毛鉤雑感 Ⅱ

先回の続きです・・・(毛鉤雑感と題を付けながら離れ過ぎました)

使う鈎・・・

定番の袖針・・・フライフックなら#10程度(岩魚針を想定してます)

下巻き・・・

蛇口糸を付けて・・・チチワは小さめです

絹糸で花入を巻き付けて・・・

胴巻きは黒絹糸・・・

シルバーワイヤーを使って銀ネジ仕上・・・蓑毛を仕立てて

元巻きは、僅かにピーッコックソードを覗かせて・・・

蓑毛は笠巻・・・

ニードルに差し替えて、蛇口糸までヘッドセメント塗布・・・(針素が結び易く成ります)

下側は絹糸仕立ての「烏毛鉤」、次が花入に黄色錦糸で「蛍毛鉤」

蚊頭針から岩魚毛鉤へと・・・(笑)

昔話で恐縮ですがテンカラ創成期に謎とされた「キヨシ毛鉤」も、元を糺せば蚊頭針の「歌姫」

先回の山女魚毛鉤も・・・

蚊頭針の「蜻蛉」胴巻きを絹糸仕立てで、丈夫にしてみました

広告

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください