アップアイフライフック・・・E,T,C

アップアイ・フライフック、特にパートリッジ社CS32等のロングシャンク・アップアイフックに興味が深まった方へ・・・

halford floating flies 1886. ・・・著作権が切れたとは言え憚られますので概略で

The Floating Fly and How to Dress it

鈎と針素の結び方

今なら4ⅹ強の太さの針素ですから結び目の大きさたるや・・・キャッツキルフライのアイ一個分開けるのも、その独特な結び目の為

スピナーパターンの日本での結び方は回転防止の一つの策であって本来は大きな結び目への対応策、細い針素の今なら水面のフライと針素の存在を隔てる効果

カラーチャート・・・

以下 眼福です

海外のテンカラフォーラム仲間から教えて頂きました、再度感謝申し上げます

これ以外にも原書が無料で閲覧できるようになったことはネット社会の素晴らしさです

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください