和式毛鉤の様式美?

「Tenkara fly 」とか「 Kebari Tying 」や 「Tenkara fly Tying」 等でネットを見ると10年前とは比べ物にならないくらいに数々の動画がアップされるようになったと実感します

日本の伝統毛鉤をモチーフにしたものから西洋毛鉤式までそれこそ盛り沢山、中にはこれが和式毛鉤?も有りますが日本のFF釣法隆盛期に発表されたフライもそれこそ似たようなものでしたから楽しく拝見させていただいております

自分も実釣専用、丈夫さが要、等と割り切りスレッドのみでしあげたパラシュートパターンは必需品の時代もありましたし人様の事は言えません

それでも頭の隅には、フライの様式美に抗えない気持ちも付き纏い、スタンダードハックルフライに回帰して、グラファイト竿ではラインスピードが云々と自分自身を納得させて、自主規制を掛けていた竹竿に手を出し始めて、フライも、使うハーディー竿に合わせて1950年代以前の物ばかりとなり、今に至るわけですが・・・(笑)

実釣一点張りの機能美とは別の意味合いで 、和式毛鉤の様式美とはどこら辺に有るのだろうと・・・相も変らぬ戯言ですけどね

同じマテリアルで同じ様に巻いて、自分自身が感じているフライと和式毛鉤の違いを、ギリギリの線まで詰めてみました

二重蓑毛式・・・フロントハックルはパートリッジ、セカンドハックルはブラウン、胴は日本雉

日本雉で巻いたフェザントテールでしょうか?テールが無いとそれだけで和式毛鉤風に成りますので、敢えてテールを付けてみました

使う鈎は和式毛鉤の定番、餌針用に蛇口を付けました・・・(笑)

洋式疑似餌(フライ)らしく仕上げたもの、使った鈎は彦兵衛針 秋田袖型9号 

秋田袖というよりは「都袖」に近いと感じる格好の良い鈎です

秋田袖でも都袖の優美さがと思っています(笑)

こちらは「和式毛鉤」として巻いてみました、使う鈎は彦兵衛針の山女魚鉤 7号

余り代わり映えしないかもしれません

並べて見ます

向きを変えて

自己解釈と自己満足の世界ですから判り辛いとは思います、自分自身の思い込みですから尚更です

釣りにも行けず ———————–

サクランボも収穫の時期を迎えました、朝採りですから5時開始、日中は田植え作業です・・・(笑)

先ずは「正光錦」から続いて「佐藤錦」、「紅秀峰」、「小手鞠」と続き最後は黄色のサクランボ「月山錦」

落合橋下の畑にイノシシの足跡

水害後に川向うの山から此方に逃げてきました

キッチリと蹄の跡が残ります・・・県に言っても、市に言っても対策は取られていません「猪が出ました」程度の注意勧告だけですからご注意ください

逃げてくれる熊よりも向かってくる猪の怖さは経験しないと判りませんしこの足跡なら結構な大型です

この時期、山には行っても釣りよりは山菜が主力です

手前の岩魚が泳ぐ渓よりも奥の竹藪が気になります

エラボ(ミヤマイラクサ)から山葵の花にアブラメ(コシアブラ)、遅れの旬のタラの芽やフキノトウと盛り沢山、今の主力は勿論、根曲竹のタケノコ・・・(笑)

和式毛鉤の様式美?” への7件のフィードバック

  1. 私も秋田の青焼き持っていますが、カッコイイ針です。さびが出てきているのが難点ですが。パートリッジのハックルとの組み合わせでもいい感じになっていると思いますが彦兵衛の方が私には自然に見えます。魚釣ってナンボの毛ばりですので使ってみないとわかりませんが。イノシシは農協に相談した方がいいですよ。家の近所は去年やられまくって箱わな仕掛けています。うちも山芋サツマイモほとんど収穫前にやられました。爆弾が落ちた後のようにほじくりかえされました。田植えの時期になるといで堀など用水路の掃除を含めた村の行事や会合が多くなり大変です。それでも合間見ては釣りに行かなくては。次はどこの沢や谷川に行こうかと悩んでいる今日この頃です。

    いいね

    1. おじゃまる様 コメントありがとうございます
      秋田袖は格好の良い鉤だと思います、長軸なので魚の口から鈎を外すにも楽ですし刺さりも良いので・・・小型だと飲み込まれやすいのが難点でしょうか
      ヒネリとネムリ入りで手が込んでもいます(笑)
      イノシシは今まで居なかったのですが水害後、却って生息地を広げた様で今後が心配です、農協指導は電気柵等ですが正直、やられるところは何をしてもやられてしまうようですから
      忙しい時期ですけどスキを見て、根曲り採りついでに竿を・・・(笑)

      いいね

      1. 針は変えるとフッキングの率が下がったり例のアイのバリ事件のように不具合が出る場合があります。安心してあまりいっぺんにたくさん新針で巻いて釣りに行くと失敗作の時にマテリアルまでパーになってしまいます。貴重なマテリアルを使ってしまっていると、さらにがっかり感が倍増します。(私の経験より(笑))備前さんもブログで針替え実釣テストをされておられる文を書いておられましたが少数を巻いてみてやるのが一番いいです。私も今年はTMC 112TR テスタロッサと呼んでおりますがこちらを使ってみています。ショートポイント ワイドゲイプで口の小さいアマゴでも現在のところバッチグーです。この間釣りに行ってきたのですがこまいのばっかりでした。ダメだった場合廃盤の針ですと購入するのに高くつきますが、どうしてもと言う場合は買ってしまいます。(笑)農家個人で電気柵ともなると高くつきますので、作るのやめた方がいいやと なってしまわないようにしなければいけません。家の近所まわりは区長さんがまとめて話にいってくれたのでよかったのですが、やられだしたらあっという間にやられます。

        いいね

      2. ユーチューブの動画で秋田のクマ事件スーパーKの動画があります。
        人食い熊 スーパーKとは?
        タケノコ採りは注意して行いましょう。   

        いいね

      3. おじゃまる様 ご心配、ありがとうございます
        偶々、彦兵衛針の秋田袖ですがこの時代の秋田袖は鬼印、オーナー社等、メーカーは違えどほぼ同じ形です、一般的に掛かり優先で小物用とされる鈎型ですがこの頃は、鈎軸も太く延ばされにくい設計となっています
        バーブ付きがまだ許される仏、スペイン、イタリヤ、スウェーデン等の釣り仲間にも秋田袖の毛鉤を送ってあり、向うでも高評価でした
        鈎型の違いで掛かりの悪い又は相性が悪い?某メーカーのフライフックに当たった事が有ります、新製品で出て一年もしないうちに廃盤商品となったものでしたが確かに鈎型は格好の良さだけでは・・・(笑)
        タケノコ採りは充分に注意して(注意してもダメな時は仕方がないですけど)行っています、一人で行くことはしなくなりました

        いいね

  2. 秋田袖と言えば、私にとってはシロギスの投げ釣りの針ですねぇ。
    秋田袖の他に流線形とかいうのもありましたが、小僧の身では針自体の美しさなんて考えたこともありませんでした。
    改めて見ると、都袖というのですか、バートリートにも通ずるような優美さがありますね。
    こちらは「まん防」が解除されず、相変わらず県境をまたいでの釣りは憚られます。

    いいね

    1. yugawaski様 コメントありがとうございます
      ハイ、私も鉤の美しさはフライを巻き出したからこそかもしれませんので・・・
      昔の秋田袖はヒネリにネムリ入りでフトコロが優美な曲線、堪りません(笑)
      こちらは季節が良くても、良いから尚更、農繫期(笑)上手くいきません
      そろそろ、人の居ない山奥が恋しくなってきました

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください