ウェットフライ Ⅲ・・・ルアー?

京都在住の友人から琵琶湖での氷魚漁開始の映像を送って頂きました

氷魚には色々の思いが有りまして・・・鮎の稚魚

鮎釣りをしていると今迄、憧れだった魚が身近に居るのに気が付きました

酷い時は岩と岩の間を飛び越えようとした足元の深みに尺程度の雄山女魚を3匹程従えた三角の大きな頭がとか、有る時は落ち込みの深みから掛けた小鮎を目掛けて追いかけてきたり・・・

新潟では一般的に、ご禁制の魚ですから見惚れるだけですけど・・・(笑)

3月の解禁で渓流釣りが出来るとなれば新潟の海沿いになるのですが・・・

春先の大岩魚、それも白い大きな斑点がそれこその話はダブりますので省略して、釣れるフライは・・・

氷魚とは似ても似つかないシュリンプパターン(笑)

ルアー釣りの同行者も銀白ミノータイプには反応が無く出るのは定番「赤黒金」

その大岩魚達が喰っているのは氷魚と判っているのに、似せたミノータイプには反応が有りません・・・

試行錯誤が後の荒川鮭釣りで役立ちました・・・(笑)

朝、昼、夕方と色目を変えて違いを鮭に伺ったり、サイズを一般的に使われるサイズより落としてみたり・・・#8程度でも充分に使えました

先回のルアータイプに戻ります・・・

形からするとお花の様ですが(笑)・・・

流れの中では・・・

流れに合わせてフェザー同士がマリードします・・・

ルアータイプと言うよりもソフトルアーに近づきました・・・(笑)

同じ魚にも色々なスイッチが備わっているようだと感じています

===================

長野も白くなりました・・・

拙ブログにご訪問並びにコメントを頂きありがとうございました

来年も皆さまの鱒々のご多幸と楽しい釣りができますよう、ご祈念申し上げます

ウェットフライ Ⅲ・・・ルアー?” への4件のフィードバック

  1. お邪魔いたします。
    はいからはくちです。
    今年は今日まで仕事です。
    名古屋も今朝は雪になりました。
    今年一年 色々御指導 ご鞭撻ありがとうございました。同じような趣向の方との交流は物凄く楽しいです。
    年末手に入れた1958年製の竿は デラックス9フィートです。
    ヤフオクに8半として出品されてた物を落札したのですが 届いて繋いでうちのJETの8半と比べると長い! あれ? これ9フィートだ… でも竹の質も良く バーニッシュも段巻きもガイドスレッドも綺麗 フェルールの擦り合わせも完璧。20年ぶりのデラックス 来年はマーベルと並んで長良川の主戦力になりそうです。
    来年もまた色々御指導 ご鞭撻よろしくお願いします。
    それでは 良いお年をお迎えください。

    いいね

    1. はいからはくち様 コメントありがとうございます
      こちらこそご訪問並びにあたたかいコメントを頂き感謝申し上げます
      9fのデラックスですか、軽快感と素直さが有りながら芯の有る良い竿だと思っています、来年はなお一層、楽しみが増えましたね
      独り善がりでいまだに疑問符ばかりが湧いて出てくる有り様ですからお気づきの点がございましたらどうぞ宜しくお願い致します
      はいからはくち様も良い年をお迎えください、ありがとうございました

      いいね

  2. こんばんは。
    この一年間、楽しくやり取りさせていただき、ありがとうございました。
    諸般の事情によりろくに釣りに行くこともかないませんでしたが、和洋取り混ぜて毛鉤釣りの楽しさに触れることのできた一年でした。
    川に立つだけが釣りではないのだと、本当に不思議な趣味だなぁと。
    来年、初夏の戦場ヶ原に出かけるのが楽しみです。
    それでは、来年も良い年であり鱒ように。

    いいね

  3. yugawaski 様 コメントありがとうございます
    こちらこそ楽しみ多い年を過ごさせて頂きありがとうございました
    yugawaski 様をはじめとする珠玉の様なブログに触れさせていただき感謝申し上げます
    来年も鱒々の良い年になりますように

    いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください