#22 羽蟻フライ

はいからはくち様から頂いたコメントで#22の羽蟻フライの件、 #22程度の蟻の流下に出逢った事はありませんが 自分ならどう対応するかと感じまして、場所も環境も知らぬまま・・・

此方で見かける極小の蟻、色は濃い赤色から赤褐色で意外とスレンダーボディですけど・・・?

フライならではの強調表現、はたまたインパクト重視、黒と白で 最小限の視認性を盛り込んで・・・取り敢えず(笑)

TMC200R #22

ウィングは少し長目にカウボディヘヤー ボディはウレタンフォーム材を折り返して・・・

少し浮力性を強くして・・・ガマカツS13S-M #22

ヘヤーウィングカディス風

TMC500U #22ならハックルドライ

ガマカツ C12 #22

パラシュートパターン

汎用型としてTMC100 #22 ハックルはジャックドゥのウェブ

クロノミドと余り代わり映えが・・・(笑)

強張る指と霞む目でも、まだ#22が巻けるとなれば次は色のバリエーションに他のパターン・・・(笑)

こんな楽しみも16/0やら17/0のスレッドにストレスが無いボビンホルダー、#22が巻けるサドルハックル、強度に富む各種フックが有るからこそ・・・

ジェネティックハックルメーカーのコックネックでも#22が巻ける部分は少ないか中途半端、ミッジサドルとなればサイズは限られてしまうけれど無尽蔵・・・(笑)

肩慣らしも済んだ事ですし何がトリガーポイントか判りませんが

好きなシルバーフェザント・ティペットなら・・・

使った鈎はガマカツ

どんな感じかと・・・(笑)

あまり代わり映えしませんでした(笑)

ならばハックルティップで・・・

これならウィングにジェル状フロータント塗布でしっかりと浮かびそう・・・(笑)

我儘な性分ですから、咥え方からライズの仕方まで魚に注文を付けたいのです・・・(笑)

本来ならこの時期は・・・

犀川本流の川の中に居るはず・・・道路陥没で交互通行中、復旧までは2年程かかる予定、流石に行けません

同じに見える自分の定番フライでも少しづつではありますが変わってきております、使っている物は古いですけど・・・(笑)

#22 羽蟻フライ” への2件のフィードバック

  1. お邪魔します。
    わざわざタイイングありがとうございます。私の場合CDCカディスの22番が1番出番が多いです。ボディは黒。ボディハックルを前半分に3〜4回 これが脚を表す形になります。ウイングはブルーダンのCDC のフラットウイング ほとんど解禁当初の長良川のミッジと同じ作りです。流れ込みにハックルだけで浮いている様に流すと激しいスプラッシュライズがあります。本物の羽蟻へのライズはもう少し穏やかなライズです。イブニングですので色は黒っぽければよく どちらかと言えばサイズと浮き方で見極めている様です。だからハックルの無いパターンやパラシュートですと全く反応しない時もあります。ぱらっと巻いたハックルが脚を水面に付けて流される羽蟻を表現出来ているみたいです。解禁当初の長良川のユスリカのミッジングも同様で アダルトの場合はハックルが無いと明らかに反応が違う場合に何度も遭遇しました。いずれにせよ脚で踏ん張って浮いている虫を食べるライズの場合はハイフロートとハックルが作り出す脚を暗示するシルエットが鍵になると思ってます。こじんまりとしたプールと流れ込みですので 昼間散々餌やルアーやフライが流れて攻め立てられる場所です。生き延びた尺イワナが夕方暗くなる寸前に束の間のご馳走にありつく所を狙うので申し訳ないのですが 真夏のミッジング 下手をすれば自分の足下でド派手なスプラッシュライズ! フライならではの楽しい時間です。

    いいね

    1. はいからはくち様 コメントありがとうございます。
      これからの時期、不思議な事に浮いていないと魚の反応がない場合が多いと感じています、生餌にもルアーにも反応は疎ら、一番は浮いた毛鉤やドライフライ(笑)
      ハックルは足なのか羽根なのかと悩んだ時も有りましたが要は使い方、自身の毛鉤釣りは使い勝手の良い二重蓑毛毛鉤になっていくのですがフライフィッシングでも、過去形で言われるようになったスタンダードハックルフライはシルエットなのか、水面に作られるライトパターンなのか判りませんがこれでは無いとと、思わせる反応がやはり有ります。
      毛鉤釣りの先輩の中には青白く輝る羽根とか、透明な羽根が有れば等と、どこぞの英国古典で書かれているような事を宣う方が・・・(笑)
      こちらの渓では夕方、水深15㎝にも満たない浅瀬に背鰭を出しながら食い気丸出しでも喰わないフライは追わない、同じ場所で同行者と8対2位、釣果の違いが出る場合も有りました、つくづく毛鉤なりフライの違いを痛感させられて今に至っております(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください