毛鉤の蛇口・・・ Ⅱ

細軸の餌針に合わせて長らく使っていたフライリール用のバッキングラインから、先回に紹介したグデブロ「D」や手芸用のポリエステル製しつけ糸に代わっては参りましたが蛇口の作りは変わっていません

釣針をセットしてワックスを掛けたスレッドを巻き進めてチモトまで凹凸を付けるように荒巻きで戻します

タタキの部分で蛇口糸を巻き止めて止め結びをした後にボドキンで大きさを調整

テーパーが付いた下地処理を兼ねて片側の蛇口糸を斜めに切ります

フトコロまでスレッドで蛇口糸を凹凸を付けるように荒巻で戻して止め結び

毛鉤によっては撚った金属製極細線を補強代わりにタグ&リブ

タタキの無い鮎掛け針等はブラインドアイフックに巻かれたサモン針と同じ様に少し鈎軸を多めに出して・・・

毛鉤の丈夫さは手巻き時代から行われた「一工程ごとの止め結び」・・・手巻きだからこそですけど

フライはそれに加えてワックスの効いたスレッド

定番の絹糸も使いましたが糸自体の撚りの戻りや材質其の物の弱さからブラインドアイフックに巻かれた古いフライを参考にして今に至ります

ナイロン製のティペットを巻き止めたりその物をアイにしたフライや毛鉤は形だけなら10年は持つでしょうけど単糸の天然テグスと同様に、経年劣化には意外と弱い物です ・・・粉々になります

ワックスで固められた極細のシルクガットが有れば一番でしょうけど(笑)

毛鉤入れの中には10年前の毛鉤も多いですし中には20年~30年程前の毛鉤も、今だに現役で使っていますが毛鉤とフライの耐用年数はどの程度まで考えれば良いのでしょう?

前にも書きましたがTMC102Y#13で30匹位までは針先が持ちましたが、その後は一気に刺さりが悪くなり釣針用砥石で針先を整えながらでも、50匹程度までが限界でした

何故か昔のピアノ鋼線製鈎が好きなのは研ぎ進めても保持力は落ちますが却って刺さりは良くなります・・・針先の長さについては短い方が刺さりは良いと思います

現在の表面硬化型は替刃式ノコギリに見られるように使い捨てでしょうか?・・・餌針ならまだしも、毛鉤やフライに巻き上げた鈎その物が使い捨てとは考えたくありません

天然素材の色や品質に拘るのも古い毛鉤やフライを見れば良く判ります

出来れば和式毛鉤もフライの様に、良くワックスを掛けたスレッドで巻かれていればとか、渓魚の歯で傷み易いフトコロ側に補強がタグの様に有ればとか毛鉤全体を引き締めるリブ巻きが有ればとかと思っていましたが「テンカラ毛鉤」と言われ出す前の和式毛鉤には下地全体を漆で固めたり、タグを「花入」、リブを「ネジ巻き」と言われておりました・・・ 丈夫な毛鉤作りで大事な事は一工程毎に「止め結び」を手巻き毛鉤の時代から行われていた事です,その中でも大切な蛇口の保護は鮎毛鉤やハス毛鉤に見られる金玉、当初は漆で固められ後に金箔を貼ったもの

テンカラ毛鉤とは無縁と言われやすい、鮎毛鉤とかハス毛鉤等はチモトの補強に金玉、タグ代わりの補強として先玉が備わっていましたし、却ってそちらの方が「テンカラ毛鉤」よりも歴史的には旧いものです

どの時代を切り取って「テンカラ毛鉤」とするかは有名な識者にお任せしてもそれだけではないのが和式毛鉤の面白いところです(笑)

フライ製作でも説明される、額縁用フルドレスサモンフライならブラインドアイフックに短いシルクガットを巻き添えても形は作れるでしょうが実釣となればテーパーとなったごく短い鈎軸のアイ部分に巻き付けられたその短いシルクガットが耐えられるのかは・・・(笑)

耐用年数とか耐久性とか経年劣化防止を無用とみるかその点を踏まえて「毛鉤とフライ」の丈夫さを大事にするかは毛鉤とフライの巻き手の好みとか時代に合わせた愉しみ方かもしれませんので・・・

耐用年数が残り十数年となった自分にとっては何を使っても巻いた毛鉤やフライに負けるかもしれませんけど、それでも丈夫さは大事と思っています

毛鉤の蛇口・・・ Ⅱ” への2件のフィードバック

  1. 気が付けば私も自身より長持ちしそうなものばかりに囲まれて暮らしています。
    以前はそんなことを考えたこともありませんでした(笑)
    蛇口糸の固定方法の解説、ありがとうございます。
    糸に十分ワックスをかけることがポイントですね。
    額縁用フルドレスサモンフライ…どんどん綺麗になりおかお金もかかるようになっていますね。
    手先が器用でも、材料の良し悪しまではカバーできないレベルまでいっているような…
    もちろん良い材料さえあれば誰でも巻けるわけではないでしょうけれど(笑)
    まさに額縁用フライ、コンセプトカーのようなもので、実際に水中を漂わせたり公道を走らせることを想定しているとは思えない…
    私個人は、そのようなものに魅力を感じることはできません(笑)
    アングラーズガイドに載っているフルドレスサーモン鉤には、いかにも釣れそうな雰囲気があって、そこに確かな技術とセンスと魅力を感じます。
    これなら自作するのではなく完成鉤を買って使うのも良く分かります。

    いいね

    1. yugawaski 様 コメントありがとうございます
      あくまで自己流です、蛇口糸の最後は(フトコロ側)曲がり始め(腰)の部分に片側だけでも二つ折りにした蛇口糸を巻き止めると簡単には抜けなくなります。
      今の水分や衝撃に強い瞬間接着剤ならそこまでしっかりと巻き止めなくても良いのかもしれませんけど・・・(笑)
      沢田氏の実釣用アクアマリン(試作品の頃)を拝見させていただく機会が有りましたがヘッドの作りやマテリアルの使い方、止め方等、色の使い方から感じる上品さもさることながらボリューム感とその納得させる存在感は丈夫さ以上に圧倒的な迫力を見せつけられました
      アングラーズガイドに掲載された数々のサモンフライも横から見た印象と上側から見た印象は別物の様、マテリアルの量と作り出される厚みは羽根で作られたミノープラグ以上(例えが?)、本で見られる二次元的な印象と迫力ある現物との違い、トラウトフライは女性の細やかさで巻き、サモンフライは男性の力でしっかりと巻くとの説明以上に納得させられました

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください