梅雨が明けたら・・・

作物には慈雨とも言える本来の梅雨ではありますが局所的で短時間の集中豪雨ともなりますと冠水やら土砂崩落やらとだいぶ今迄の梅雨とは思えない昨今ではあります

山岳渓流でも場所によっては蜉蝣が・・・

ハス毛鉤式「蜉蝣」

蚊針式「朱鷺菜種針」

蚊針の最初期にもピンク胴が有りました・・・

梅雨が明けたら初夏到来・・・付き物の渇水、土用隠れとも呼ばれる釣り辛いシーズン到来、悩ましい時期(笑)

こんな時こそ羽蟻のパターン・・・それも各種で反応を味わいます

フライならテール付きブラックパラシュート、擦れたらクリンクハマースペシャルの#16

・・・敢えてパラシュートハックルとボディをスレッド2巻き程空けてとか

テンカラなら定番の小型黒毛鉤を大岩の脇を流れに合わせて・・・とか

それともドン深のプールのど真ん中に#10~12程度のフライなり毛鉤を浮かべてじっくりと待つとか

釣り上げた魚とその場の情景を思い出してしまいます・・・(笑)

小型毛鉤となりますと伴う鈎軸の細さが弱点でしたが今回は和針5番サイズでも強度的には充分のヤマメ丹吉針が有りますから大型の岩魚でも安心です・・・大所川で実釣確認済み

黒絹糸胴に黒毛だけでも良いのでしょうけど、お化粧?それとも補強用?撚ったファインワイヤーでリブ巻き(毛鉤ですから「ネジ巻き」ですけど)・・・フライサイズなら#16~17程度(蚊針サイズ)

前出済の「血丸」パターンも捨てがたいです(ハードシェルアントパターン其の物)

早い流れが目くらましの時期から、渇水と釣圧で鍛えられた渓魚の選択眼を如何にして騙すかの愉しい時期到来

季節の移り変わりを毛鉤で味わうのも一興


華は布団の中で飛んでいます・・・(笑)

アイリッシュセッター ハンティングブーツ

アイリッシュセッター ・ブーツとなればトラクションソール、別名クレープ・ソールの6インチワークブーツが有名ですけど・・・

泥土での詰り防止のボブ・ソールが好みです

豪雨警報に土砂崩落警報が相次いで出されるこの時期は秋冬に使った道具の清掃やらリペア補修やらには最適なシーズン到来でも有ります・・・シューグリースも良く伸びます

左と真ん中はレッドウィングの表記が無い1990年代、右がレッドウィング表記が復活した2000年代のIrish Setter

山菜採りからキノコのシーズンには欠かせませんし、雪が舞う11月の菊芋掘りや、冬季の果樹剪定作業にと、出番は多いです

自分自身の歳からすれば赤いちゃんちゃんこならぬ、遭難防止にも役立つホットオレンジのベストの方が、お似合いなのでしょうけどダックカモは好きです・・・好みが90年代で、止まっているのかもしれません(笑)

釣りのブログですから・・・

様々なウェーディング・シューズを使い潰して残った物

スッタッド付きとフェルトのダナー・ウェーディングシューズ二種

所々、補修しながら今も使っています・・・使われている皮革の丈夫さは針を通してみると良く判ります

———————————

日々の作業から(川中島白鳳・川中島白桃・川中島黄桃等、桃の袋掛けも終わりました)・・・

極早生の桃です・・・出荷目的ではありませんから樹で充分に完熟させます

他の種類の桃なら、摘果するような小さなサイズですけれど甘みも充分、香りも高いです

桃畑の中で自然交配した桃の枝変わりを実生から育ててみました、これ以外にも10月末から11月に収穫期を迎える桃とか、変わり種の育成が短期に愉しめるのも桃の面白い点・・・諺の「桃栗三年柿八年」を実感します(笑)

久々の「真川」です

乙見ダム他が只今、河川工事中の為にメインルートには行けません・・・

のんびりと乙見湖出合いまで歩きます

残雪も残り僅かとなりました

良い時期になりました

林道から近道を抜けると

水量は多いです

水温は15℃程、思っていたより低いです

魚の写真を撮ってみました、20年振りかもしれません・・・(笑)

関川らしい紫の地色を持った岩魚です・・・

水温が低いのか活性は良くありませんが二重蓑毛毛鉤で底を取りながら・・・

二箇所ほど堰堤が抜けてゴルジュ帯の様

ウェーダーを履かずに、ウェット支度ですから構わず進みますが難所は此処だけ、抜けた堰堤の下をくぐります

抜ければ目の前は退渓点の真川橋

帰りはしっかりとした林道を車まで戻ります・・・

ぽつぽつと岩魚は出ますが底を取りながらの毛鉤釣りは疲れます、夕方から80mlの豪雨予報ですから早目に切り上げて(笑)

使った毛鉤は「二重蓑毛毛鉤」・・・二種 

水面を諦めたので左側だけ・・・(笑)

農作業、時々山行き・・・(笑)

朝5時 サクランボ収穫(紅秀峰)

暑くなったので7時に切り上げて・・・涼しい山に逃げます

山には残雪が残りますがフジの花も所々に咲き出して毛鉤のシーズン到来

今はこの奥に旬が有ります・・・(笑)

根曲りのタケノコ

小さな川を渡る度、岩魚達が逃げまどいますが今日の目当てはタケノコ

小さな花束を愛でて・・・

昼過ぎには・・・

明日の田植え準備で苗を各田圃に運びます、田植え作業も後半戦ですから釣り開始も、もうすぐ

キヌヒカリ、コシヒカリ、風さやか、ヒトメボレ、秋田小町にモチ米・・・苗を見ても区別は付け辛いです

華も山が好きなのかも ———————-

確か、アナグマ用の猟犬が元とは聞いていますがハンタージャケットに似合いそうではありません

ダックカモにも、似合いません・・・(笑)

伸び伸びとしてはいますけどね

山の匂いにご満悦

釣りには連れて行けませんけど・・・