和式毛鉤の様式美?

「Tenkara fly 」とか「 Kebari Tying 」や 「Tenkara fly Tying」 等でネットを見ると10年前とは比べ物にならないくらいに数々の動画がアップされるようになったと実感します

日本の伝統毛鉤をモチーフにしたものから西洋毛鉤式までそれこそ盛り沢山、中にはこれが和式毛鉤?も有りますが日本のFF釣法隆盛期に発表されたフライもそれこそ似たようなものでしたから楽しく拝見させていただいております

自分も実釣専用、丈夫さが要、等と割り切りスレッドのみでしあげたパラシュートパターンは必需品の時代もありましたし人様の事は言えません

それでも頭の隅には、フライの様式美に抗えない気持ちも付き纏い、スタンダードハックルフライに回帰して、グラファイト竿ではラインスピードが云々と自分自身を納得させて、自主規制を掛けていた竹竿に手を出し始めて、フライも、使うハーディー竿に合わせて1950年代以前の物ばかりとなり、今に至るわけですが・・・(笑)

実釣一点張りの機能美とは別の意味合いで 、和式毛鉤の様式美とはどこら辺に有るのだろうと・・・相も変らぬ戯言ですけどね

同じマテリアルで同じ様に巻いて、自分自身が感じているフライと和式毛鉤の違いを、ギリギリの線まで詰めてみました

二重蓑毛式・・・フロントハックルはパートリッジ、セカンドハックルはブラウン、胴は日本雉

日本雉で巻いたフェザントテールでしょうか?テールが無いとそれだけで和式毛鉤風に成りますので、敢えてテールを付けてみました

使う鈎は和式毛鉤の定番、餌針用に蛇口を付けました・・・(笑)

洋式疑似餌(フライ)らしく仕上げたもの、使った鈎は彦兵衛針 秋田袖型9号 

秋田袖というよりは「都袖」に近いと感じる格好の良い鈎です

秋田袖でも都袖の優美さがと思っています(笑)

こちらは「和式毛鉤」として巻いてみました、使う鈎は彦兵衛針の山女魚鉤 7号

余り代わり映えしないかもしれません

並べて見ます

向きを変えて

自己解釈と自己満足の世界ですから判り辛いとは思います、自分自身の思い込みですから尚更です

釣りにも行けず ———————–

サクランボも収穫の時期を迎えました、朝採りですから5時開始、日中は田植え作業です・・・(笑)

先ずは「正光錦」から続いて「佐藤錦」、「紅秀峰」、「小手鞠」と続き最後は黄色のサクランボ「月山錦」

落合橋下の畑にイノシシの足跡

水害後に川向うの山から此方に逃げてきました

キッチリと蹄の跡が残ります・・・県に言っても、市に言っても対策は取られていません「猪が出ました」程度の注意勧告だけですからご注意ください

逃げてくれる熊よりも向かってくる猪の怖さは経験しないと判りませんしこの足跡なら結構な大型です

この時期、山には行っても釣りよりは山菜が主力です

手前の岩魚が泳ぐ渓よりも奥の竹藪が気になります

エラボ(ミヤマイラクサ)から山葵の花にアブラメ(コシアブラ)、遅れの旬のタラの芽やフキノトウと盛り沢山、今の主力は勿論、根曲竹のタケノコ・・・(笑)

Devon style stiff hackle wet flies.

Devon style stiff hackle wet flies.

デボンスタイルフライの公式(原則)・・・直訳其の儘です
1,ハックルから始めます。鮮やかな色のスペードまたは三角形のハックルを選びます。
2,その色に一致するダビングミックスを作成します。
3,シャンクの長さがハックルファイバーの長さまたはそれよりわずかに短いフックを使用します。
4,ハックルを2倍にします・・・(ウェットフライのスロート様にダブリングする)
5,「胸部」の曲がりくねった端の先端でハックルを結びます
6,ダビングを続けます。
7,ハックルを巻き付けるとき…襟のポイントに到達するまでスパイラルまたは「パーマー」を開始し、次にタッチラップを行います。・・・(タッチラップ、巻いたハックルをスレッドでカウンターラップ)
8,親指と人差し指を使って、包まれたハックルを「つまんで」分割し、上下だけに脚と翼を作ります。
9,ペンナイフまたは同様のツールを使用して、リボンのようにハックル先端を「カール」させます。
10,ダビングを選び、ハックル繊維に溶け込みます。

そのスティフハックルウェットフライの紹介元が・・・

「The Art of Trout Fishing on RapidStreams」1863年 H.C Cutcliffe著

The Art of Trout Fishing on RapidStreams

クライドスタイルがクラウド川で使われていた地域色溢れるフライパターンと同じく、デボン川で使われていたフライパターンらしい・・・”West Country” flies

デボン川が急流( RapidStreams )と表現されるのに些か疑問符では有るけれど日本の山岳渓流で使われた和式毛鉤にも相通じる要素を持った興味深いフライ

上記9,に書かれている様に、巻いたハックルをベンド側にカールさせるとの表記はそれこそ和式毛鉤、私なら親指の爪でカールさせてます(笑)

8,に書かれているようなハックルを上下で分割させる様式は面白い・・・フライワレットとかフライブックに残された当時のフライが有ったにせよ、そのフライが扁平となったのが敢えて形作られたのか、フライワレットで押しつぶされたのか今となっては判らないかもしれないけど・・・もし、上下でなく左右に振り分けたなら、スペントとかカディスを模した新たなパターンに成ったかも(笑)

4,のハックルを二倍?、ダブリングしなくても通常のハックリングで同様の状態のはず・・・それを敢えて二倍ハックリングと強調することの意図は?

紹介元が「The Art of Trout Fishing on RapidStreams」1863年であればデボン周辺だけでなく、当時の一般的なフライと釣り方の紹介ではなかったのかと考えてしまう・・・

この復刻版をだしたテンカラ愛好家の方とメールでやり取りをした事が有りますが日本にも来る程に真摯な研究心をお持ちで、日本の一般的なテンカラ愛好家よりも知識は豊富と感じました・・・けれど8~90年代主流のテンカラマスターからの知識ばかりで・・・

和式毛鉤の形態分類として「雄鶏毛鉤」「雌鶏毛鉤」としたことに疑問を呈したところ「日本の有名なテンカラマスターからそのように指導を受けている、無名の素人に言われる事はない」と・・・毛鉤の商品名としてなら理解のしようが有りますけど(笑)

続いて、普通毛鉤(敢えての分類名としてですけどね)をJUN-KEBARIとしたことにも疑問を投げかけました、「昔から順毛鉤は別のパターン名として日本に定着している、敢えて普通毛鉤を順毛鉤とすることは誤解を招く」、同じ返答が来ました 「テンカラマスターからそのように指導を受けている、無名の素人に言われる事では無い」 ・・・(笑)

それに対する返答として、説明図をイラストレーターで作りました・・・米国では日本定番の版下原稿「イラレ」が一般的なものでは無いと知り愕然としました、PDFとして送り直しましたが互いに修正できる元原稿でとの思いは届きませんでした

この図を喜んでくれた方も沢山いらっしゃいましたが「カエシが有る物を掲載するとはテンカラ釣りの精神にそぐわない」とこちらが思いもつかない反応に対しては「絶句」と言う思いを感じてしまいました(笑)

デボンスタイルフライから思わず大脱線の話になってしまいましたが復刻版の著作者名に思いがけない名前を見掛けてしまいましたので申し訳ありません

本題に戻しますと「 stiff hackle wet flies. 」は昔からの和式毛鉤とフライの総称ではないかと思いますし、もっと怖いのが日本に逆輸入された和式毛鉤とか伝承毛鉤とか各地の伝統毛鉤とかを含む、テンカラ釣りそのものが昔の常識とは懸け離れたものになってきているのではと・・・

山岳渓流で行われたテンカラの様にアップストリームに向けての釣り方でも無いし、例え10f半に3番ラインでテンカラ風な釣り方でと、後年の数寄者が再現したところでラインを水面に付けない標準的な山岳渓流テンカラとは釣り方が別物になってしまう・・・(笑)

・・・フランス、イタリヤ、一地域のアメリカのテンカラ愛好家とは理解し合える山岳渓流でのアップストリームの場合で、ラインを水面に漬けず出来れば毛鉤だけをポイントに置くと言う、山岳渓流テンカラ独特の釣り方は渓の様子が違う方には理解し辛いものがあります

渓が似れば釣り方もとは思いますがバルセジアーナ地方のアルプスの山々から流れ出る山岳渓流はそれこそ日本の山岳渓流と見まがうばかりですから、使うフライも釣り道具も何故かどこかで見た事が有る物ばかり・・・例え日本の釣雑誌が木製のロッドで行われているからテンカラ釣りとは別物と説明しても(バルセジアーナ地方の伝統釣法保存会では竹製で紹介してはいますけどね)

スティフハックル・・・スペードハックルや準じた先端が三角のコックハックルでも昔の鶏や軍鶏の蓑毛はメッツの様に水面に突き刺さる程、腰は強くありませんし、強いコックハックルでも先端をカールさせたならウェットフライとして、若しくはテンカラ毛鉤として面白いかと思いますけれど・・・本来の毛鉤もフライもこの様な物だったと思います

釣り方が違えば、その使う毛鉤とフライが似ていてもだから云々はちょっと方向付けが曖昧過ぎて・・・共通項としては針が有ってそこに鳥の羽根が巻き付けられている程度かもしれません

今様「和式毛鉤」を巻く (笑)

パラシュートパターン、それもクリンクハマータイプの素晴らしさはテンカラ釣りでも効果は遺憾なく発揮されますし、実際にその作者自らクリンクハマー・テンカラスペシャルを作られてもいますけど、 折角のテンカラなり毛鉤釣りならそのまま西洋疑似餌の「Flies」を使うのに躊躇される方向けではあります・・・

万能型としては「二重巻き蓑毛毛鉤」・・・

何回も出てきますが、それだけ実釣用として効果を感じています

・・・色違いも(黒コックネックにジャックドゥの組み合わせ)

その様式で水面を意識した「乾毛鉤」式

・・・前に紹介したフライで言うハーフストーンタイプの和式毛鉤

これを更に水面直下に意識を向けると秋山郷毛鉤式・・・

完全に水中を意識すると「伏せ蓑型毛鉤」も有ります

・・・孔雀胴だけでなくゼンマイ胴パターン

・・・お薦めの「日本雉胴」パターン(水の中で妖しく光ります)

和式毛鉤からの目線で今のテンカラ毛鉤を見たとしたら、本来なら違う装いを纏えていた筈と感じているかもしれません・・・(笑)

和式毛鉤の源が「京毛鉤」に有り、そこから加賀、播州、高知等に伝わり「鮎毛鉤」や「ハス毛鉤」になったのなら「テンカラ毛鉤」の源は別物でしょうか? 何故かバタ臭い「日光毛鉤」の源は?とか、日本で「テンカラ」と呼ばれ出した頃に販売され、テンカラ毛鉤とされた「魚心毛鉤」は?、となれば今様和式毛鉤や今のテンカラ毛鉤の姿は自ずと決まっているのではと思うのですけど・・・

それは「幻」とされたり、本来の意味合いが伴わない表面的な形ばかりを似せた「伝承毛鉤」とか「伝統毛鉤」とは別物かもしれません・・・

秋山郷毛鉤の使い手からの話・・・

岩魚は餌を咥えて巣穴に戻る時、口をモグモグさせて食えるか食えないかの判断をするからこの形の毛鉤になった

・・・真意は魚に聞いてみないと判りませんが歯触りの良さを毛鉤に求めた話は初めてでした(笑)

山繭胴毛鉤の使い手からの話・・・

山繭は蚕の繭の様に煮て解してはダメだ、折角の蟲の臭いが消えてしまう

・・・染色された絹糸にそのままの山繭をダビングしたのはその言われた言葉を守るため、空いた山繭を使うのは、無事に羽化出来た吉兆印だから云々は「ゲン担ぎ」とは思っていますけど、臭いまでとは(笑)

テンカラ釣りは「一流一派」とか「十人十色」とかと言われますが商業ベースが使う「逃げ口上」としてでは無く、使う道具は同じに見えても毛鉤釣りに対する理解とその深さの違いではと、大阿闍梨を探し求めて未だに教えを乞う立場だからこそ感じてもいます

今まで、信じてきたことが信じ込んでいただけの話だったり、断片的に聞いてきたことがジグソーパズルの最後の一片の様に、ある日突然に繋がって長年の謎が解けたりと「夜討ち朝駆け釣三昧」の時期とは違う楽しみが今は有ります

道具としての毛鉤に自身の思いを込めるとか、毛鉤からの目線で 見るなんて、端的に言えば「私は毛鉤」・・・それこそ、気狂いの世界ですけど(笑)

西洋疑似餌「Flies」の世界でも忌み嫌われている事が一つ、昔から有るパターンを マテリアルだったり色違い程度のアレンジでオリジナルと言い出す輩がいる事 、その逃げ口上を「幻」で誤魔化すなら、地域に根付いた毛鉤に「幻」は無い

当初は理解を深める為にFF釣法とテンカラ釣りの類似点を求め、今はその違いをKebari and Fly で味わうのも愉しい、ただ不思議な事は1960年代以前、まだテンカラ釣りと呼ばれる前の古い和式毛鉤の方が古い英国パターンにも通じる、毛鉤に対する理解は今のフライよりもフライらしい

そんな和式毛鉤も知らずフライをそのまま・・・、中にはウーリーマラブーを付けただけで革新とかニューテンカラ誕生と囃し立てるのが現状・・・(笑)

本来の「烏毛鉤」・・・ウェブまで巻き止める

小型の烏(ジャックドゥ)仕様

越前の山奥から来た、身軽で「猿」と呼ばれた釣上手が使っていたとか・・・「猿の毛鉤」

ウェブまで巻き止める毛鉤は「白山毛鉤」だけでなく各地に在ったらしいことは古い釣りエッセイ等でも取り上げられている

古い山女魚毛鉤の中から「石楠花型毛鉤」・・・

以前にも紹介させて頂いた様に「和式毛鉤」にも膨大な種類が有る、そこに地域に根差した「和式毛鉤」を加えたらとか、元々の「京毛鉤」を加えたらとか、ミッジフライさながらの「極小毛鉤」やサモンフライの様な大型の「ゲタハス用毛鉤」を加えたらとまで考え出すとテンカラマスターと自称する方々の「テンカラ毛鉤」なんぞ個人の好み程度、それをこのテンカラ毛鉤が云々し出すから誤解する人も多い・・・(笑)

30年程前からの自分の定番毛鉤・・・

和式毛鉤にタグは無いとかリブは無いとか云々等されたパターン

テンカラ純粋主義者から猛反発を頂きました(笑)

もっと昔からのパターンで通称「キヨシ毛鉤」

当時はハス毛鉤「歌姫」からの派生形と知らず、釣雑誌としても通称そのままで、「キヨシ毛鉤」とした物

毛鉤釣りとかテンカラ釣りとかと未だ定まらずに喧々囂々の時代の代物、昔から毛鉤釣りに興味が有った方ならご存知のパターンでは有りましたが、10年程前に紹介した途端、即座にテンカラ毛鉤では無いと否定された毛鉤パターンでした・・・ボトムズエレガンスとか赤玉ポートワインとかの前(これらも元はハス毛鉤ですけどね)

確かに元々はハス毛鉤の「歌姫」ですけれど当時の釣雑誌はハス毛鉤そのものを知らず、単に釣れるパターンとして紹介されておりました・・・使っていた方が有名人だからこそ、でしょうけれど(笑)

確かな事は今の自称「テンカラマスター」の方々が世に出る前のパターンではあります・・・(笑)

毛鉤のじょんのび(笑)

上越から下越周辺で言われる「じょんのび」、ここら辺では「田休め」と言われますが田休めよりもじょんのびの言葉自体に癒されます・・・これから年間イベントでも重要な田植えシーズンも始まりますし(笑)

巻き貯めた蚊針やら毛鉤を整理しながら・・・

拙ブログで紹介させて頂いた毛鉤だけでも・・・まだ有りますけど(笑)

一般的な普通毛鉤・・・

雉蓑毛等のソフトハックル・・・

逆さ毛鉤式・・・

変わり種・・・

羽根附き毛鉤・・・

ゴロッチョ毛鉤式・・・

黒部毛鉤式・・・

飛騨式毛鉤やら白山式毛鉤・・・

段巻き毛鉤・・・

石楠花型毛鉤・・・

剣羽根毛鉤・・・

蚊針式から京毛鉤型・・・

秋山郷式毛鉤・・・

ハス毛鉤式・・・

一つ一つ挙げ出したら切りが有りませんので・・・(笑)

自身が巡る渓流域に合わせて全体的には大型です

渓でお会いできる方とのお茶飲み話の種でしたけどこの状況下ではそれもままなりませんし、使う機会も無いのも淋しいものですから真摯に生きているからこそ悩む、若い年代の方に勝手に送りつけました

どうぞご笑納いただいて、中部山岳地域一帯で使われた 和式毛鉤の様々なタイプをお楽しみください

私にとっては毛鉤巻きが「じょんのび」です・・・(笑)

Brown Owl

Brown Owl・・・classic soft-hackled north country spider

レシピはヘッドにピーッコックハール、ボディ素材はビンテージ品のくすんだオレンジ色のシルク、ハックルはブラウンオウルのコパート 鉤は#14が指定

・・・ ブラウンオウルのコパート、翼の覆い羽根が有りませんが 諦めの悪い性質ですから有る物で・・・(笑)

使う鉤は悩みました

ソフトハックルウェットフライですからね

ヘレンさんが選んだL2A #14で・・・

L2AでもL3Aでも余り形は違いませんが(笑)

サブマテリアルで推奨されるリープスフェザントヘンやアムファーストヘンのお尻の羽根

色は似ていても質感は硬いのでもう一つのウォーターヘンのお尻の茶色の羽根

こちらは質感は似ていても色目が単調ですから(笑)

仕方が無いので・・・

ブラウンオウルのコパートならぬウィングフェザー

繊細なマラブーフェザーの様な部分を使いました

使い方は・・・

無理を承知のフォルスハックル仕上

ボディを仕上げて

だから釣れる訳でも無いのに・・・(笑)

身近であっても使えない雀のウィングから、何故か日本では流通されるヒーロンとか グレーゾーンのアウルとか ・・・ トラウトフライでも使える素材が揃わないのは 高価なサモンフライ用天然物だけでなくなったのは辛い所

ブラウンオウルの代替えにリープスフェザントとかホワイティング社のチッカブーとか、インディアンヘンハックル、それもサドルがとか挙げられるけれど色は似せられてもどれもがオウルの柔らかさとは違い過ぎる

同じ事がアイアンブルーダンに使われるジャックドゥのスロートフェザーにも感じる・・・柔らかさだけではなく金属質的なブルーに輝く

色と質感を合わせたサブマテリアルでも、写真では判らない面が往々にして在るのは伝統的な英国パターンに使われるイングリッシュ・ゲームコックのハックルと同じ

僥倖に巡り合うか諦めるかは・・・(笑)

持ってはいても使えない

今は「天然記念物」でも、昔は山支度の標準品で在ったカモシカの毛皮で作られた尻皮

水を弾き、軽量で在りながら酷使に耐える丈夫さを持つ・・・ヘヤーウィングカディスには最適のマテリアルでは有ります

T.E.Pritt – Yorkshire Trout Flies 1885

Pritt – Yorkshire Trout Flies 1885

初版本・・・一般的な改訂版との違いが興味深いです

以前、紹介したノースカントリースパイダーの出典元

空いてるホイットレーフライボックスに全種類巻き貯めてみようかと・・・農繫期に見る夢物語(笑)

問題はレッドグラウスとフクロウのウィングカバーが無い事・・・

以下 戯言 —————————

あちらから此方迄、一辺100mの畝作り・・・忘れ物をすると大変です(笑)

トラクターで起して、肥料散布に畝作り、マルチを敷いて、植え穴を開けて、加工用トマトの苗を植える準備中です

量と長さに飲み込まれそうですがそれでも、一歩・・・

本当なら山や渓に飲み込まれたい・・・(笑)

蓑毛二重巻き毛鉤

蓑毛二重巻き毛鉤

拙ブログに度々、登場している「毛鉤」ですが普通毛鉤として、沈めても浮かべても使い易いと思います

フロントハックルには各種ソフトハックルを使い、セカンドハックルには各色のコックハックルを使っています

アイの無い餌針に各種の糸でアイを作ります

アンダーボディを巻き止めます(ここではUVティンセルを使っています)

野生の蚕繭を使います・・・山繭

スレッドにダビングして・・・

パートリッジのブラウンフェザーを巻き止めて・・・

ヘッド側に折り返します・・・

二重のハックルですからどうしてもヘッドが大きく成り易い為に・・・(オーバーサイズのハックルの長さも調整できます)

フロントハックルを折り返した所にセカンドハックルのコックネックを巻き止めて・・・

3回転程・・・

セカンドハックルはこの程度です・・・

ヘッド側に戻したスレッドでフロントハックルを抑えます・・・

古い「英国・フライパターン」にも使われています

色々なボディ素材と各種ハックルの組み合わせをお楽しみください・・・(笑)

The Tenkara Kebari – Similarity

前出済の羽根バタキ毛鉤・・・OSTRICH-KEBARI

鶏の羽根で作られた一般的な物ではなくダチョウの羽根で作られた「毛羽たき」から作られた毛鉤

旧い英国パターンでも有りますが和式毛鉤でも作られていました

古くは荷札に付けられた細い金線で補強しておりました

もっと単純な毛鉤も有りました

孔雀胴に擦れた岩魚には効果的なパターンでしたがこんな毛鉤も有りました

ダチョウをオストリッチと聞く前の時代ですから40年以上前です

今ともなればオストリッチ・ハールを使ったフライも毛鉤も忘れられていますけど釣人が考える事は何処も同じでしょうか(笑)

もっと凄い毛鉤?も有りましたから・・・(笑)

The Tenkara Kebari – Reconstruction

昔からテンカラ毛鉤は古今東西、全てを引き入れた低下凡夫の毛鉤

ならば・・・(笑)

「テリコ」式毛鉤

忘れられた米式ニンフパターンに続いて

度々、登場する「ティーニー・ニンフ」式毛鉤

「ティーニー・ニンフ」をもう少し和式毛鉤に近づけて
朱玉や黒玉でチモト部分の補強

「ハッチングザペネル」式毛鉤・・・本来の烏毛鉤に似てもいますが(笑)

其の他、諸々・・・

ゴロッチョ毛鉤風フライからブラックナット式毛鉤とか

本来の「テンカラ毛鉤」はその渓と使い手に合わせたもの

以下 戯言 —————————

山間地の毛鉤釣りはもの好きがするもので職漁師が云々では無いと・・・

渓への道を蜘蛛の巣が張る様になり生餌では釣り辛くなった時期に行うもの、それが本来の季節に合わせた渓魚の釣り方

「現代テンカラ」と呼ばれ一般化した後の、80~90年代に現われた「スポーツテンカラ」とも自称した方々が作られた毛鉤釣りの概念自体が?そこで述べられた「毛鉤」に対する理解は・・・和式毛鉤にはテール付き、リブ巻き、ドライフライ式、羽根附き、蓑毛の段巻き、古式そのものの順毛鉤等々は全て無いと述べられている

全国から比べたら狭い、この周辺だけでも現代テンカラと呼ばれる前から、使い手とその渓に合わせて巻かれた毛鉤は テール付き、リブ巻き、ドライフライ式、羽根附き、蓑毛の段巻き、古式そのものの順毛鉤等々 、全てが有るし使われても来ている

使う使わないは個人の判断でも「あの地域の誰それはこんな毛鉤を使っている」程度の話題は釣人同志の茶飲み話

「孤高の釣人」と良く言われ、本にも登場する北アルプスを跋扈した職漁師同士でも相手の使う毛鉤は、承知もしていた・・・(笑)

それ以前、江戸幕府成立以前にも海外から釣針、羽根、獣毛等を輸入し活用していたと文献にも数量まで残されてもいるし、その後の鎖国下でも窓口で在ったポルトガルやオランダ、中国等から輸入もされている史実が残る

もしかするとその 80~90年代に現われた 和式毛鉤に対する理解そのものが誤った認識ではなかったのかとか、その作られた概念は個人的な理解力で終わっていたのかもと・・・(笑)