mouches japonaisesに寄せて

クリスタル鈎に英国規格のテグス・・・

ハイカラ好きな旧日本製らしい名前から、海用錫鉤やその頃は純金を鍍金した金針かなと思っていたら

クリスタル鉤・・・

次ページ・・・

テグスについて・・・

輸出用毛鉤やフライ製作の最終期(1960年代初頭)に作られていたフライはマスタッド針に確りとしたレシピに則って作られていました・・・釣本で良く言われる「土産物用の安物」とは一線を画してもいたのは良く判ります

年少期では有りましたがこの制作現場にいました・・・

文献で判る和式毛鉤の変遷の概略は以前記載した
「蠅頭」1678年 巻針以前の形
・・・ハス毛鉤に残る形式
「櫻針」1723年「何羨録」
・・・縫針を曲げて手製の釣針を作るのが一般に普及
「巻針」1756年 諏訪湖周辺の巻針
・・・日本で初めて鶏羽根を巻いた針と記述
「菜種鈎」1818~1829年頃
・・・金玉を付けた黄毛の巻針
「漁猟手引」1834年 巻針
・・・文献に初出の毛鉤図「蜂頭」等が掲載される

その後の明治時代初期
中村利吉氏が和式毛鉤と西洋毛鉤の融合を計り釣具製造と輸出を行う
エピソード・・・
その頃は通用していた天保銭を叩いてルアーを作る
日光辺りの鱒釣りはこの方が開拓したらしいとも
・・・幸田露伴「江戸前の釣り」より

日本古来の毛鉤となると京都の蠅頭に辿り着く
その頃はまだ順毛鉤式に羽根のファイバーを縛り付ける形式
ポルトガルより釣針27㎏輸入(1636年?)その後も大量に輸入される
40年ほど後、蠅頭(hae-gasira)京都の伊右衛門が販売
1818~1829年頃に
京都三条河原町東・みすや針の永原屋茂八が菜種鈎(natane-bari)を販売
「菜種鈎」は黄色の小毛を鈎軸に巻き付け鈎頭に金色の玉
(文献では黄色でもその系譜で残るハヤ毛鉤はペールイエローの蜉蝣色)

・・・鮎毛鉤の始まり

1887年に銀座の針・釣針問屋「みす屋針」の当主 中村利吉氏が
初見1881年のトーマス・B・グラバー氏が使用していた
ハーディー社製フライ(鱒鈎)を再度目にした時から日本の毛鉤作りが始まる
鮎の蚊針を作り続けてきた技術とフライの混交を日本の渓魚用に試行錯誤し
国内・国外の展覧会で大成功を収める程の成果を得る
・・・(これが幻とされる日光毛鉤の金胡麻・銀胡麻毛鉤の正体)

・・・中村利吉氏
大英帝国のコモンディレイ・ペンネル氏からも称賛される程の
釣具(鮒竿)を初めて国外展覧会に出品された程の有識者
フライと毛鉤製造だけでなくルアーフィッシングも含む
・・・コモンディレイ・ペンネル氏
先紹介済みのペンネル式フライフック創始者で釣りの著作も多い
英国釣りクラブの重鎮 大英帝国の皇族御用の主漁官
・・・幸田露伴「江戸前釣りの世界」より

先にも述べたように明治時代は全国博覧会が盛んに行われていた時期
鮎毛鉤の伝統とも結びつき毛鉤の製作が全国で行われる
国と言う組織と今後の方針自体が確立されていない明治政府は
極端な西洋信仰を生み出すことでその後の生末を求めるしかなかった状況

京毛鉤の伝統と結びつく鮎毛鉤とハーディー社製フライとの邂逅
岩魚と山女魚の食性に合わせフライから毛鉤へと変貌を遂げて
各地に根付いたものが今に伝わる伝承毛鉤
・・・芹澤一洋氏「毛鉤とはなにか」

乱暴な文章の羅列で申し訳ありませんが業界筋の思惑から外れると以後無い物とされる風潮は今もそのまま、遡上鮎の食性を海生微生物に求め従来の鮎毛鉤研究を基に開発した鮎毛鉤もしかり、テンカラの代名詞ともされるほど有名になった逆さ毛鉤(本来は狭い範囲で使われていた地域色溢れる毛鉤)もしかり、今ともなれば各地に根付いた伝統毛鉤とされるおまけ付き、そもそも「テンカラ」の語源すら・・・(笑)

ペゾン&ミシェルはこの辺で・・・

スチールロッド全盛期のカタログ等・・・

ここに掲載したカタログは興味があるかもしれないと送って頂いたもの、そのお気持ちに三拝九拝いたします

和式毛鉤にとっての一番は文献に多々出てくるその永原屋商品一覧表(凡そ100年程前のものですけどね)・・・(笑)

付記 —————————-

kebari and Mosca・・・2018年の記事から
・・・Mosca イタリア語・スペイン語で蠅の意

Itary Camiole flies
金色若しくは琥珀色に輝くビーズヘッドフライ

京の都で流行ったという「黄毛」に見えてしまう・・・

私にとってのテンカラ釣りはこの動画そのもの・・・ラインの扱いもトバシとは違う廻し振りが山岳渓流の基本、伴う竿捌き、ポイントでの立ち位置、移動中のラインの扱いに釣り場も同じ

日本でのテンカラ釣り動画では余り無いのも皮肉なこと・・・今風テンカラ竿が販売される前は3.3mや4.5mの餌竿を使うのが毛鉤釣りの常套手段

川漁師の毛鉤釣りと山漁師の毛鉤釣りは釣場環境が違うから違って当然では有るけれどこれが本来の山岳渓流での「毛鉤釣り」・・・(笑)

mouches japonaisesに寄せて” への4件のフィードバック

  1. L..R.H.様
    Crystal鉤、他のご紹介ありがとうございました。日本製のテグスはフランス、ベルギーでRacine japonaiseとして販売されていたことは存じておりましたが、”Robuste”という商品名でPezon et Michelが販売していたとは初めて知りました。
    日本の毛鉤の始まりの時点で欧州の影響があった可能性があるというところは本当に興味深く思います。その後、明治には日本の鶏が欧州に渡り、現地のハックルに影響を与えることになる等(今も残るフランスのコック・ドゥ・ペッシュにはヨコハマの血が入っているのが一例)、日欧相互交流の歴史も分入って行くと色々と知らないことが出てきそうに感じました。

    いいね

    1. budsek様 コメントありがとうございます
      毛鉤についてもハックルについてもまだまだですから断定は出来ませんので有る事は有りの儘に、でも輸出されていたのは欧州だけでは無いのですから今後、相互交流の証が出てくるかもしれませんので愉しみです(笑)
      貿易港であった横浜から「ヨコハマ」が旅立ったのならその系統の在来の鶏はとか、将又、在野の鶏を掛け合わせハックルに向けて生産されたその鶏の、今現在はとか興味が惹かれます。

      いいね

  2. こんばんは。
    とても興味深く拝見させていただいています。
    明治維新以来の日本は必死に欧米のものを取り入れようとしたでしょうし、欧米にとっても極東のエキゾチックな国ジャパン(ジャポン)は浮世絵にしても絹糸にしても魅力的で…
    日光には早くから英国の釣道具がもたらされたでしょうね。
    手先の器用な日本人は身近にある素材で、身近な昆虫に似せた毛鉤を巻いてみせたのでしょう。
    日光湯元の板屋旅館に、おそらくアメリカのフルーガー製と思われるスピナーに交じって、木箱に入った金属板を打ち抜いたブレードとスイベルが残されているのですが、ブレードへのアールの付け方など、工作精度はアメリカ製に全く遜色ないものでした。

    2.26事件で暗殺された高橋是清蔵相の二男、高橋是福氏はロンドンのウィンブルドンでミスター・チルトンからフライキャスティングを習い、「…何処へ行っても其土地でマスを釣ろうと思うたなら、先づ其川へ行き其時に盛んに飛び廻っている蝶をとらえ、之れに似た鈎を用いるのが最も間違いのない方法で、夫れには自身で鉤を作る事を覚えるのが最良の策である…」と教わってから、自分で毛鉤を巻くようになったそうで。
    このチルトンさん、アングラーズガイドに掲載されているキャスティングスクールの教授のことなのですね。キャプテン・エドワーズの先代です。
    戦前の日本人は、我々が思っている以上に本格的にフライフィッシングを身に付け、日本の釣りに持ち込んでいたのですね。

    いいね

    1. yugawaski 様 こんばんは コメントありがとうございます
      元々、京毛鉤の存在が有りそれが地方にも広まっていた素養があったからフライに対する理解も早かったと思います
      彼の地に渡る事が出来る程の方なら、彼の地の交友の場としてフライフィッシングが愉しまれていたのですから社交界デビューしたも同義かもしれません・・・
      それを勘違いして無礼な振舞いをする方もいらっしゃいますね(笑)
      京毛鉤が書かれているような古い本には「毛鉤はその川に飛んでいる蟲に合わせる」と書かれていました・・・もしかしたらこれの出処も?
      その京毛鉤の伝統がハス毛鉤(ハヤ・ジンケン毛鉤)には色濃く残り今に伝わっているのですがそれを子供のオモチャとして軽んじたり、見た事も無いような毛鉤と存在そのものを無視する事によって自身の商売に繋げる風潮が今の釣り業界には有るようで・・・(笑)
      そんな逆境を屁とも思わず自身が得たフライフィッシングや毛鉤釣りを貫くにはエドワード・グレイ氏の様に釣を愉しむのが一番かもしれません
      ネット社会の怖さは本職の足元を掬う様な、飯の種を打ち壊す様な事が無名の素人でも軽々と出来てしまうのですから気を付けています
      こんなブログでそれも毛鉤とフライだけで20年以上も続けていると今まで色々と有りました・・・(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください