ゼンマイ綿・・・薇綿

久しぶりに山の匂いを嗅いで落ち着きました・・・

今期の初収穫、「薇綿」・・・これを夏まで天日干しして、良く揉みますと中に残るゴミも粉々になりゼンマイの繊維だけに成ります

ゼンマイ綿を採るだけの大株から・・・

40年以上経ったゼンマイ綿は、深い赤味が出てまいります・・・

ここまで待たないとゼンマイ胴、本来の魅力が出て来ないと言い聞かされてきました

前々から書いていますけど

薇織りにする木綿糸と混紡すると、これが何故かNo477に見紛う云々の件は知らない方には想像もつかないだろうなと・・・

こちらをご覧ください・・・ゼンマイ綿

今は古代布と名付けられて、木綿糸では無く絹糸と紡いで高級品扱いですけど昔は野良着、炬燵の中掛けにも使われていましたから山間部では一般的な素材でした

素材となる木綿綿と薇綿の混紡した紬糸は尚更です・・・

薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません

薇綿だけを毛鉤胴にする手法は誰が広めたのだろうと思いながら、旧来のゼンマイ胴毛鉤をご存知の方からのご指導をお待ちしていたのですが・・・知っている人は皆さん石のシャッポを被られてしまったのかもしれません

それとも木綿綿と薇綿を混紡した紬糸を使うのは、一般的では無い特殊なゼンマイ胴作成方法なのでしょうか?

お𠮟りを承知の上で、今に伝わるゼンマイ胴は、ゼンマイだけが強調され過ぎて独り歩き?それともお町の人の垣間見からの誤解?

もう一度・・・(笑)

「薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません」

天日干しして、櫛で梳いて木綿綿と混紡した紬糸をとまではいきませんが、以前からご紹介しているダビングループにゼンマイ綿を撚り込んでゼンマイ胴にするのは、本来とまではいきませんが旧来のゼンマイ胴作成方法に近いと、勝手に思い込んでいます

こちらは40年も待てません、今晩頂きます・・・(笑)

今年の冬は雪が多かったと崩れた崖や雪で折られた木々を見て、実感します(雪代も音を立てて流れています)

春爛漫

桜が開花宣言後、一週間も経たずに桜吹雪・・・一気に春めいて

庭先は・・・和風の面々 日本水仙、春蘭、カタクリ

・・・水仙は原産地がスペインとか北アフリカで、室町時代に中国からもたらされたとは言え(笑)

比べたら洋風のチューリップ・・・何の話かなと(笑)

国営アルプスあずみの公園・・・チューリップが満開

その中に・・・千代紙を感じてしまう一角が有りました

何故か和風を感じてしまう・・・(笑)

侘びとか寂ではないけれど目線を惹かれるのが・・・

黄色の中に小さな白の一輪・・・

釣りブログですから毛鉤とフライに戻ります

同じ素材で毛鉤とフライを巻いてみたら・・・

ボディ材はグース・バイオット・・・この手のウィングならフライでしょうけど

パラシュートパターンなら・・・

昔の英国風・・・

毛鉤で同じ蜉蝣を・・・

もう少し毛鉤に・・・

今が旬の蜉蝣を、同じボディ材で表そうとしてみました、洋式と和式の違いはどの辺りにあるのでしょうか?

和式毛鉤にも「乾毛鉤」が有るのですが一般化されなかったのは何故?はまたの機会に・・・(笑)

===== 釣りシーズン開幕

犀川本流も春本番・・・ジューンバグのブラウンオウル式?

ストリーマーフックですけど狙いは「ヒゲナガ」・・・(笑)

春爛漫過ぎて農作業も全ての果樹が梨も林檎もサクランボも一緒くた・・・本来なら時期が品種によりズレる様にしているのですけど今年は以前にも増して一緒くたでございます

そこに林檎は近年「フラン病」がテンコ盛り・・・伐採作業がプラスされています

気温27度でチェンソー用防護ズボンに防護靴にヘルメットの完全防備・・・汗だくです

支柱に通した番線に密生させた林檎の枝を絡めてありますから、思いもかけない方向から跳ねる小枝から身を守るには必需品・・・応援対応ですから忙しさに構ってはいられませんが暑いです(笑)

道具道楽の愉しみを・・・トップハンドルチェンソーは有難い

前に紹介したチェンソーとは別になりますけど・・・(笑)

スチールMS201TC-EとMS240 ・・・MS201のM仕様でもMS241でもありませんが旧来のキャブ式はいざという時にもその場で対応可能な安心感が有ります・・・

林業専門では有りませんの注釈が付きますけどね・・・何のことやら判らない事を独り言

備忘録として・・・スチール201TC-M チェンソー

MS201Tは山林用(プロ用)として、標準でスチール社の言う切味抜群の「スーパー」PS3・・・フル・チゼル(角刃)が付いているのですけどバー長35㎝、溝幅1,3㎜でも少し荷が重いのかなと・・・?

MS260 バー長45㎝にフルチゼルを付けた時と明らかに切味が変わります

MS260にフルチゼル なら、それこそバーが幹に吸い込まれる様にアクセルワークに合わせて切れていきますから排気量の違いでチェーンの相性が有るのかなと・・・?

MS201Tなら、「マイクロ」セミチゼル(角丸)の方がリンゴの生木相手のあたしには使い易いかな等と感じ出すとバー長は同じ35㎝でも溝幅1,1mmの細身ならとか、チェンソーの深みにハマっていきます・・・(笑)

付録・・・Walbro社サービスマニュアル

キイロタニガワカゲロウ・・・?

先回の続きです・・・種類豊富な蜉蝣ですし、そこに亜成虫なり成虫ともなりますと色だけで同定するのも難しい

あたしの思っているキイロタニガワカゲロウが、もしかしたらキイロカワカゲロウとかシロタニガワ?まさかミドリタニガワかもと思いだすと・・・釣りそっちのけで捕まえるのも愉しいですけどね

「エントロモジスト」の言葉自体に一時、憧れましたけど生来の性分として「眉間に縦皺より目尻に笑皺」ですから、ほどほどに・・・(笑)

モンシロチョウより黄色モンシロチョウを見掛けた方が春の訪れを感じてしまう程度と思って頂いて

鈎は同じくパートリッジ社のE6B #16です

ハックルをスペックルド・ゴールデンバジャーに変えて、キイロカワカゲロウと自己解釈・・・(笑)

リストの黒い部分で腹腔の・・・なんて事を言い出すと切りがございません

番外編は・・・

黄色カナリヤのウィングを付けてパートリッジ社SF3 #14の、小さなホールウィングウェットフライ

春先のお決まり事・・・

どんどん増えて・・・(笑)

百姓強化月間の5月が控えておりますので、その前には釣場に行きたいと思いつつ、雪代で色着く犀川本流を眺めています・・・(笑)

翡翠色の蜻蛉 Ⅱ

山繭胴和式毛鉤で、ご紹介済では有りますが蜉蝣の様々な色で遊んでみました

こちらはラスティダンからバフ色・・・エルモンヒラタカゲロウの雄

色目が出る様にホワイトバランスを調整してみました・・・


色再現は難しいですね・・・完成後、フロータント処理して色目を濃くしていますが判り辛いです

次はサツキヒメヒラタカゲロウ・・・のつもり(笑)

翡翠色の蜻蛉と同じ巻き方です・・・

再度、WB調整・・・フロータント処理して色目を濃くしていますけど

淡い色の違いを画像で伝えるのは難しい・・・鱒もここまで見てくれるのかも含めまして(笑)

自己満足の世界に近づいています・・・和式西洋疑似餌?

乾けばどれもが白っぽい蜉蝣、実釣には利点はないかもしれませんが、使うと判る色変わりが愉しい・・・(笑)

追記 ——————

テールに使えるスペードハックルは無くなりましたね、左はホワイティング社、右はメッツ

メッツならスペードハックルは取れるのですけどその為だけにとは流石に・・・(笑)


只今、受粉作業中です

ハウスの中は春爛漫

翡翠色の蜻蛉

イエローサリーかなと思えるキイロタニガワカゲロウと共に好きな蜉蝣

エルモンヒラタカゲロウの雌・・・この翡翠色が堪らなく素敵です

テールは濃い目のハニーにウィングはコガモのお尻側(油分は多いです)

ウォーリーウィング仕立て・・・

ダビング材は山繭の翡翠色・・・

こちらを薄巻き・・・

ハックルはPMD、全体的には白っぽいのですけど・・・

白色の中に翡翠色を閉じ込めて・・・(笑)

糸魚川の海辺で拾った翡翠

左側は軟玉(Nephrite)、右側が硬玉(Jadeite)・・・ITOIGAWA-JADE

右側の硬玉の中には翡翠色が僅かに・・・

ほんの僅かに翡翠色が有るだけで石全体が翡翠色・・・

山繭・・・特性として濡れると透明感が出て色味が増します

こんな処も翡翠に似ています

追記 —————

ブログの保存容量を越えたらしく?、容量一杯のバッテンマークが出て、暫く更新ができませんでしたがシステムエラーだったようです

容量限度が有る物ですから、いずれ更新が途絶えるかもしれませんが、もうしばらくお付き合いをお願いいたします