使うフライの年代について

流石にハックル無しのモノポストウィングを通常に使うとまでは考えていないのですけど・・・(笑)

折角のハーディ竹竿で使うなら使う竿に合わせて1950年代頃が一番に華やかで、次世代のグラス竿やグラファイト竿の兆しが垣間見える頃が好みに合っているのかなと思ってはいますが、日本に入って来た情報が一般化して認知され出したのが1970年代後半ですから、そのあたりで彼の地とは、20年近くズレがあるような気がします・・・

A Way to The Complete Fly Tier

”THE FLY TYING”

ザ・フライ・タイイング 鈴木俊一氏 著作 1987年3月初版

今、見返してみると一般的に使用するフライフックとして、ドライフライならパートリッジ社CS32とかコードBに、シーリーSF2U/E、ウェットフライに至っては当然の如くJ1A、G3Aを使うとしてリマリックかスプロートとして名前すら出てまいりません・・・その当時の流れからすれば懐古趣味の様なものですけれど良い時代だったと感じます

その前の世代となればそれこそ原書すらですから、只々、カタログに目を光らせて居ただけ、如何に1980年代から1990年代の情報量が多かったのかと、今更ながら驚きますし、華やかでした

1973年製造のハーディ社、JET・8.6F・6番で大まかなFF釣法を始め、1983年の同じくハーディ社、ボロンフライ・8.6F・5番でなんて書き出すと、カッコ付け過ぎかもしれませんが却って竹竿の良さが身に染みて・・・

ジェットとボロン

ジェットの60年代以降に使われる透明なメノウリングとボロンで不評だったザラザラのストリッピングガイド

ボロンフライのフックキーパー

ファンウィング迄とは申し上げませんがトルクの有る細いシルクラインと長尺竹竿の嫋やかなリズムなら、多少の風が有っても、投射性が低いフライでも、ポイントに静かに置けるからでしょうか・・・(笑)

久しぶりにボロンフライのコルクの厚みを変えて配置された硬いグリップを握り、ラインを通して振ってみると竿の進化よりはラインの進化の方がとか別の思いを感じてしまいます

1970年代から1980年代にかけての和式毛鉤の扱いについてはそれこそ、失われた20年間かもしれません・・・(笑)

使うフライの年代について” への4件のフィードバック

  1. こんにちは。
    73年製のジェット、大文字のJETなのですね。私のは小文字のJetです。
    8フィーリング6インチ6番のジェットは、私も何故か2本持っています。
    これを大事にしている人って結構いますね。
    同スペックのW.F.ハーディーを大事にしている人がいるのも興味深いです。

    ハーディーのボロン竿って、カタログでしか見たことがないです。
    このリングが小さくて腰高のフックキーパー、私の8フィート5/6番のカーボン竿にも同じものが付いています。
    一見華奢な感じがしますが、がっちり固定されていますね。

    仰るように、この時代の和式毛鉤って、渓流釣りの本には記述が見られるものの、まさに失われた20年間ですね。
    その後、西洋のフライフィッシングの歴史がどんどん紐解かれているのに対して、日本の毛鉤釣りの歴史の方は…

    いいね

    1. yugawaski 様 コメントありがとうございます
      グラファイト竿ばかりになっても敢えてジェットばかりの時が有りましたので良くも悪くも愛着があります、ジェットのご機嫌を損ねない様に力まず、トップで風切り音を出さず、ラインにウェーブが出ない様にと今でも持ち出してご機嫌伺いを致します(笑)
      ボロンフライは確か、1983年だけ生産されたロッドですから輸入された数も少なく余り紹介もされないそれでもその時は新機軸の海外対抗商品
      4番程度の細いブランクですけど硬めに仕上げたグリップに負けない、パリッとした乾いた感触でこちらが無茶をしても受け流す位の余裕を持ったロッドです、ただ少し重めの仕上ですから市場には受け入れられなかったかもしれません・・・
      生餌代わりの毛鉤釣りをしていたらテンカラ竿で飛ばす釣り方となり、方や美しいフライと出合い、どちらもラインの先に夢を見れた、良い時代を過ごせたのですから感謝も込めて・・・(笑)
      WFハーディ、4,5,6の内5番と6番は使わせて頂いた事が有りますが新しい竹竿の有り様をまざまざと魅せ付けられました
      好機に恵まれず所有する事はできませんでしたが代わりに、勝手な思い込みですけど、WFハーディの7番としてサーモンデラックス9F半を使っています
      リチャードソンもと思ってはいますが流石に・・・(笑)

      いいね

  2. お邪魔いたします。
    本日は長良川でシーズンオフ恒例行きつけのショップのキャス練に参加してきました。
    1967年製造のJETの8半 2時間しっかり振ってきました。今時グラスでキャス練に行くと皆驚きます。で JETの場合 振った人がこんなに振りやすいの?って更に驚きます。今日はシルクラインでの練習(シルクラインを練習に使うのは本来なら駄目ですが)プラスチックラインよりも振りやすいと感じる自分に呆れてました(笑)。竹からグラスへの転換期 フェンウィックと並んでJETは良い竿だったと思います。

    いいね

    1. はいからはくち様 お疲れ様でした コメントありがとうございます
      良いですね、羨ましい限りかもしれません、わいわいがやがやとした中でのキャス練なんてここ最近、(二十年以上?)参加したことが無いなと・・・(笑)
      はいからはくち様の様な方がいらっしゃれば周りにとっても刺激的でしょうね、犀川殖産で出会う若い方に竹竿のダブルと、それもシルクラインですかと驚かれるのが常なんですけれど、こちらとしてはその組み合わせで実釣をしてもらえれば言葉で説明するよりも判って頂けるとか、手間は多少かかりますが自分の釣りを見直す良いきっかけになるのにと思っています
      釣道具の方が長生きですから、預かり物として使ってはいますが使わなければ勿体ないだけ、道具として練れてくれば尚更に輝くと・・・(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください