Traditional North Country Spider Ⅱ

ヨークシャーフライ・パターンには思い込みかもしれませんがパーフェクトベンドの鈎が似合うと思います

 Winter Brown

Winter Brown

ウッドコック・アンダーカバーの裏面の明るい方をアイ側に・・・

Winter Brown

Hook: Size 14

Silk: Orange

Body: Hare’s Ear

Hackle: Woodcock Overcovert

Head: Peacock Herl

Little Winter Brown

Little Winter Brown
Little Winter Brown

ウッドコック ウィングカバーの片側だけでハックルを巻きます

Hook: Size 14

Silk: Orange

Body: Hare’s Ear

Hackle: Woodcock Overcovert

Water Cricket

Water Cricket

Hook: Size 14

Body: Orange Silk

Rib: Black Silk

Hackle: Golden Plover Breast Feather

Water Cricket – yellow Body

Water Cricket – yellow Body

Dark Watchet

Hook: Size 14

Silks: Orange and Purple

Body: Orange and Purple silk dubbed with Water-rat fur (又はMole fur)

Hackle: Jackdaw shoulder hackle

以下 戯言 ——————————-

昔の和式毛鉤の作法と共通点が意外に有るのが不思議ですし、昔の和式毛鉤釣りの毛鉤と似ています

その昔、播州毛鉤よりは日光毛鉤が優れているとされたその日光毛鉤が蓑毛の雌雉をわざわざの片羽根にして疎らに巻いた「オレンジパトリッジ」パターンだったり、沈める孔雀胴は青緑色より銅色に輝く方が良いとか・・・もしかすると「金胡麻」「銀胡麻」が紫絹糸に川鼠のダビングだったりしたら・・・

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください