French Partridge Mayfly

French Partridge Mayfly
・・・中・大型の蜉蝣に欠かせない優れたパターン

Olive French Partridge Mayfly

DSCF7228
Olive French Partridge Mayfly

テール   オリーブ・フェザントテール
ボディ   ラフィア他(山繭)
パーマーハックル ライトオリーブ
ハックル  オリーブ・フレンチパートリッジ

・・・French Partridge
素材自体が魚を惹きつける素材の一つ
難点は羽根自体が大型なので
フライサイズに合わせた調整方法が必要な点
調整方法は先掲載の二重巻き毛鉤と同じ様
ボディに使う山繭は濡れると透けて
巻いたオリーブスレッドの色が出てきます

広告

Hackle Hopper

Hackle Hopper
・・・ラビットファー・クラレット・黒
Hare’s Ear Hopper
Claret Hopper
Bristol Hopper Black

DSCF7229
Hackle Hopper

・・・ラビットファーにはコッキーボンデュ!
“Hopper Hackle”と単語の並び順でパターンも変わります

バリエーションの多さは先の”Cruncher fly”並み
“English style Hopper Fly”は様々な羽虫を表現します
シングルノテッドフェザントテールを使うフライパターンは
日本で紹介されたのが「ダディロングレッグ」ガガンボパターン
英式フライの影響が強く残る地域に使われていますが日本では
その英式フライ自体がチョークストリーム用メイフライパターンに
関心が寄せられていた為に余り紹介されていない不遇のフライです

「ホッパー=バッタ」と直訳されたためでしょうか?
本来なら「ホッパー=羽虫類」と理解されていれば
・・・渓魚が好む蜘蛛すら範疇に含まれていますから
もっと活用されていたかもしれないドライフライパターンです

・・・この点では
なんとなくテンカラの語源「テフテフ」と同じ類の匂いがします

大型の蜉蝣が出る季節になれば釣れ過ぎて面白味に欠けると
竿を置く当時の貴族並みの矜持が有れば使わないパターンかも
もっとも
見えず、浮かばず、結ぶのが面倒の三重苦ですから

“Bristol Hopper Black”に和のテイストを加えて

DSCF7231
Bristol Hopper Black

山繭胴に朱の先玉付き
ウォーリーウィングを付けて
それこそ何でも有の満漢全席(笑)

Hackle Hopper 番外編 ———————–

シンプルなパターンにウィング附けて遊んでいます

DSCF7232
Hackle Hopper

フォーム材でも遊んでみます

Hackle Spider?
・・・(笑)

DSCF7233
Hackle Spider

Soldier Beetle

Soldier Beetle
・・・英国トラディショナルのフライ

バリエーションには
Pryce Tannatt氏やTaff Price氏

Soldier Beetle
・・・Pryce Tannatt

DSCF7225
Soldier Beetle・・・Pryce Tannatt

ボディ  オレンジスレッド(オレンジシールズファー)
      フェザントティペットのバー部分を残す
ハックル ライトジンジャー(クリームバジャー先黒)

丸っこいグレートレイクビートルに対し
長めのシルエットのビートル・パターン
・・・シェルバックのティペットを爪でしごいて艶を出します 

Cruncher fly

Cruncher fly
・・・ロッホスタイルの定番

イマージャーなのかニンフなのか
和式毛鉤のハス毛鉤に似ているかもしれない(笑)

Cruncher fly
・・・黒・赤・オリーブ

DSCF7226
Cruncher fly

テール   ゴールデンフェザント・バックフェザー
ボディ   フェザントテール各色染色
ソラックス 山繭・ハーズイヤー
ハックル  サドルハックル各色染色
チーク   バイオット(ジャングルコックの代用)

名前を忘れてしまったフライ

DSCF7216

白のウィングが印象的
渓流域でも湖水でも効果を感じる・・・

DSCF7217

Carrot Fly Ⅱ

Carrot Fly Ⅱ
・・・和式毛鉤の「猩々」に見えて

和洋折衷型”Carrot Fly”

ボディ材に和のテイストを織り込みます(笑)
通常ならオレンジ・シールズファーだけですが
そこに山繭のホットオレンジ染色を加えてループダビング

DSCF7221
Carrot Fly

ボディ材を搔き出します

DSCF7222
Carrot Fly

ツイストワイヤーで締め込みます

DSCF7223
Carrot Fly

山繭の煌めきはシールズファーに負けません(笑)

DSCF7224
Carrot Fly

「猩々」と”Carrot Fly”の和洋折衷です・・・(笑)
・・・山繭と元巻きにピーコック・ソード 

 

Great Lake Beetle

Great Lake Beetle

・・・もしかすると厄介者のJapanese Beetle?
タスマニヤまで行っていないと思いたい・・・

Great Lake Beetle

DSCF7220
Great Lake Beetle

テール       ティペット赤染色
アンダーボディ   ピーコック・ソード
シェルバック    黒フォーム材
ハックル      オリーブ色グリズリー・パーマーハックル
フロントハックル ホットオレンジ

コロンとした丸さが可愛いフライです(笑)

Grass Hopper Fly

Hopper-Hackle
・・・Australian grasshopper pattern

一般的にはフォーム材使用パターンが多いのですが
昔のパターンに”Hopper-Hackle”が有ります
別名”Grass Hopper”とも呼ばれています

Hopper-Hackle

DSCF7214
Hopper-Hackle

テール  クラレットファイバー
ボディ  ラフィア
ハックル ゴールデンフェザント・ティペット
ブラウンパートリッジ・バックフェザー

DSCF7215
Hopper-Hackle

ラフィアの代わりにバッタの腹部らしい
忘れられたフライ素材の
ポーキュパインを使っています
今ならワイルドボアも面白そう
素材の点でも古さを感じてしまいますが
天然素材が云々だけで無いと思いたいし
優れた化学繊維の性能を感じつつ
余りにもリアリスティックなフライは
何と無く飽きが早い様にも感じます

Lake Fur Fly

Lake Fur Fly

タスマニヤのレイクフライとして
敬意を表すために先ずはご紹介

Bassano’s Fur Fly
・・・Christopher Bassano作

タスマニヤの著名なFlyFisher
Fulling Mill companyと契約
現オーストラリアン・フライのイメージを
作り上げた印象を感じています

ボディ  黒スレッド ホットスポット・オプション
テイル  ゴールデンフェザントティペット・オプション
ウィング ラビットファー
ヘッド  ピーコック・ハール
…販売品の為、控えます

Lake Fur Fly ————————

フライなのかルアーなのか区別をつける必要は・・・(笑)
all-purpose Lake Fur Flyとして

DSCF7212
all-purpose Lake Fur Fly

・・・扁平ボディが秘密です

DSCF7213
all-purpose Lake Fur Fly

Wooly Worm・Damsel Fly・Muddlers Fly
細くしたり、長くしたり、光らしたり
ボディをシルバーにしてミノーに見えたりと
世界中で使われるパターンに鱒も食傷気味かも?

お勧めは「ガーサイド・スパロー」かもしれません
・・・Fur Flyでは有りませんが(笑)

Jack Gartside ・・・The Sparrow

DSCF4991
ガーサイド・スパロー

此方は日本雉バリエーションです

English style Hopper Fly

English style Hopper Fly
・・・チマチマ仕事の成果が出ます(笑)

英国式バッタ毛鉤はバッタだけを模したもので無い
・・・なんて事を書き出すと何が何だかですが(笑)

英式スティルウォータードライフライとして
アリやカブトムシなどの陸生生物とともに
ユスリカ、メイフライ、カディスまで表します

英式スティルウォータードライフライは
水面上にポッカリと浮かぶ米式と違い
水面に低く、低く浮かぶ姿勢が要です
ボディは細身で左右に結ばれたフェザントテール
・・・上側に向くか下側に向くかの拘りも

シールズファーは油分が染み込むと
浮力を得て水面に低く浮かびます

定番のBristol Hopper以外にも
Hare’s Ear Hopper
Black jungle cock hopper
Bibio Hopper等のバリエーションが有ります

Single Knotted Pheasant Tailで
アトラクター・パターンとしても使える
jungle cock Bibio hopperでも

jungle cock Bibio hopper

DSCF7211
jungle cock Bibio hopper

ボディ  シールズファー&リブ
レッグ  結んだフェザントテール
ウィング 各種・オプション
ハックル コックネック
・・・LAKE FLIES ですから(笑)

Carrot Nymph

Carrot Nymph
・・・様々なパターンが見つかります(笑)

キャロット・フライ自体がニンフですから
此方はフライ自体に少し重さを乗せてみます
・・・実釣用にGBヘッドで如何ですか?

GB-Carrot Nymph

DSCF7210
GB-Carrot Nymph

テール    グリズリー・オリーブ染色
ボディ    オレンジ・シルクスレッド
シェルバック ピーコック・ソード
ソラックス  ピーコック・ソード
リブ     シルバーラウンドティンセル
ハックル   グリズリー・オリーブ染色