flymph fly patterns

冬季鱒釣り場にフリンフフライは面白い組み合わせかもしれません、ドライフライで楽しめたら好いのでしょうけど現実は北風に打ち消されるのが普通です

キャストも愉しみたいからインジケーター付きの釣り方は煩わしいし、シンクラインとかシンクティップ迄ともなるとちょっと荷が重いかなとか・・・(笑)

フローティングラインや折角ならシルクラインとお気に入りの竹竿で気軽に、帰りは近場の露天風呂でも立ち寄って

使う素材はオウルのセカンダリーと狩猟鳥利用のダックの尾羽、ハックルはフレンチパートリッジの茶毛

オウルのビロードの様な質感が堪りません・・・

山繭をボディマテリアルに使うと・・・

透明な輝きが堪りません

ユスリカへのライズが見られたら・・・

気持ちは春の使者を待ち焦がれます・・・(笑)

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください