テンカラ針 究極の逸品 

本来は使い慣れて信頼する餌針を使ってきた「テンカラ針」の究極の選択かもしれません・・・

「吉村渓流」で聞き覚えが有る方も多いとは思いますが「吉村本夫氏」の理念形である「吉村アマゴ」を手にして、これを毛鉤に巻いて確かめてみたいと素直に思いました

吉村アマゴ

前々から勝負針として「鮎掛け針」を使ってきましたがその鮎掛け針でも僅かな、それこそほんの僅かな違いでも掛かりの違いが、同じ「狐型」でも針によって違う、それは針先の角度?長さ?太さ?材質?全体のバランス?靭性?

「テンカラで一番の愉しみは落穂拾い」とまでは言えないけれど皆が狙い難い、ピンポイントでしか出て来ない擦れた岩魚、と思っている自分にとっては、対岸の岩や其処に付く草に一旦落としてそこからずり落ちるように下の流れに乗せる逃げが打てない繊細な針はそもそも、選択肢にも入りませんでした

近辺の山々を巡り、ある程度「掛かりの袖型」「喰わせの狐型」の違いを感じ、応じて毛鉤もと・・・(笑)

当時、マス針も販売されていましたが総じて大型、手頃なサイズは有りませんから鮎掛け針を逃げが打てない勝負針として使ってきたのですがその針を使った毛鉤で感じたのが意外と底石に引っ掛からず、何時も上顎の鼻穴と目の間に深々と刺さるその姿でした・・・フライで言う「キールフライ」の考え方は、フライでも、説明がまだありませんでした(笑)

マス鈎 各種

フトコロが深く曲げが大きい鈎はそのバランスにより針先を上にした状態で流れ易いとなればと以後多用し、針先の鋭さ、短い針先の掛かりの良さ、当たり其の物の違い、スレ針でありながらその保持力の強さを鮎掛け針でも色々な特性が有る事を知り、その鮎掛け針から今迄は、専門外の鮎にまでとうとう引きずり込まれてしまいました・・・(笑)

本題に戻ります

特異な形状と鋼材の改良による細軸、針先の僅かな捻り(カネリ)、ポイントの外反り等、流石に逸品、手間が掛かっています・・・だからこそ再販はされにくいと思います、が、出来ればもう少し太軸の環付きでなら究極のテンカラ針かもしれません

二年前に手にして、取り敢えず毛鉤を巻いて確かめました

定番の絹糸胴に笠巻の蓑毛

針素の伸びが助けるのか細軸でも「ぬるっ」とした当りでも確実に上顎を捕えますし、尺程度なら保持力も充分(当り前でしょうけど)、良い意味で想像を越えました

バタ臭い日光針を見本にして・・・

鈎は♯12、オレンジパトリッジの蓑毛を雌雉に変えたもの(パトリッジの文章に懐かしさを感じます)

当初は針全体の靭性を活かしたいと思い、細身でしたが針素の伸びがその心配を無くしましたので

少し太めの・・・

先巻 山繭 ゼンマイ胴 雌雉蓑毛

耳が無いその針型に合わせ、抜け落ち防止で昔の芋虫毛鉤様に戻っています・・・

胴に乗る(胴調子)郡上竿だからこその針選択かもしれませんが、先調子が多い渓流用餌竿よりは総じて胴調子のテンカラ竿には相性が良いのかもしれませんし、その使う竿に合わせた鈎選択ともなれば別の姿の鈎地獄が見えてまいります・・・(笑)

テンカラ針 究極の逸品 ” への2件のフィードバック

  1. 海の投げ釣りやヤマメの餌釣りをやっていて、釣り針の「型」に違いがあるのは承知していたけれど、自分にとってはそれ以上でもそれ以下でもありませんでした。
    今野翁が作成した中禅寺湖のレークピットに鮎掛け針が使われていたことは承知していたものの、今のように日本の釣り針の形状に美しささえ感じるようになったのは、おそらくこちらを拝見させていただくようになってからだと思っています。
    かねてより常々海外製品にコンプレックスを感じていた我が毛鉤釣りのスタイルに新たな光明が差したことを、とても嬉しく有り難く思っています。
    日光毛鉤に使う釣り針を選びに、近くの上○屋にでも行ってみるとしましょうか(笑)

    いいね

    1. yugawaski様 コメントありがとうございます
      重箱の隅をつつく話にお付き合いをいただきありがとうございました
      海釣りの丸セイゴ、伊勢尼、海津を使った地域性溢れる毛鉤も各地に残ります
      関東近辺ではケン付きですがヘラブナ用に同じく太目の鯉用とか、九頭竜川周辺では鮎掛け針の乾式毛鉤とか、使い手に応じ釣り方に応じて色々なタイプが有ったのは魚種、漁法、サイズに合わせた世界でも稀な釣針の形が有ったからこそと思っています。決して国粋主義者ではございません(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください