ウェットフライのハッチマッチャー?

これから犀川殖産本流のそれこそゴールデンシーズンが始まるのですけど、所々にゲリラ豪雨がと成りますとそれらが流れ込む本流は濁りがなかなか取れません

通年なら10月初旬から紅葉となる川岸の木々を眺め、減水して澄み切った流れの縒れで時折ライズする姿が見える・・・はずです

シングルハンドで勿論フローティングラインにドライフライでアップストリームが愉しめます

ただ岸辺にそのライズする縒れが有ればなんですけどね・・・(笑)

各河川が禁漁期間ともなれば通年解禁の犀川殖産地域は一時、賑いますからそのライズが奥へ奥へと離れていきます

そんな時は、ハーディ社のダブルハンド竹竿の本領発揮、それもホバー状態を調整し易いシルクラインでグリースルドなんてね

鱒達はこの時期、カゲロウに興味が移りますからフライをやっていて良かったと思う事も度々です

前置きが長くなり出しましたので・・・

オータムダンとかオータムスピナーパターンも過去記事で出てまいりますから今年は・・・

先回のシルバーマーチブラウンのボディ材をバフ色のシルクに変えてウィングをダウンウィングに・・・

先回のと比べてもそれこそ代わり映えしてませんけど

信頼のパートリッジ社SF11#12にフックを変えて

笑い話ですけど・・・

某フォーラムに同一パターンを、使うフックだけ変えて4種類程を記事として出したのですがAIにスパム認定されて掲載前に注意を受けてしまいました(笑)

でもね、優れたAIよりも鱒の目は確かだと実感しています

先回のフジ林檎の成木の幹割れと同じく台風被害が無かったされてはいても・・・

決してコンバインで芝刈りをしている訳ではありません泥だらけで涙が・・・

シルバーマーチブラウン

ご無沙汰しておりました、ご心配の連絡もありがとうございました。

唐突に・・・

山岳渓流用の標準(最低限)装備品・・・9㎜、20mのザイルに10㎜、10mのお助けロープと60㎝と120㎝のシュリンゲに捨て縄等

コングのエイト環にスワミ・ベルト・・・四十年以上経ちました(笑)

それらが今は・・・

ペツルのシットハーネスやら・・・

アッセンダー、ディセンダーにプーリーやらポジショニング用とか、安全対策とはいえ、重くなりました・・・結局はプルージックでバックアップ(笑)

装備品を見れば山用よりは重点が木登り用に代わって来ました・・・

登山用品も変わりました・・・エーデルリッドのプルージック・コードは変わりませんね

シュリンゲの呼び名がスリングに代わったのは判るのですが、今風の煌びやかなアウトドア・ショップともなると「細引き」が通じなくなってきたのは時代の流れ

アクセサリー・コードと呼び変えてやっと通じるこの時代、その昔は山に入るなんて余程の物好きか変り者だったと思い返します・・・(笑)

フライもと思いきや・・・数々のパターンが生まれ、時代の流れに埋もれても残る銘パターン

そんな一つがこの「シルバーマーチブラウン」かなと思います

釣友が仕事で一ヶ月程、小樽に行くとの事で渡したフライボックス

見事にシルバーマーチブラウンだけがごっそりと無くなっております

彼の地の標準サイズ40~45㎝の虹鱒に有効だったようで・・・補充用を急遽、巻き貯めております(笑)

後は・・・

プロフェッサーとか・・・

「幻」が現地の方々の努力で云々、釣り上げられなかった時に使ったフライも・・・

釣場は羆が多くて現地の方が居ないと釣りどころでは無い等と、怖い事を言っておりました

そんな現地の方々は海での桜鱒狙いが今は旬・・・そんな時期なのに、ご迷惑をおかけしたらしい

こちらは妙高のツキノワグマの熊座・・・辺りは栃の実の殻が沢山

半径2m程ですけど、ここにエンチャコ(座って)栃の実を食べていたかと思うと・・・

山は秋・・・竜胆の花盛り

里は何かと忙しい・・・(笑)

今後とも宜しくお願い申し上げます。

付記 ———————–

思い込みなんですけど、魚が擦れてくるとウィングとボディを細くしてスロートハックルがウィング前のラウンド・ハックルに変わり・・・

比べても変わり映えはしないのですが・・・(笑)

もっと全体的に細くしたりしています・・・思い込みですけど