アイリッシュセッター ハンティングブーツ

アイリッシュセッター ・ブーツとなればトラクションソール、別名クレープ・ソールの6インチワークブーツが有名ですけど・・・

泥土での詰り防止のボブ・ソールが好みです

豪雨警報に土砂崩落警報が相次いで出されるこの時期は秋冬に使った道具の清掃やらリペア補修やらには最適なシーズン到来でも有ります・・・シューグリースも良く伸びます

左と真ん中はレッドウィングの表記が無い1990年代、右がレッドウィング表記が復活した2000年代のIrish Setter

山菜採りからキノコのシーズンには欠かせませんし、雪が舞う11月の菊芋掘りや、冬季の果樹剪定作業にと、出番は多いです

自分自身の歳からすれば赤いちゃんちゃんこならぬ、遭難防止にも役立つホットオレンジのベストの方が、お似合いなのでしょうけどダックカモは好きです・・・好みが90年代で、止まっているのかもしれません(笑)

釣りのブログですから・・・

様々なウェーディング・シューズを使い潰して残った物

スッタッド付きとフェルトのダナー・ウェーディングシューズ二種

所々、補修しながら今も使っています・・・使われている皮革の丈夫さは針を通してみると良く判ります

———————————

日々の作業から(川中島白鳳・川中島白桃・川中島黄桃等、桃の袋掛けも終わりました)・・・

極早生の桃です・・・出荷目的ではありませんから樹で充分に完熟させます

他の種類の桃なら、摘果するような小さなサイズですけれど甘みも充分、香りも高いです

桃畑の中で自然交配した桃の枝変わりを実生から育ててみました、これ以外にも10月末から11月に収穫期を迎える桃とか、変わり種の育成が短期に愉しめるのも桃の面白い点・・・諺の「桃栗三年柿八年」を実感します(笑)

アイリッシュセッター ハンティングブーツ” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    四十年近く前、BE-PALやOutdoor誌で見て憧れていたレッドウィングのワークブーツ、実は今になって欲しくて欲しくて…
    くたびれたレッドウィングが、ソールを張り替えて見違えるようによみがえる姿が紹介されていましたが、実際に張り替えるというのは、今までビブラムソールの靴も何足も履いてきましたが、やったことはなかったですねぇ。
    もしレッドウィングを買ったら、張り替えるかなぁ…
    一度張り替えたくらいのところで、こっちの寿命が尽きちゃうかも(笑)

    いいね

    1. yugawaski様 コメントありがとうございます
      自分も同じく、目に焼き付いています
      黒の長靴が一択の頃でしたから尚更だったのかもしれませんが道具とすれば贅沢品、おいそれと手にすることもそれ以前に、目にすることも・・・(笑)
      チペワのワークブーツから始まり、レッドウィングやらダナー、ハーマンサバイバー、ジョージアブーツ、キャロライン・・・
      当時、ビブラムの各種ソールが単体で3000円程で買えましたから靴底用接着剤で張り替えて補強にビス打ちなんて事も作業用と割り切って、くたびれてきたら束子で水洗いして、乾燥後オイルを入れて消耗品の靴紐を変えれば復活(笑)
      近年の登山靴の様に、ウレタン劣化や接着剤劣化で靴底が剝げる事も無くゴアテックスに頼らない縫製による防水性能も含め、丈夫さ一筋の時代だったと思います、手も掛かりますし片側1㎏近い重さも有りますけど今だに使えますし、必ず、こちらの寿命の方が負けると思います(笑)
      悲しい点が一つ
      掲載した1990年代までのアイリュッシュセッターなら靴底を張り替えてもとは思いますが勢いで手に入れた2000年代のアイリュッシュセッター以降は使われる皮革の厚みも半分、大事なインナーソールも柔、縫製も雑、デザインも良いし履きやすいし何よりも半分以下の重さですから使い勝手は良いのですが性能重視すぎるので悲しいかな、使い捨てになると思います

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください