英国式フライの再訪・・・(笑)

先回の記事で日本のフライは二十年分遅れている等と・・・

フライフィッシングも1970年代からとすれば今や半世紀、重箱の隅を楊枝でほじくり出すと堂々巡りで、それが権威主義にも繋がり、よく言われるガラパゴス化・・・ガラパゴスに対しても悪い言葉ですけどね

フライフィッシングが一般化した1980前後の釣本を見返していると少ない情報しか無かった所に津波の様に押し寄せた米国からのフライフィッシングの情報が良くも悪くも今のフライフィッシングを作り上げたのだと再確認しています・・・(進歩とか進化とかでは無いのですけど)

ドライフライは良く浮いて、良く見えて、手軽に巻けて・・・だけだったのでしょうか?

毛鉤とフライからの目線で見ていると違和感が付き纏います

世界を席巻した米国のジェネティックハックルメーカー、今や一強状態ですけど・・・(メッツもスペンサーもキーオも、多々有りますけれどね)

皆様がご存知のホフマン物語も有りますが余り紹介されていない地域のハックルメーカーの一つ

売っていた釣具屋の親爺すらコックネックじゃなくてヘンネックじゃないのか等と言っていたハックル

パリパリのハックルになる前の1970年代のメッツも入っています

今のジェネティックハックルメーカーの様に長くも無ければ均一の色目では無いのですけれどフライにすると・・・

水面に置いたら視認性はほぼ有りませんけれど絵に描いたような三点支持でちゃんと浮きます・・・ここに進化した今のフロータント処理剤を使ったらそれこそ・・・(笑)

英式で大事にされるゴッサマーもイングリッシュゲームコックも使ってはいませんし、生真面目な米国の人らしいハックルを使うだけです・・・

ケープではグレイダンに茶褐色のゴマ入りに見えるだけですが周囲の景色と光の角度でハックルの色が刻々と変わります

今のフライフィッシング業界を見ていると出てくる人も代わらずに益々、均一化とガラパゴス化が進んでいるようで・・・(笑)

もっと悲しいのが実釣の釣果で優劣を争うフライフィッシングの国際大会で実績を積んだフライは、日本の場合、どこの釣本にも紹介されていない現実がそれを後押ししています、もしかすると小出しにする事で商売の種にしているかも等と穿った考えすら・・・考え過ぎでしょうけどね(笑)

英国式フライの再訪・・・(笑)” への2件のフィードバック

  1. お邪魔いたします。
    ホワイティングに吸収される前のヒーバート スペンサー キーオ チャンタクリア ダービーダン ストークの太くて短い頃のメッツ 昔はジェネティックもそれぞれ個性的でした。今はどれも一緒。悲しいのは どれも裏が白い系統ばかりで透明感がない物ばかりになってきました。おかげで最近はインド産か中国産ばかり使う様になりました。私の行きつけのショップでも英式の毛鉤を使うのは私一人だけです。ハーディーのコレクターはいますが 針や毛鉤まで英式にはしないみたいです。今全てのドライフライを英式や仏式に巻き替えている最中です。来シーズンからはフリーストーンの岐阜の渓でどこまで英式や仏式が通用するのか…
    色々試してみようと思います。

    いいね

    1. はいからはくち様 コメントありがとうございます
      どうしてもハックルメーカーが一強時代ですからくすんだ見映えの悪い、そして巻き辛いハックルは淘汰されて、鮮やかな色、均一な色目、巻き易さに長さと確かに一つの夢が実現はされているのですが一番に大事なところが・・・、それでも生き物ですから個々に違いが出る様で、そんな品は以前紹介したハックルディラーさんが目ざとく見つけて・・・(笑)
      ティップの返りが早くラインスピード重視の竿に合わせてフライは変わって来たと思っているのですけど使えるフライの多様さに優れる、折角のハーディなりシルクラインが勿体ないですね
      それにラインの重さでフックセットする独特の釣り方は竹竿とシルクラインだからこそと思っているのですけど(メンディングするようにフックセット)
      フリーストーンでも充分に、イタリヤやフランスにスペインのフリーストーンときたら北アルプス連峰を流れる渓流そのものですから、不思議な事に和式毛鉤に似たフライも沢山有りますしその地域の環境に合わせて毛鉤もフライも作られてきたんだと実感できると思います

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください