低下凡夫の毛鉤 Ⅱ

カテゴリー分類に入らない只の戯言ですから・・・

善光寺の建立に当たる基本的な考え方は「低下凡夫に開かれた寺」・・・女人禁制がまかり通る時代に分け隔てなく、宗教を問わず全てを受け入れる為に開かれた寺院としてを起原とするをそのまま頂いて毛鉤釣りの毛鉤は本来そんなものではなかったのかと感じております

地方で地域性豊かに作られてきた和式毛鉤にとっても同じ事、地域に根付いた毛鉤は本来、「低下凡夫の毛鉤」の意が信条、そこから派生したテンカラ毛鉤も本来は同じ位置づけのはずでしょうし

和式毛鉤にドライフライと同様の乾毛鉤も有ればストリーマーと同様の毛鉤も有るし和式毛鉤の祖を京毛鉤に求めるならタグ(花入)も有ればリブ(ネジ巻き)も有るしサモンフライに見られるホーン(追い毛又は薮蚊毛)も有る・・・そんなことを解説した物を見た事も無いのですが

和式毛鉤を調べれば調べる程、独自進化なり、自然発生的な意味合いよりも西洋毛鉤との融合や影響を受けてきた事が中村利吉氏の例を挙げずとも感じる(世界初の毛鉤が文献に現われたマケドニアの時代よりは近世ですけど)

話の矛先がずれます・・・

和式毛鉤のもう一つの禁じ事項として殺生を許された階層の存在(関西方面での「サンガ」の存在も含む)対するのは殺生を禁じた仏教を治世の道具として使ったのが、公家社会に対する武家政権の隆盛

平安時代にお公家様が愉しまれた京毛鉤による遊びの毛鉤釣りが一旦は途絶えた後、治世の道具であった仏教思想が武家社会を脅かす程に強権となると仏教思想そのものを打ち消す方向づけで庶民が釣りを愉しめるようになるのが江戸時代中期以降・・・遊戯としての釣りから庶民による、釣果によって腕を競う時代の到来

反面、地方には未だに殺生を禁じる意識が根強く、渓魚に対しては尚更に、殺生を禁じた伝承話が各地に残る・・・山間地のタンパク質確保の為に云々で渓魚を獲っていた等と、後のテンカラ解説で出てくるのは田舎に対する都会人の戯言に近いかもしれません

利用はされていたにせよ渓魚はタンパク質云々よりは病人や産前産後の滋養強壮の為の薬代わりの位置付けとされ乱獲は禁じられていました

毛鉤の話に戻ればテンカラ毛鉤に対して疎まれやすい、ややもすれば存在そのものをテンカラマスターからは否定されやすい、京毛鉤の伝統を根底に脈々と続く「ハス毛鉤」は和式毛鉤のタイムマシンそのものと感じます・・・

世界列強から日本を守るために行ったとされる江戸幕府による鎖国政策自体もその当時、「鎖国」という概念自体が有ったのか毛鉤から見ると不思議な話で、収益が高く利権が絡む貿易の窓口を個々の藩にではなく管理しやすく集約するための方策ではなかったのかと・・・実際に世界各地の釣針やそのマテリアルともなる羽毛や鎧兜にも使われた獣毛を含めて、ポルトガルなりオランダから大量に輸入された記述が残ります・・・明治政権の輸入による勘定元が下関に集約されたのにも似ている気もします(笑)

和式毛鉤と言われるそのものは元々、古来から西洋毛鉤との融合を計って来たのではと、そこから地域に合わせ使い手に合わせ改良されてきたのではと・・・感じます

テンカラ解説で神話の様に言われる孤高の職漁師が使ったとされる、職漁師毛鉤では有りますが使っていた本人なりそれを受け継いだ方の話は後の解説が余りにも脚色が多過ぎて鼻白むとも・・・(笑)

手前勝手な思い込みでは有りますが毛鉤から見た日本史・・・とても偏った見方です

============

只今、収穫シーズンを迎え毛鉤を巻けません(手が震えます)のでお茶飲み話程度の戯言が続きます

区画整理事業で作られた田圃ですが人力では到底無理が有ります、手作業なら20m程度が精々ですけど200mともなりますと別世界です・・・広いと言われる中国でも農業機械(マメトラ程度でも)が一軒ごとには無いので一軒の農家保有面積は手作業のみで完結できる1ムーが基準、単位を判り易くすれば6アール程度(中国の東北地方で1ha程)その集合体が中国農業です、だからこそ今でも農民は云々ですけどその方達と一緒に田畑で汗を流す日本からの指導員は珍しいので現地ではすぐ噂になる程でした、国策として温室栽培の先進国であるオランダ、ドイツから直接指導を受けている国営農場も多々有りますがテーマパークの様なもので・・・でも日本以上に最先端技術を10年で一気に、それも安価に成し遂げてはいます

自給率云々で言われるエネルギー換算値では畜産が盛んでない日本ですから低いですけど、実際の有効な耕作適地農地面積は日本の方が中国より広いとご存知ない方が多いです・・・漠然としたイメージとは違い過ぎるのが、和式毛鉤と同じに感じています

そんな農繁期では有りますけど檻の中で5年間、繁殖犬として生かされ、保護団体から来たそんな犬の為なら時間を作ってでも・・・豊田村のドックラン

走り慣れていないので足がもつれますけど・・・

足の短さでお腹を擦る草地でも元気に跳ね回っています

走り回って疲れると・・・

先住犬を押しのけても甘えてきます

来てから一カ月半ですがやっとお腹を出して甘えてくれるようになりました・・・(甘え方すら知らない犬が居る事自体、私には未だに理解が出来ないのですけど)

それに犬と人間は「主従関係」が有るからこそ狼が犬となったと説明されていますが仔犬の時から育てていれば例えどんな飼主でも懐かなければ生きていけないので服従はするでしょうがそれは餌を貰えると言う最低限度の信頼関係だと思います

拙ブログでも紹介させて頂いた二匹のイングリッシュセッターは成犬で来ましたから初めて連れ帰る時には暴れましたし噛みました(大事にされていなかった所為も有りますけど)、どちらも大型犬ですから本気で噛んだら指の一本位なら簡単に噛み千切るでしょうし、こちらが驚いて手を引けば犬歯の鋭さで引き裂かれるでしょうけど犬も此方の反応を見ていますから噛まれたままの手を犬の口の中に押し込むと驚いて口を開けます

確りと犬歯の穴が手の平に残りますけど案外と血は出ないもんです、もちろんですがどんな犬でもではなくこちらも犬の目の動きと反応を観察してこの子なら大丈夫と信じられるからですけど・・・(笑)

サクラは雌犬でしたし今までに出逢ったことが無い程の頭の良さが有りましたから呼べば来るぐらいはすぐに対応してくれましたけど本当の信頼関係を築くのには却って手間取りました

初めて渓流に同行した時に慣れない滑る岩で肉球を切り動けなくなってしまいそれでも附いて来ようとしておりましたので釣りを諦め偶々45ℓザックだったので中身を林の影に置いてその中にサクラを入れたら誂えたように頭だけ出る状態、首筋にサクラの息を感じながら帰途に就いたのですが徐々に鼻先を近づけて申し訳なさそうに少しづつ首筋を舐めだして、又それが此方にすれば愛おしくて・・・その後は愛犬ではなく愛人サクラと他人には呼ばれるほどにべったり(笑)

その後に来た雄犬のマルにすればサクラという先住犬もいるし御飯もくれるし散歩にも行けるしと一週間もすれば太い尻尾をブンブンと振り回していましたがそれでも愛情表現でぶつかってくる強さは次第に強まりました(笑)

躾云々も有りますが山に入ればお互いに仲間ですから「アイコンタクト」が自然に伴いますし出来なければ山に連れてもいけませんけど今となれば例え猟犬でもリード無しでと怒られるのでしょう

福島の一部では条例が無いらしいですけど案外と日本は犬の自由度が足りない気がします・・・愛犬家の皆様にはお叱りを受けるでしょうし犬が嫌いな方にすれば尚更でしょうけど・・・

リード無しなら保健所の指導なり取り締まりは簡単でしょうけどならば、1m足らずのリードに繋がれたまま、屋根も無く床はコンクリートだけで3年間過ごしたマルは保健所の指導では助からなかったと思いますし動物愛護法なんて形だけ、それでもニュースに成る様になっただけ少しは変わったのかもしれませんが、犬としての尊厳をどう守るかなんてことまで考え出したら・・・

まったくフライや毛鉤と逸脱過ぎましたが車で1時間も有れば着ける松本市で1000頭(ニュースでは)の飼育崩壊がつい最近発覚したばかり、今流行りの小型犬でも1000頭ともなれば・・・状態の良い犬は発覚前に移送されていたらしいし公になれたのも地元の動物病院の告発より芸能人からの告発が決定打になったらしいし噂はその前からだし告発後の対応も遅いし動物愛護週間も終わったばかりだしと気持ちが散れじれで収集がつきません・・・今居る犬達を大事にするしかないのですけど主義主張が強すぎて失礼いたしました

Tenkara Dry Fly

和式毛鉤の形態を保ちながら・・・秋山郷毛鉤の亜流です(笑)

先ずは使う針の紹介・・・

新ヘラ鮒スレ鉤 5号  同型のTMC400T なら#12程度・・・同型のヘラ鮒針なら現在でも定番の形です

ボディの絹糸は蝋燭の蝋をスレッドにワックスを掛ける様に擦り込みます・・・張りが出ます

絹糸を撚り巻き付けます

ソラックス部にドライフライ用の上質なハックルを密に巻きます・・・視認性重視でファイヤーオレンジ色を使っています(ディアハンターオレンジ色の名前の方が、この場合はしっくりくるかもしれません)

ハックル抑えにアイまでスレッドを戻します

スレッドを止め結びしてソラックス部の整形をします

ハックルはソフトハックルを使っていますが・・・

ハックルで浮かばせる訳では有りませんのでお好みで・・・

ソラックス部にジェル状なり液体フロータントを沁み込ませますと良く浮かびますし水流に揉まれて沈んでも浮かび上がります・・・この時に咥える魚が意外と多いです

ファイヤーオレンジや蛍光ライトイエロー等の渓魚に違和感を与えず人間には視認性に富む色が有ると感じています

アップストリームのテンカラなら「泳がせ釣り」が良いのでしょうし沈んでも、毛鉤自体が浮かび上がると渓魚は特別の執着心が沸き起こるようです

同様にライトイエローの場合・・・

小さなインジケーターですがラインがFFに比べれば短いテンカラなら案外に見えます

秋の夜長も始まりますから・・・

和式毛鉤を巻いて愉しみましょう

旧い鈎の再生 Ⅱ

旧い鈎への一手間・・・

入手先の保存状態に係わらず30年以上前ともなれば経年劣化も仕方が無いのかもしれないけれど気に入った鈎を少しでも寿命を延ばしたい

太軸のJ1AとかG3Aは先記事で紹介済みですがドライフライ用の細軸ともなれば一点の錆でも応力集中による破断が心配でと、結局は使わないまま宝の持ち腐れになる前の処理

たまたまですがパートリッジ社のK14 #14を例に・・・

写真ですと綺麗な状態に見えますがコーティングが薄れて所々に地金がぽつぽつと見えます

これをそのままにしておくと錆が出てきますので磨き上げて再度、バーニッシュを塗って仕上げるかは判断の為所ですけど

金属黒染め定番の・・・

ブラスブラック・・・金属フェルールの黒染めにも使えます

スチールブラックも有りますけどこちらの方が使い易いと思いますが、どちらも毒性は有りますので取り扱いにはご注意下さい

青味がかった透明の液体ですが鈎を漬けると30秒程で反応が始まりドロドロとしてきます

その直後の状態・・・被膜が薄いので綺麗には見えます

ほぼ黒染めは出来ている様に写真では見えますが均一では無いのでかき混ぜながら暫く置きます・・・丁寧にするなら洗浄してブラスブラックに漬け直しても良いのでしょうが余り違いを感じられなかったのでこのまま一晩おきます

ブラスブラックの液が更にドロドロになります

これを流水で洗い流して良く乾燥させます・・・

擦っても落ちない艶消しの黒色となります

シリコンスプレーでコーティングします・・・

タオルで磨きを掛けると半艶消しの黒色に仕上がります・・・CRC556やミシン油等を試してきましたが今はシリコンスプレーを使っています

処理前と処理後の比較・・・

毛鉤なりフライを巻く時に再度、磨き上げると艶が出てきます・・・勿論、コーティングが薄くなった場合の対応策ですけど・・・

処理前

処理前と処理後

一つ一つビニール小袋に入れて、それを種類別に大袋に入れて保管しています・・・(乾燥剤入り)

せっかく巻き上げたフライや毛鉤がフライボックスの中で錆びていたら悲しいですから・・・

集めたマテリアルも虫害が怖いので殺虫剤を入れ替えたりしながら確認する時期にもなりました

蝮毛鉤の類

久方ぶりに見事な「赤蝮」を釣場で見掛けて見惚れてしまいました

魚道横の垂直なコンクリートの壁を半分ほど、水に身体を沈めながら身体をくねらせ上の草叢に登る姿を見つけ、確か「黒蝮」は一匹、3~5000円位、「赤蝮」なら10000円以上、これ程までに見事なら20000円は下るまい等とおぞましい考えと渓の水で冷えた蛇なら捕るのも楽だと思いながら・・・その赤蝮は無事に上の草叢に姿を消したのですけど(笑)

一時、蝮毛鉤が注目を集めて高値で云々されていた事とかその毛鉤の作り方は説明されていなかったと思い出しました

蛇の脱け殻は金運の縁起物として利用されているようですがその抜け殻は半透明で色素が有りません、毛鉤に使う蛇皮は鱗を纏った外皮ではなくてその内側の内皮?腹膜?どのような名称であるかは専門家にお任せしてサバ皮とかハゲ皮(オーロラ皮)等と同じ性質を持ったものと感じています

手軽にその蝮毛鉤を再現するサブマテリアルとして・・・

細く切った皮を巻き付ける方法も有りますが丈夫さ優先で・・・

捻って糸状にしています

普通毛鉤型では・・・

濡れると真価が発揮される素材です・・・外見よりは内側に秘訣が有りますけど

伏せ蓑毛鉤型なら・・・

チェコニンフの様なカーブドシャンクに巻き付けるとそのままチェコニンフに見えてしまいますから「流線袖」の鈎に巻いてみました

古い和式毛鉤の方が今よりも様々なバリエーションが作られていた事をお忘れなく

ゼンマイ胴と組み合わせて・・・

ブラシで搔き出してふっくらとしています

魚体を婚姻色がうっすらと染め登りを意識しだす時期になりました

水底にへばりつく魚に

DOUBLE & TREBLE SALMON FLY HOOKS

鮭を狩る為のフライフック

Partridje Duoble Low Water Salmon Hooks CODE Q

Partridje Duoble Wilson Salmon Hooks CODE O2

ライトウェイトとは言え・・・

対してヘビーウェイト用

Bartleet Double Salmon Fly Hooks

今の日本では正しく「兵どもの夢の跡」

Partridje Long Shank Treble Salmon Hooks CODE X2B

#14は極端にせよ・・・

サマーシーズンで不機嫌な鮭の為とは言え日本では・・・(笑)

巻き狂って居た頃の残党・・・上品なフライボックスで気狂いの世界を抑え込んでいます(笑)

釣る気は満々ですけど使えません・・・(笑)

将又・・・ダブルフック

30年近く経ち色ざめたダブルフック

フェザーウィングサモンフライしか眼中に無かった頃・・・白鮭を釣り上げたフライですからボロボロにはなっていますけれど、この当時マテリアルも無く道具立ても今には及ばずそれでも釣りたい一心で巻き狂っておりました

他人様のフライを拝見させて頂く衝撃は得難いものがありますけれど、昔の自分が巻いたフライや毛鉤を見返すと知識も経験も増えてはきたけれど何が変わったのかとか、道具とマテリアルが増えただけではとか、只の偏屈親爺になっているのではとかと、自戒の念が先に立ちます

今年は出番が有りませんが完全に実釣用のフライボックス・・・ずっしりとして結構な重さが有ります(笑)

通常のサモン用フライボックスと共にフィッシング・バックをパンパンに詰めて釣り場に立ちます(釣友にとって動くフライボックスの様なものです)

——————

只々広かった加工用トマトの片付けも終わり秋野菜の種蒔きも一段落、コンバインの整備も終わり15日からは秋のハーベストシーズン開始、長野市近郊ですから三町分強とは言え刈り取る時間よりコンバインを移動させる方が時間が掛かります・・・のんびりと釣りに行きたいのですけどね(笑)

PARTRIGE SINGLE SALMON HOOKS CODE M

SALMON HOOKS CODE M・・・圧倒的な存在感

瀟洒なバートリート鈎に比べ一番にお世話になった鈎型かもしれません・・・(笑)

有無を言わせない重量感

リーガルのスタンダードジョーが小さく見えます(笑)

この鈎で初めてお見かけした検査員さんは・・・

ミラミチ川のサーモンガイドさんの一押しながら何故か「RENOUS SPECIAL」・・・

スレッドの一巻きが大事なんてせせこましさは微塵も感じさせない大胆さとツボを押さえたフライに比べたら、真似てはみてもまだまだ未熟を感じます

BARTLEET SALMON FLY HOOKS

CS10/1~10/4 TRDITIONAL・・・綺麗な憧れのフック(でした)

同型でスペイフックなんて名前が付いた鈎も有るけどならばアップアイでなくマルトのNo m34の様なストレートアイが気分なんですけどとホザキツツ・・・(笑)

ループアイからボディを巻くスペースに黒のバーニッシュを塗りつけて

私家版「ダンケルド」・・・ヘヤーウィング

ボディのビニヤード製フラットティンセルをゴールドワイヤーでギチギチに締め上げています

ほぼ狙いは鮭用猫じゃらしですから・・・(笑)

ヘッドにもう一度、バーニッシュを塗って針先を研ぎ直してフライボックスへ納めます

今年もゲリラ豪雨やら水害続きで本流は今だに濁っていますけど・・・マスク生活も続きますがどうぞご自愛ください

^^^^^^^^^^^^^^^^^

毎年買い続けている新潟県共通遊漁券も長野地区の年券も去年に続いて活用できませんでした・・・(泣)

剣羽根毛鉤・・・Alula Kebari

海外の方に剣羽根毛鉤を”Alula Kebari”と説明して久しいけれどご理解が進んだようでなんとなく嬉しい

狩猟が盛んな土地柄も有るので狩猟者の友人から雉の剣羽根を頂いて巻いている方も居らっしゃいますが、却って日本の場合は手に入りにくいマテリアルになってしまったのかもしれません

本来の剣羽根毛鉤は日本雄雉の剣羽根を使いますが、テンカラが流行り出した頃に、養殖された高麗雉を狩猟用に放鳥するため大量に輸入されるようになりそれ以前は幻の素材だった物が一般化したため剣羽根は高麗雉からとなりましたがそれでも当初は雄雉が流通の主流、その後本来は使わない雌雉の剣羽根まで人気にあやかって流通する始末・・・雄雉と雌雉は模様が違うので硬さを確かめなくても一目で見分けられるのですけどね(笑)

剣羽根は雉類だけでなく鴨類にも有ります、自分でもギニヤの剣羽根を使ってみたりと遊びました

本来の剣羽根毛鉤は何度も掲載していますので剣羽根のサブマテリアルとして遜色無いマテリアルのご紹介

プライマリーウィングの先端部分を剣羽根の様に裂いて使います・・・処理方法は前出済の記事をご覧ください

剣羽根の下拵えは手間がかかりますがご紹介している巻き方なら丈夫さはピカイチ、研ぎ直しが出来る鈎ならそれこそ一生物、自身の毛鉤箱には40年程前の剣羽根毛鉤も現役で並んでいます・・・釣行安全の御守り代わりかもしれませんけど

先ずは高麗雉のプライマリーウィングから

雌雉の剣羽根程度の柔らかさならセカンダリーフェザーでも

コンドルのプライマリーウィング・・・硬すぎて使うには向かないかもしれません(笑)

各種のプライマリーウィングならサイズも色も硬さも様々で好みに応じられる利点も有りますからお試しください・・・ それが剣羽根毛鉤を”Alula Kebari”と説明した本意ですから・・・(笑)

剣羽根毛鉤の真価は渇水期に落ち込みの底に隠れる渓魚を水面に誘い出す為に白泡の上を逆引きで水面を躍らせたり水中では硬い剣羽根が流れを受けて小刻みに振動することで魚の側線を刺激して存在感を示したりと硬い蓑毛ならではの独特の用法が有ります

硬い素材ですから巻き過ぎは本来の剣羽根の利点を潰してしまうので通常の剣羽根一枚から4個の毛鉤を作れると思います・・・本来の剣羽根毛鉤とすれば一番に美味しい処は決まってはいますけど

烏の場合

Alula Kebariとして・・・

羽根の硬さに応じて巻き数を変えています

ギニヤの場合・・・

昔から幻と言われる素材はその素材を生かした使い方が一番大事な点、ゼンマイも同じくただそれだけで魚が釣れる訳では無い・・・その素材で巻いた毛鉤の使い方も同じ

先祖返りの毛鉤・・・番外編

鮎毛鉤の租と言われる「菜種針」と共に文献に現われる最初期の毛鉤「蜂頭毛鉤」

注釈に地域に合わせ黒毛・油毛と蓑毛の色を変えたとあります

手元にある凡そ100年程前の商品見本帳には鉤の形、大きさ、色、鮎毛鉤で言う「追い毛」と同じ「薮蚊毛」を付けた物等、顧客の求めに応じて様々なバリエーションが作られていました

金玉以外にも赤玉

黒玉も有りました

孔雀胴が多用され過ぎて渓魚に嫌われるようになるとその特徴である孔雀胴を黒く染めたと有ります(赤銅色になります)・・・面白いのが英国のノースカントリースパイダー・パターンでも銅色のハールを指定するパターンが有ります

蜂頭毛鉤の形は後年の誤った解釈のおかげで云々は有りますがここでは「顧客の求め」に応じて様々なバリエーションが作られていた点を再度、ご紹介したいと思います・・・なんて贅沢な毛鉤釣りと使われる和式毛鉤なのでしょう(笑)

先祖返りの毛鉤 ・・・Ⅲ

瑠璃コンゴウインコとか紅コンゴウインコに続いてトラゴパン(レッドフェザント)を蓑毛に使ってみます

トラゴパンのブレストフェザーとかウィングカバーフェザー

胴は裏面の黒色が特徴の日本雉の尾羽

セカンドハックルにダークダンを2巻きの二重蓑毛毛鉤

フロントハックルがオーバーサイズに見えますが水中ではセカンドハックルが中程まで抑え気味で先端が揺らめきます

前側から

トラゴパンだけでなくゴールデンフェザントとかヤマドリとかの鮮やかな斑入りブレストフェザーがお勧めです

ドラゴパンを使ったから贅沢な毛鉤とは思いませんが本来の和式毛鉤はフライと同じく素材に拘っておりました(今となれば同等の蓑毛すら手に入らない贅沢な逸品 )

テンカラ毛鉤の租と引き合いに出される「職漁師毛鉤」も、使う素材は使う鉤も併せて吟味されておりましたし拙ブログで紹介したように数々のパターンも有りました

80年代から90年代にかけて「テンカラ毛鉤」と紹介されて今に至る毛鉤は、職漁師毛鉤を含めた和式毛鉤の歴史の中では却って不思議な存在かもしれません・・・

古来から行われていた毛鉤釣りでは無い、作り上げられたテンカラならそれも相応なのでしょう

最初期の文献に現われ「蜂頭」として掲載されている孔雀胴毛鉤ですが何故、日本に自生していない孔雀が和式毛鉤の定番の様に使われてきたのかと考えると、自ずと和式毛鉤の在り様が判るかもしれませんし・・・(笑)