます

方や林檎の40年生ともなれば太さもさることながら柔らかい材質が打ち込んだ斧を咥えて離しませんから却って乾燥させた方が割れます

割るには伐採直後が良いとか二・三時間後が一番とかの解説も聞きますが目廻りとか芯割れが有ってもなかなか難しいのが自然木の薪割りです・・・(笑)

伐採用和斧にも広葉樹用に針葉樹用と使い分けていましたし柄についても真っ直ぐとされやすいですが意外と打圧を軽減するための工夫は・・・(笑)

いずれにしても流行りに乗った実生活を伴わない商業ベースの情報はコピペされたように一律過ぎるのも不思議な話ですし斧よりは大鋸が伐採には最適

林檎農家ですからこの程度の手道具ですが林業家ともなれば納屋には手道具がそれこそ目一杯詰め込まれています(笑)

付記

ウェストベルトに付けるロッドホルダー兼プライヤーホルダーがこの手道具の持ち運びに便利です

ロッドホルダー兼プライヤーホルダー

・・・本来の釣りのブログに近づける為の一つの策です(笑)

以下爺の戯言 —————————————————–

手道具としての鉈の数々は有れど、作業が有ってこその様々な形

定番なら片刃の厚めで刃長が165㎜程度もあればそれこそ万能型

薄刃も有れば厚みは有ってもザグリの様な大型の「樋」を持つ軽量型に本来の厚みそのままな無骨其の物の鉈も必要に応じて有る・・・手軽さよりも却って重さは切れ味に役立つ

昔の鉈や斧に鉞がコレクション化しそれに応じて形だけ真似た物や本来の名前を客受けが良い様に狩猟型○○鉈としているようなメーカー・・・(笑)

各地域に根付いた野鍛冶の打ち刃物は形も違えば刃の付け角度に柄とのバランスまでその地域の仕事に合わせ使う人に合わせ残って来たもの

農作業の手道具である「鎌」とか「鍬」とかは鉈以上に千差万別では有るけれどそれもその土地の土に合わせ使い手に合わせ仕事に合わせた物・・・

商業ベースの伝統毛鉤にも似てそれが本来の機能を持っているのかとか何故その名称をわざわざ付けるのかとか、違和感を感じてしまう事が多くなったと思う

素材からしても、鋼として使われる安来鋼の「青紙」や「白紙」であっても打ち手に応じて切れ味と持ちに研ぎ味まで違う

手道具としての打ち刃物を見ているとどうしても今の「和式毛鉤」の有様と重なって見えてしまうようで・・・

「鉈」も使い手に合わせ、仕事に合わせ、対象物に合わせ様々な形が各地域に根付いた様に、地域に伝わる「和式毛鉤」も形だけでは・・・(笑)

チェンソーも仕事に応じて・・・スチール四種

スチール チェンソー

バーの長さが35~50㎝で5㎝刻みの四種

スチール 四種

一番古い011AVT (トップハンドル)は木の上での取り回しが長所

お手軽さならCM211C スターター・ロープも軽いしソーチェーンの張り調整も楽なのでホントにノコギリ代わり

一日中、チェンソーを使うならCM260 、45cmのバーで軽く万能型

太い立木ならCM390の出番、50㎝のバーと大排気量のトルクが助かるけれど、一日中使うには重すぎます

どれもこれも違いを知らなければ、オレンジ色のチェンソー・・・(笑)

伝統的な手道具について” への4件のフィードバック

  1. こんばんは。
    お爺さんは、山に芝刈りに行ったのであって、丸太を取りに行ったのではなかったですね(笑)
    近所に薪ストーブをお持ちの方がいて、薪割りをするところを見たら、丸太をチェーンソーで…
    昔はチェーンソーなんてないし、ああ言う丸太を薪として使ったのかどうか…
    小僧の頃、カブトムシを取りに行った山の雑木林は、何に使っていたのか分かりませんが、ちゃんと枝が刈られていました。そう言う幹に傷が付いた木から樹液が出て、そこにカブトムシがいっぱいいました。
    今はどうなっているのかなぁ…
    斧にしても鉈にしても、日々の生活に根差した道具には、実用品ならではの素朴さとそこから滲み出る機能美がありますね。
    竿であれば郡上竿のような…

    いいね

    1. yugawasuki様 ご訪問並びにコメントありがとうございます
      打ち刃物にも地方色が有りまして長野県の場合は木曽が天領で別格扱いですが行政区分として一時飛騨地方が長野県に編入され婚姻関係により縁が強くなり斧の信州型が飛騨地方にも同時に存在していたようです。長野県の中でも上杉方の北信と武田方の南信とも違いが有りますし真田藩関係では桜で有名な高遠藩もその後山形に藩替えでとか福島のとか徳川家に反した真田家当主は京都に蟄居させられそれに伴った保科家はとかその本家である中信の望月家は京都に一族の望月家が残るとか江戸時代は思っている以上にダイナミックに動いていた様です。その後の明治維新で長野に県庁が置かれその当時の役人は前田藩のお武家様が務められたので北信の最上級の謙譲語として「○○ごわす」という鹿児島弁が残りました。又各地の打ち刃物は京の刀鍛冶が云々とされていますから打ち刃物の地方色は今になればタイムマシンの様かと思います。

      いいね

  2. ハスクバーナの斧は初めて見ました。チェーンソーは有名で私も使ってみたいのですが、お値段がプロ用で安くても15万オーバー。ホビー用が最近3万円ぐらいで出たようです。憧れの道具です。宝の山 と山が言われていた時代の産物でしょうか。材木は住宅建築や火力としての薪。家の垣根や盆栽用の木。山菜に囲碁や将棋盤になどのホビーに使われたのはカヤの木だったでしょうか。けん玉にこけしなどほとんどが山から採れるもので作られていた時代。これらの時代に宝の山という言葉が生まれたのでしょうか。もちろん渓流魚も山の宝です。

    いいね

    1. おじゃまる様 コメントありがとうございます
      スティールを主に使ってはいますがハスクのチェーンソーは回転の上りがスムーズで吸い込まれそうな魅力が有りますし、独特の排気音はレーシングエンジンの様で高揚感すら感じてしまいます。頼まれ仕事で果樹の植え替えを年間40本程、行っていますがプロ用とされる機種はそれだけの価値があると実感しています。春の山菜に始まり夏の高原植物の花々、秋のキノコと山はやっぱり今でも宝の山です。雑木に覆われていても昔、使われていたであろう樵道はそれこそ縦横無尽に有りますからそれだけ山は活用されていたと足裏に感じる土の固さで判ります。自然に還っていく樵道を見ているとこれはこれで良いものなんだと(笑)
      こんな処までと思う程の深山奥山でも、渓に続く釣人の道はしっかりと残っていますからそれだけ渓魚は宝物と感じている方々が多いと思っています。

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください