今様「和式毛鉤」を巻く (笑)

パラシュートパターン、それもクリンクハマータイプの素晴らしさはテンカラ釣りでも効果は遺憾なく発揮されますし、実際にその作者自らクリンクハマー・テンカラスペシャルを作られてもいますけど、 折角のテンカラなり毛鉤釣りならそのまま西洋疑似餌の「Flies」を使うのに躊躇される方向けではあります・・・

万能型としては「二重巻き蓑毛毛鉤」・・・

何回も出てきますが、それだけ実釣用として効果を感じています

・・・色違いも(黒コックネックにジャックドゥの組み合わせ)

その様式で水面を意識した「乾毛鉤」式

・・・前に紹介したフライで言うハーフストーンタイプの和式毛鉤

これを更に水面直下に意識を向けると秋山郷毛鉤式・・・

完全に水中を意識すると「伏せ蓑型毛鉤」も有ります

・・・孔雀胴だけでなくゼンマイ胴パターン

・・・お薦めの「日本雉胴」パターン(水の中で妖しく光ります)

和式毛鉤からの目線で今のテンカラ毛鉤を見たとしたら、本来なら違う装いを纏えていた筈と感じているかもしれません・・・(笑)

和式毛鉤の源が「京毛鉤」に有り、そこから加賀、播州、高知等に伝わり「鮎毛鉤」や「ハス毛鉤」になったのなら「テンカラ毛鉤」の源は別物でしょうか? 何故かバタ臭い「日光毛鉤」の源は?とか、日本で「テンカラ」と呼ばれ出した頃に販売され、テンカラ毛鉤とされた「魚心毛鉤」は?、となれば今様和式毛鉤や今のテンカラ毛鉤の姿は自ずと決まっているのではと思うのですけど・・・

それは「幻」とされたり、本来の意味合いが伴わない表面的な形ばかりを似せた「伝承毛鉤」とか「伝統毛鉤」とは別物かもしれません・・・

秋山郷毛鉤の使い手からの話・・・

岩魚は餌を咥えて巣穴に戻る時、口をモグモグさせて食えるか食えないかの判断をするからこの形の毛鉤になった

・・・真意は魚に聞いてみないと判りませんが歯触りの良さを毛鉤に求めた話は初めてでした(笑)

山繭胴毛鉤の使い手からの話・・・

山繭は蚕の繭の様に煮て解してはダメだ、折角の蟲の臭いが消えてしまう

・・・染色された絹糸にそのままの山繭をダビングしたのはその言われた言葉を守るため、空いた山繭を使うのは、無事に羽化出来た吉兆印だから云々は「ゲン担ぎ」とは思っていますけど、臭いまでとは(笑)

テンカラ釣りは「一流一派」とか「十人十色」とかと言われますが商業ベースが使う「逃げ口上」としてでは無く、使う道具は同じに見えても毛鉤釣りに対する理解とその深さの違いではと、大阿闍梨を探し求めて未だに教えを乞う立場だからこそ感じてもいます

今まで、信じてきたことが信じ込んでいただけの話だったり、断片的に聞いてきたことがジグソーパズルの最後の一片の様に、ある日突然に繋がって長年の謎が解けたりと「夜討ち朝駆け釣三昧」の時期とは違う楽しみが今は有ります

道具としての毛鉤に自身の思いを込めるとか、毛鉤からの目線で 見るなんて、端的に言えば「私は毛鉤」・・・それこそ、気狂いの世界ですけど(笑)

西洋疑似餌「Flies」の世界でも忌み嫌われている事が一つ、昔から有るパターンを マテリアルだったり色違い程度のアレンジでオリジナルと言い出す輩がいる事 、その逃げ口上を「幻」で誤魔化すなら、地域に根付いた毛鉤に「幻」は無い

当初は理解を深める為にFF釣法とテンカラ釣りの類似点を求め、今はその違いをKebari and Fly で味わうのも愉しい、ただ不思議な事は1960年代以前、まだテンカラ釣りと呼ばれる前の古い和式毛鉤の方が古い英国パターンにも通じる、毛鉤に対する理解は今のフライよりもフライらしい

そんな和式毛鉤も知らずフライをそのまま・・・、中にはウーリーマラブーを付けただけで革新とかニューテンカラ誕生と囃し立てるのが現状・・・(笑)

本来の「烏毛鉤」・・・ウェブまで巻き止める

小型の烏(ジャックドゥ)仕様

越前の山奥から来た、身軽で「猿」と呼ばれた釣上手が使っていたとか・・・「猿の毛鉤」

ウェブまで巻き止める毛鉤は「白山毛鉤」だけでなく各地に在ったらしいことは古い釣りエッセイ等でも取り上げられている

古い山女魚毛鉤の中から「石楠花型毛鉤」・・・

以前にも紹介させて頂いた様に「和式毛鉤」にも膨大な種類が有る、そこに地域に根差した「和式毛鉤」を加えたらとか、元々の「京毛鉤」を加えたらとか、ミッジフライさながらの「極小毛鉤」やサモンフライの様な大型の「ゲタハス用毛鉤」を加えたらとまで考え出すとテンカラマスターと自称する方々の「テンカラ毛鉤」なんぞ個人の好み程度、それをこのテンカラ毛鉤が云々し出すから誤解する人も多い・・・(笑)

30年程前からの自分の定番毛鉤・・・

和式毛鉤にタグは無いとかリブは無いとか云々等されたパターン

テンカラ純粋主義者から猛反発を頂きました(笑)

もっと昔からのパターンで通称「キヨシ毛鉤」

当時はハス毛鉤「歌姫」からの派生形と知らず、釣雑誌としても通称そのままで、「キヨシ毛鉤」とした物

毛鉤釣りとかテンカラ釣りとかと未だ定まらずに喧々囂々の時代の代物、昔から毛鉤釣りに興味が有った方ならご存知のパターンでは有りましたが、10年程前に紹介した途端、即座にテンカラ毛鉤では無いと否定された毛鉤パターンでした・・・ボトムズエレガンスとか赤玉ポートワインとかの前(これらも元はハス毛鉤ですけどね)

確かに元々はハス毛鉤の「歌姫」ですけれど当時の釣雑誌はハス毛鉤そのものを知らず、単に釣れるパターンとして紹介されておりました・・・使っていた方が有名人だからこそ、でしょうけれど(笑)

確かな事は今の自称「テンカラマスター」の方々が世に出る前のパターンではあります・・・(笑)

今様「和式毛鉤」を巻く (笑)” への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    とても興味深く拝読させていただきました。
    釣り方にルールを設け、毛鉤も一つ一つ様式化することで楽しみの質を追求したフライフィッシングに対して、テンカラ釣りは十人十色といったり毛鉤は何でも良いとのだといったり、どことなく自信なさげに見えてしまいます。
    そこが文化の違いなのだと言われればそれまでですが、日本のテンカラ釣りはアメリカにはどのように伝わっているのですかねぇ。
    アメリカの人が日本に対して持つイメージが色濃く出ているんですかねぇ。
    浅草の仲見世通りのお土産屋さんのような(笑)
    五十年後、日本のフライフィッシングやアメリカのテンカラ釣りがどうなっているのか、草葉の陰から見てみたいものです。

    いいね

    1. yugawaski 様 コメントありがとうございます
      釣り自体、道楽者がすることで毛鉤釣りともなれば日本でもお公家様が嗜む贅沢な遊猟か飛び切りの物好きの穀潰し、職漁師と呼ばれる方々が活躍できたのも戦後の高度成長期で各地の観光業が盛んになりだしたほんの一瞬、冷蔵施設が整備されたり、岩魚・山女魚の養殖事業が確立するまでの間です
      養殖事業は明治時代から様々な鱒類で確かめられ虹鱒から川鱒、次の段階として岩魚・山女魚が確立されたのは近年になってしまいます。長野のブラウンは当初フランスからもたらされたとか聞いておりますがそんな無理が出来たのも宮内庁管轄であったからではとその後、施設管理が当時、設立し出した地方の帝国大学に移管され上高地の養殖施設も(現)信州大学の野外研究施設として残されて来ておりましたが今は活用されているのか不明です(笑)
      「右田の逆さ毛鉤」も一般的に楽しまれていた毛鉤釣りの中で異色だったから注目を集めただけで当初は異端扱いされていた毛鉤でも有りました、逆さ毛鉤が復活したのも富士流逆さ毛鉤が商品化され一般化したからこそかと思います
      今の若い30~40代のテンカラ愛好家の方に聞くと今のテンカラマスターは小学校時代から今と同じくテンカラマスターだったからそれしか知らない・・・(笑)
      アメリカも同じく日本の8~90年代に説明されるテンカラが主流でそれ以前の情報は今も有りませんから日本の現状と変わりません
      和式毛鉤は遊猟の毛鉤から始まった等と言ってもテンカラは職漁師の釣り方であり毛鉤もそれなりの素朴な物であるとの意見、それこそナントカ飴と同じく信じ込んでいますから断面は皆、同じ顔
      熱心に日本に来られて調べた方もいらっしゃいますがテンカラはマタギが各地にもたらしたものである、とかと・・・(笑)、その当時の第一人者の説明を米国の方から聞くとはと、辟易しておりました
      日本で、FF釣法が注目された頃と米国でテンカラが注目されたのと時代と立場は違いますが同じ事を経験すると言う貴重なデジャヴの世界を見させていただきました
      今はそれ以前の情報も増えましたので(8~90年代の呪縛から解き放されて)各地の自然環境と対象魚に合わせて様々な試みが行われ鱒類だけでなく自由に愉しまれているようです
      八ヶ国程、テンカラフォーラム仲間に中部山岳地方の毛鉤を送りましたが写真と現物では大違いと驚かれ、最後はキャッツキルフライフィッシング博物館のジャパンブースや講演会での協賛品として配布しても頂きました、これもひとえに皆様のご協力があってこその出来事でした・・・三拝九拝
      テンカラが米国に紹介されて十数年が経てば情報量も増えるだろうからと思っていたら、却って8~90年代の呪縛は逆輸入されて日本に・・・笑えません
      で、先先回の記事の様に日本の若い方向けに・・・、早速、その毛鉤で釣った山女魚の写真がSNSで瞬時に届くと言う(笑)
      様々な面で貴重な時代を過ごしているものだと感じています、長文失礼いたしました。

      いいね

      1. 職漁師…テンカラ釣りに関する文章に必ずと言ってよいほど登場しますね。
        いかにも遠い昔から全国各地に存在していたように…
        考えてみれば、ヤマメやイワナを釣って生計を立てることができた「職漁師」って、どれだけいたものなんですかねぇ。
        釣っても枯渇しない程度に川に魚がいることは大前提として、ある程度の規模の温泉宿など、釣った魚をコンスタントに買い支えられることも必要…
        小僧の頃に行った奥利根には、もうそんな人はいなかったのですが、そもそもそういう職漁師を支える条件なんて最初からなかったのではないか…
        仰るように、ヤマメやイワナの養殖が可能になれば淘汰されてしまいますから、職漁師が存在していたとしても、時間的にも空間的にも物凄く限られていたのでしょぅね。

        いいね

      2. yugawaski 様 コメントありがとうございます
        近い物を実体験した事が有ります、初期のスキーブーム絶頂期、バスツアーが華やかな頃ですが民宿が各地に乱立し、土産物屋さんのレジの裏では段ボールに詰めたお札が溢れ出ない様に足で踏んづけながら店一杯のお客さんを対応していました(笑)
        高度成長期のレジャーブームは今と違うそれこそお互いが命懸け
        押し寄せる釣り客の為に部屋貸しが民宿となり、お客さんをもてなす為に皿付けで生魚、尾頭付きの岩魚・山女魚は喜ばれました
        そんな、今となっては一瞬の出来事かもしれないそんな時期が職漁師の活躍できた時期だったかもしれません
        それ以前にもウラジロとかホトで焼き枯らした一連の渓魚は滋養強壮剤とか病人、産後のご婦人用の薬代わり、美味いものではありませんし一般的にはそれ程流通するものでは・・・(笑)
        脱線話ですけれど上越で採れたいい海魚は長野の市場にまず送られておりましたので妙高辺りの老舗旅館や高級ホテルはつい最近まで長野まで仕入れに来ておりました、冷蔵施設がその当時、長野市場にしかなかったので、その流れが続いていると聞いております、それだけ冷蔵施設が貴重だった時代が有ったからこそと思います
        同じ事が今のリンゴ流通にも有ります、長野も林檎の主要産地ですが他地区に比べれば早採りですから冷蔵施設が整備されておりませんので全国的なリンゴの流通は冷蔵施設が完備されている青森の独壇場です(笑)

        いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください