テンカラ針 究極の逸品 

本来は使い慣れて信頼する餌針を使ってきた「テンカラ針」の究極の選択かもしれません・・・

「吉村渓流」で聞き覚えが有る方も多いとは思いますが「吉村本夫氏」の理念形である「吉村アマゴ」を手にして、これを毛鉤に巻いて確かめてみたいと素直に思いました

吉村アマゴ

前々から勝負針として「鮎掛け針」を使ってきましたがその鮎掛け針でも僅かな、それこそほんの僅かな違いでも掛かりの違いが、同じ「狐型」でも針によって違う、それは針先の角度?長さ?太さ?材質?全体のバランス?靭性?

「テンカラで一番の愉しみは落穂拾い」とまでは言えないけれど皆が狙い難い、ピンポイントでしか出て来ない擦れた岩魚、と思っている自分にとっては、対岸の岩や其処に付く草に一旦落としてそこからずり落ちるように下の流れに乗せる逃げが打てない繊細な針はそもそも、選択肢にも入りませんでした

近辺の山々を巡り、ある程度「掛かりの袖型」「喰わせの狐型」の違いを感じ、応じて毛鉤もと・・・(笑)

当時、マス針も販売されていましたが総じて大型、手頃なサイズは有りませんから鮎掛け針を逃げが打てない勝負針として使ってきたのですがその針を使った毛鉤で感じたのが意外と底石に引っ掛からず、何時も上顎の鼻穴と目の間に深々と刺さるその姿でした・・・フライで言う「キールフライ」の考え方は、フライでも、説明がまだありませんでした(笑)

マス鈎 各種

フトコロが深く曲げが大きい鈎はそのバランスにより針先を上にした状態で流れ易いとなればと以後多用し、針先の鋭さ、短い針先の掛かりの良さ、当たり其の物の違い、スレ針でありながらその保持力の強さを鮎掛け針でも色々な特性が有る事を知り、その鮎掛け針から今迄は、専門外の鮎にまでとうとう引きずり込まれてしまいました・・・(笑)

本題に戻ります

特異な形状と鋼材の改良による細軸、針先の僅かな捻り(カネリ)、ポイントの外反り等、流石に逸品、手間が掛かっています・・・だからこそ再販はされにくいと思います、が、出来ればもう少し太軸の環付きでなら究極のテンカラ針かもしれません

二年前に手にして、取り敢えず毛鉤を巻いて確かめました

定番の絹糸胴に笠巻の蓑毛

針素の伸びが助けるのか細軸でも「ぬるっ」とした当りでも確実に上顎を捕えますし、尺程度なら保持力も充分(当り前でしょうけど)、良い意味で想像を越えました

バタ臭い日光針を見本にして・・・

鈎は♯12、オレンジパトリッジの蓑毛を雌雉に変えたもの(パトリッジの文章に懐かしさを感じます)

当初は針全体の靭性を活かしたいと思い、細身でしたが針素の伸びがその心配を無くしましたので

少し太めの・・・

先巻 山繭 ゼンマイ胴 雌雉蓑毛

耳が無いその針型に合わせ、抜け落ち防止で昔の芋虫毛鉤様に戻っています・・・

胴に乗る(胴調子)郡上竿だからこその針選択かもしれませんが、先調子が多い渓流用餌竿よりは総じて胴調子のテンカラ竿には相性が良いのかもしれませんし、その使う竿に合わせた鈎選択ともなれば別の姿の鈎地獄が見えてまいります・・・(笑)

The Brown Owl Ⅱ

The Brown Owl・・・今から2年前の「The Global FlyFisher」記事で目にしたストリーマー、以後使い続けています

犀川本流のヒゲナガ用に・・・オリジナルではありません

 その時もバリエーションを巻いておりました

他のパターンでも、ボディのカッパーティンセルに効果を感じていましたので・・・

犀川漁協管轄ではウィングのブラウンマラード各種パターンが効果的

虹鱒の好みを聞きながら、今のところの犀川殖産地区用・・・

もはや「The Brown Owl」パターンでも無いし、2年前の自家版とも違います(笑)

オリジナル・パターンとは懸け離れてはおりますがそれもフライの面白いところではないかと、思っています

三十年以上前の毛鉤

三十年以上前に使っていた毛鉤

正確には35年以上前になりますが一般的に毛鉤のサイズは号数で8~9号、妙高の爺様ときたら使っていた11号関東袖で無ければとか、毛鉤釣りの毛鉤は大きなサイズが主流でした・・・

飲ませると手返しが悪いからと、敢えて号数の大きな毛鉤を使っていたのですがその当時でも異色だったのが秋山郷毛鉤のサイズ、地元では東京狐と呼ばれる、商品名は「ハリヨシ軽井沢狐」の7号から7.5号ですから一般的なサイズの半分程度でした

奥志賀の雑魚川程ではないにせよ深山奥山であったところがどこもかしこも観光開発が進み観光道路や、ダムに堰堤が各地区に作られ、川床が見る間に埋まり生育環境が悪化、そこに渓流釣りブームで幼魚でも根こそぎ、それを釣雑誌が煽ると言う今からは考えられない不様な様相を呈していたのですが(今でも独特な雑魚川遊漁規制を見れば判るかと思います)そんな状況下の中で宿泊客用に決められた本数を用意しなければならなかったのが「最後の職漁師」ともされる各地域の民宿の主人と思います

仕事柄、親交があったそんな爺様の要望で毛鉤を巻いていました

パートリッジ社 CODE TS2ST #12 他

喰わせの狐型としての選択だった「ハリヨシ軽井沢狐」でしたが餌釣鉤の難点はその耐久性

勿論、通常の使用では問題ありません・・・

同じくパートリッジ社のレギュラー品 K12ST(ロングシャンク)と比べれば同じサイズ表示でも違い過ぎて、K12STの#16でもTS2STの#12より大きい程でした

リストの幅に拘る理由はその鈎に合わせて色変わりの位置調節

久しぶりにバイスに挟むと太軸が目に付きますがその場で研げる利点が有りました・・・昔の常識として鉤先は研いで使います

蓑毛を巻くとその特徴が見えなくなります

鈎のサイズは#12ですけど、他の地区の爺様からは良く言われました「そんな小っちゃい鈎で!」・・・(笑)

その後、同じくパートリッジ社のTS3A #12に鈎は変わってゆくのですが

余り進歩がない様です・・・(笑)

ファーネスハックル

商品名「ファーネス」ハックルのバリエーション

一部にナチュラルオリーブとかラスティダンに近いものも有ります・・・

ジェネティックハックルの凄さはサドルハックルとヘンネックの品質向上に有ると思います、長さ、艶、透明感と色のバリエーションは凄まじいものが有ります

先回のGreenwell’s Gloryを和式毛鉤の一つの作法で巻いてみます、鈎型はパートリッジ社CODE TS3A #14

CODE TS3A  special Dry Fly Hooks 度々、和式毛鉤で出てまいりますが鉤のデザインとポイントの鋭さに保持力の素晴らしさとポイントが少し内側に入る事による耐久性等が気に入り多用して参りました

自己解釈の世界ですけど・・・

左側の和式毛鉤はシルクスレッドに金線と羽根だけです・・・(笑)

コッキーボンデュ?グリーンウェル?・・・

コッキーボンデュ?グリーンウェル?バジャー?ファーネス?・・・

オールドスクールかもしれないけど、一番変わって来たことがハックルの名前、コッキーボンデュにもダークとライトが有るのは知っていたしリストの黒い幅が出来れば狭い方がドライフライに最適、我儘を言えばその黒が出来ればダンに近い方がとか・・・(笑)

1980年辺りはバジャー=芯黒先黒だったと思います、これはどこの国でも同じく言われている事で今の商品名「バジャー」はファーネスの類であり本来のバジャーはストークからリスト迄が濃い色で同じ色が羽根先を縁取る物だったはず・・・?

当時のジェネティックハックルメーカーの一般的な「バジャー」

前出済だけれど和式毛鉤でも軍鶏の毛を使い、珍重されたのは芯黒先黒の濃い赤・・・

当時でも幻の「浅葱」は有ったにせよ

そこにゴールデンバジャー・シルバーバジャー・クリームバジャーの類と思われる「グリーンウェル」?

商品名「グリーンウェル」・・・と称されたハックル

これが本来の「ゴールデン・バジャー」と思うけれども・・・

クリーも今は「ゴールデン・クリー」とか「ライト・クリー」が有るらしいけどそれは此方が、元々思っている「クリー」よりも「ダークバードジンジャー」に近い・・・

黒・茶・白の三色入り「ダークバードジンジャー」は、もはや死語?

サドルハックルはミディアム・ジンジャー・・・黒の入り量でダークとミディアム

年代によって同名の「フライ」が変わって来たのは基本が有っての変容だからある程度は理解出来るけれどハックルの名前が「商品名」に化けて変化しているのは・・・(笑)

拙ブログで巻いている毛鉤もフライも特別を除き市販されていた誰でもが買える「ジェネティックハックルメーカー」のハックル、それも発色が悪いとされた「売れ残り品」・・・でほとんどが「処分品」

それだけでも如何にミスリードされた情報が多いか、まさか知らないとは思えない程・・・

憧れの「ブルーレッド」これもメッツで販売された初期の「チョコレート・ダン」の色に、近い物が有りました。表面は全体的にチョコレート色でも、濃い赤とブルー斑が入り裏面はブルーがかったダン色、その中でも黒に近いダークな色調のケープときたらそれこそ、堪りません・・・

日本はクリーが持て囃されているらしいけど、あちらは只今「ラスティダン」が喧々囂々、商品名に惑わされ本来のハックル名すらあやふやな本質からズレた話では無いし「商品名」が欲しい訳でもない(笑)

日光毛鉤の凄まじい処は先達「中村利吉」氏から、連綿と続くフライと和式毛鉤の融合を試みてきた事、それもハーディー社のフライが発端となったのは、とても意味深い物が有ります

通称「秋山郷毛鉤」はファーネスでは無く、芯黒先黒のハックルを使ったとしたけれどもっと凄まじい方はこのリストの幅にも拘っていた事・・・その爺様の求めに応じて巻いた毛鉤は決して松ぼっくり毛鉤ではございません

Greenwell’s Glory Ⅱ

Greenwell’s Glory・・・春先の萌黄色の蜉蝣、エフェメラそれともエフェメラル?(一過性・短命)

グリーンウェル氏の栄光だからこその「Greenwell’s Glory」

こんなちっぽけな鉤で釣り上げられる自分なんぞ・・・とか思いながら用意していたブラックバードのサブ、まさかピクリン酸で黄色に染色はしていないと思いますけどね、箱の奥から取り出して楽しみの始まり

ライトオリーブに染色されたブラックバードのサブマテリアル(ビニヤード製)

パートリッジ社で復刻したDARREL MARTIN SMUT HOOK

ブラックバードの直立したウィングにコッキーボンデュのハックル、ボディはワックスを効かせたイエローシルクに細い金線でリブ、鉤は#14

Greenwell’s Glory

(このシリーズは少し大きめなので#16を使いました)
脆くて薄いウィングを細く直立させるためダブルのウィング仕立て

この一連の復刻シリーズは興味深かった、文章だけの英国FF釣法の古典とかそこから想像したノースカントリースパイダーパターンとか、謎だったクライドスタイルとか・・・、それらが一気に現実めいて形となって現れる嬉しさ

格別な思いを感じても、いざ実釣にとなれば相応しいパターンが浮かばず、バイスに挟んで眺めるだけ。販売されてから年月が経ち、この鉤そのものがクラッシックになってしまったのかもしれませんし、この鉤そのものがエフェメラル・・・

最初だけは、スネック型ベンドに強度的不安を感じて確認するためだけにフライを巻いて「釣れた、大丈夫だった」なんて報告し合ったり(笑)・・・周りの誰もが若かった

その当時はハーディーカタログに載っていたカーボン竿が主だったけどそれ以上に竹竿が増えた今なら、9.6ftのイッチェンとかゴールドメダル9.6ft、10ft辺りが似合いそう。10ft半ともなれば竿が勝ちすぎるし、LRH 9.3 ftでは竿自体の設計が新しすぎて、一番はデラックスかなとか

今や、鉤からパターンを思い浮かべて、使う竿まで思いを巡らす偏屈爺になりました・・・でもね、魚はいつの時代でも、そんな老釣人が好きですから(笑)

大型を釣った、数を釣った、まして魚の写真まで、それも無念さで開かれた目玉まで見せられるのは、もう満腹だけど、礼節を知り相半ばする覚悟を持って、全て残さず感謝を持って頂くそんなことも憚られる今世、でも釣りの愉しみは、あくまでもそれぞれの釣人の秘め事でしょうし・・・難しい時代になったもんだ

Greenwell’s Glory, Tweed Style

折角のスネック型ですから・・・

色々な鉤やら毛鉤やらフライやらに掛かっては来たけれどこのフライは喉の奥まで飲み込んでいる一つ(笑)

マーチブラウンとかグレイフォックス・・・

マーチブラウンとかグレイフォックス、ライトケーヒル、ヘンドリクソン・・・日本での昔話です

キャッツキル云々も有りますがマーチブラウンとグレイフォックス、ライトケーヒルとなれば米国の三大ドライフライでしょう、ロイヤルコーチマンやウルフパターンも勿論ですが・・・

ダークケーヒルも有りましたがこれは一先ず置いといて、ライトケーヒルは明らかに明るいヒラタ蜉蝣色ですからまだ判り易かったのですがマーチブラウンとかグレイフォックスのタイイング手順が初期の頃は多々有りまして、個々でこれが○○と言う方ばかり。今はそれを踏まえて私家版とかバリエーションになっているかもしれませんがあやふやなものでした。ダビング材のマーチブラウン色とかも販売されていましたが、それが一番となるのも難しい(笑)そこに伏兵のヘンドリクソン。ダークVrも有ればライトVrも有るしと、超有名フライパターンで在りながら見詰める、こちらは混沌の世界、昔は限られた情報ですから尚更かもしれません・・・(笑)

使う鉤もロングシャンクは定番にしても初期のアップアイ・リマリックから後期のダウンアイ、パーフェクトベンドとか様々、キャッツキル共通項はデバイドされたウィングがウッドダックなのかグレイマラードなのかの違い?これがショートシャンクでとなれば作者がキャッツキルドライフライですと言ったところで???

定型の形でも最初期はこれでドライフライ、それもフリーストーン用のドライフライ

キャッツキルパターンで良くアイ一個分開ける・・・コフィンフライで巻いてみると

昔のマスタッド針が一番様に成るなと思いながら同じロングシャンクTMC902BL#12に巻いたりすると・・・

鈎型が違うだけで別物に見えたり・・・

もっと別の目線で米式ドライフライを考えると、その根底には

ペイジェント博士のペイジェント・ブラウンがあったり

実際はこの様なフライが現地で販売されていたり・・・

現地の方が推薦する有名店ですから造りもしっかりされています

○○○○年に○○氏が○○川で効果的なフライを生み出しマテリアルは○○で鉤は○○、とされているフライでも年代により地域によりタイヤーにより独自の世界が広がっているし・・・

ボディは、赤味がかかった褐色に染めたラビットファーをオレンジシルクにダビングして濡れるとオレンジシルクが所々浮き出ますなんて説明される米国に渡った頃の英式マーチブラウンは・・・とか(笑)

写実派なのか印象派なのかの問題もあるけど、実釣ならJohn Atherton氏の様に名前に拘らず、サイズと色のグラデーションとして汎用性を高めた方が良いのだろうなと思うけれど厳格なレシピが有る、英式にも心惹かれる・・・

春なのに大雪警報発令中だと頭ばかりが先にたち手が凍えてバイスを見ながら悩みます・・・(笑)

粗製乱造?研究課題?の山繭胴毛鉤

濡れると透ける「山繭胴」の毛鉤作成が今のところ、研究課題です

胴 山繭&手縫い用絹糸

元巻 白孔雀

鉤 TMC900 BL #14

蓑毛 ナチュラル・ライトグレイダン

手縫い絹糸9号は二本撚りが多いのでスプリットも楽です

撚りを戻した間に山繭を挟んで・・・

撚りをかけます

スレッドはこちら

ゴッサマーならぬ・・・

絹100%のミシン糸 50番・・・(以前は90番も有りましたしヘラ浮子用100番も有りました)

環境保護とまでは考えておりませんが定番サイズには使い易いです・・・

毛鉤が見えて釣れるにはと、透明感のあるナチュラル・ライトグレイダンを使っています、山繭胴はジェル状のフロータントを附けると染み込みが良いので良く浮かびますしそれこそ艶々のキラキラ(笑)、シルクラインのメンテに使う赤ミューシュリンを自分は使っています。テンカラなら決められたラインの長さですからラインの先には見えなくても毛鉤は有りますけど、出来れば毛鉤を咥える魚の姿を堪能したい欲も多少は?有りますから・・・

山繭・・・家蚕より数倍太く、繊維の太さが繭の外側と内側で変わりますから輝きが数段、違います

繭だからと言って湯煎で解したら山繭のもう一つの長所である、虫の匂いも無くなりますので、ゆっくりと時間をかけて手で解します。山の物は色々と手間がかかりますがそれ以上の何かが有ります

春はもうすぐの予定です・・・けどね(笑)

「華」は雪が嫌いなようです・・・

トレブル・フライフック

バーブレス派から見たら○○の代物ですが昔話と思って頂いて・・・

トレブル・フライフック

大型魚を求めて大川に出かけて居た頃ですから30年程前になります。今ほどシンクラインの種類も無く、ポイントを選んだ沈み込み優先となれば重い鉤の選択肢しかなかった時も有ります

封印したフライボックス

レギュレーションの為、ミラミチ川の水を味わうことも出来なかったサモン用トレブルフック

その他にもトラウト用ダブルフックやサモン用ダブルフック、ウォディントンとかチューブフライとか・・・。

その中でもバートリートCS10 /4の美しさには今でも心惹かれます(笑)

その頃でも、なかなかお目に掛かれない大岩魚を、主流がもろにぶつかるコンクリートブロックの底でスティルウォーター9.3f9番を弓なりにして掛けて、目指す魚では無かったのであくまでも外道でしたがそれでも嬉しくて釣り仲間に口を滑らしてしまいました、後日、その魚達は剥製になって飾られておりました。それだけ釣人の執念はとかは置いといて・・・。今は石のシャッポを被ってはいても、今でも敬愛する釣り仲間ですから文句は有りません、互いに「ウラジロ」で焼枯らした大岩魚の不味さを知ってもいるし、生であっても・・・。唯々、嬉しかったと思います。

その後、荒川の鮭釣りにもグレーゾーン過ぎて使いません

C&Rも理解できます、魚体保護に対するバーブレスも勿論ですが自分にとっては「山の物は山に置け、里に降ろすな」の方が身に沁みてます・・・山菜、キノコは家庭用と近所の爺様用に、節度を持って降ろしますけどね(笑)

今回の地震による友人、知人の安否確認も終わり、自身は大雨による内水面氾濫防止の為に各水門に詰まった生活雑貨や日用品のゴミ片付けを行い、前は枝とか農産物の残渣の方が多かったなとか思いつつ、その際に拾った財布を届け(良く拾います)此方が農業用水路と言ってもメモ書きは「下水」と書く若い警察官を再度、諌めたり(笑)

この農業用水路の源は犀川と裾花川、流れる水色と水量でその先に有る山々までも身近に感じている身には、色々と川に対する意識そのものが変わったなと・・・。

渓流釣りの本

朔風社様出版 =====================
渓流釣り 年報 VOL1~10

同時期に出版されたシャルル・リッツ氏 ア・フライフィシャーズ・ライフ添え

「魚釣りの研究」等のそれこそ旧い本も鮎たわけ様のブログからお借りして紹介させていただきましたが、日本で渓流釣りブームの中、同人誌の集大成本としての立ち位置に格別の思いが有ります。その当時でも指摘できる記述とか誤解釈も有りますがそれも原稿を寄せる多数の方々の当時の思いが詰っていると思うと今、読み返しても甘酸っぱい(血と汗と涙?)思いがこみ上げます

特にVol 5巻については二冊持ち、決して持っている本を忘れて買ってしまう今ではありません(笑)

訳ありで出掛けられないと今になれば昔かもしれない、でも自分にとってはそのままの思いが続いているし、朔風社様のような出版社が残れない、そんな事まで思ってしまいます

フライがとにかく輝いていた時代でもありました・・・