SEALYE SF3 二重蓑毛毛鉤

一般的なダウンアイフックです、アップアイのSF2のお陰で余り作例が出ておりませんが、シーリーSF11と共に好きな鈎型です

パーフェクトベンドにキレを持たせたベンドの形が堪りません・・・一般的にはスプロートベンドと説明されるのでしょうけどラウンドベンドとも違うし軸の太さと独特のベンド(細かい事ですけど)

定番の下巻きを終えて

フロントハックルはフレンチパートリッジのネックフェザーです、ソフトハックルの中では張りも有り強い流れの山岳渓流で存在感を発揮します・・・渓魚の反応も良いと感じています

コンプリートスキンでも得られる羽根は、ほぼオーバーサイズなので巻く位置を調整して・・・

アイ方向に折り返します

折り返しを巻いた所にセカンドハックルを薄く巻きます・・・

スレッドで胴の形を仕上げながら下巻き・・・

胴を仕上げて・・・

スレッドをアイ方向に戻してから・・・

ボドキンの後ろ側、ハーフヒッチャー側でハックルを抑えて・・・

アイの所で3回転程・・・ヘッドは小さくても全てのハックルを抑えますから丈夫です

手持ちの全てのハーフヒッチャーは各フックのアイと胴体を抑え込めるようにドリルで穴径と深さを加工してあります

美しいフックは三重苦の腕で巻いた毛鉤すら綺麗に見せてくれるかな・・・?

自分にとって魚釣りは山菜採りやキノコ採りと同じく山間地近郊の愉しみの一つで趣味と言えるほどの大層なものではありませんがそれでも様々な情報の中で紆余曲折を繰り返し、悪あがきを繰り返した拙ブログにご訪問頂く方、並びにコメントを頂ける方、メールでやり取りさせて頂く方に恵まれてSNSならではの肩ひじ張らず等身大の釣談義が出来るのはフライショップや釣具屋さんが周りに無くなってしまった地方住みにとって新たな愉しみになっています、ありがとうございます

SEALYE SF3 二重蓑毛毛鉤” への2件のフィードバック

  1. シーリーSF3。
    SF1 SF2 SF11と並んで過去に1番よく使った針です。当時行きつけのショップには大量にありました。オーナーも使わなくなった手持ちの物を全て譲ってくださいました。ドライフライフックの傑作の一つだと思います。SF11の#12に巻いたシルバーサルタン 阿寒川で63センチの虹鱒を釣った思い出深い針です。

    いいね

    1. はいからはくち様 コメントありがとうございます
      品物でも結局は居心地の良い処に集まってくる気がします
      貯めこまれた処より日の光を求めてるかもしれません
      ・・・突然にスピリチュアル系の話が出てきてしまいました(笑)
      冗談はさておき、倉庫で日の目を見ぬ間に朽ち果てるより
      折角のフックですもの使ってあげないと等と又、スピリチュアル系が(笑)
      SF11は巻いたフライが見映える良いフックだと思います
      何故か、その中でも#12は自分も一番に思い出が深いサイズです

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください