山繭を愉しむ・・・山繭胴毛鉤

山繭の一つの特徴としてしなやかで長い繊維・・・

使う鈎は彦兵衛針「秋田袖9号」

ヒネリ入り・・・

蛇口を付けて・・・下巻きにはバケ皮

補強代わりの撚った細いワイヤーへ山繭を直接ダビングします

使い馴染むと今以上に茫洋感に溢れて下巻きのバケ皮を光らせます(笑)

使う蓑毛は・・・9号サイズに合わせて

リストがダークダンで羽根先がダンがかったジンジャー色・・・どちらも魚にとっては刺激的な色です

羽根を裂きます・・・

羽根の向きが逆ですがスレッドの巻きを変えて対応します

春一番の蜉蝣に合わせてみました

釣針は袖型に始まり袖型で終わる・・・かもしれません(笑)

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください