Kite’s Imperial Kebari Vr.

前々から気になっている毛鉤用素材の日本雉の尾羽

燻し銀色ながら水中では意外に目立つ素材、もしやと思い紫外線ライトを当ててみたら・・・(笑)

カイトインペリアルとは紫色と金線ぐらいしか共通点はないのですけど(笑)

使う素材・・・

鈎   彦兵衛針 改良袖型 アゴ付き 7号

胴   日本雉尾羽、紫絹糸、撚った金線

蓑毛  フレンチパートリッジネックフェザー、スチールブルーコック

日本雉尾羽と共にフレンチパートリッジのネックフェザーの青灰色がお気に入り

勝手な思い込みなのですけれどフレンチパートリッジの青灰色と日本雉尾羽の燻し銀色に紫絹糸の組み合わせは好きなのです(笑)

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください