mouches japonaisesに寄せて

クリスタル鈎に英国規格のテグス・・・

ハイカラ好きな旧日本製らしい名前から、海用錫鉤やその頃は純金を鍍金した金針かなと思っていたら

クリスタル鉤・・・

次ページ・・・

テグスについて・・・

輸出用毛鉤やフライ製作の最終期(1960年代初頭)に作られていたフライはマスタッド針に確りとしたレシピに則って作られていました・・・釣本で良く言われる「土産物用の安物」とは一線を画してもいたのは良く判ります

年少期では有りましたがこの制作現場にいました・・・

文献で判る和式毛鉤の変遷の概略は以前記載した
「蠅頭」1678年 巻針以前の形
・・・ハス毛鉤に残る形式
「櫻針」1723年「何羨録」
・・・縫針を曲げて手製の釣針を作るのが一般に普及
「巻針」1756年 諏訪湖周辺の巻針
・・・日本で初めて鶏羽根を巻いた針と記述
「菜種鈎」1818~1829年頃
・・・金玉を付けた黄毛の巻針
「漁猟手引」1834年 巻針
・・・文献に初出の毛鉤図「蜂頭」等が掲載される

その後の明治時代初期
中村利吉氏が和式毛鉤と西洋毛鉤の融合を計り釣具製造と輸出を行う
エピソード・・・
その頃は通用していた天保銭を叩いてルアーを作る
日光辺りの鱒釣りはこの方が開拓したらしいとも
・・・幸田露伴「江戸前の釣り」より

日本古来の毛鉤となると京都の蠅頭に辿り着く
その頃はまだ順毛鉤式に羽根のファイバーを縛り付ける形式
ポルトガルより釣針27㎏輸入(1636年?)その後も大量に輸入される
40年ほど後、蠅頭(hae-gasira)京都の伊右衛門が販売
1818~1829年頃に
京都三条河原町東・みすや針の永原屋茂八が菜種鈎(natane-bari)を販売
「菜種鈎」は黄色の小毛を鈎軸に巻き付け鈎頭に金色の玉
(文献では黄色でもその系譜で残るハヤ毛鉤はペールイエローの蜉蝣色)

・・・鮎毛鉤の始まり

1887年に銀座の針・釣針問屋「みす屋針」の当主 中村利吉氏が
初見1881年のトーマス・B・グラバー氏が使用していた
ハーディー社製フライ(鱒鈎)を再度目にした時から日本の毛鉤作りが始まる
鮎の蚊針を作り続けてきた技術とフライの混交を日本の渓魚用に試行錯誤し
国内・国外の展覧会で大成功を収める程の成果を得る
・・・(これが幻とされる日光毛鉤の金胡麻・銀胡麻毛鉤の正体)

・・・中村利吉氏
大英帝国のコモンディレイ・ペンネル氏からも称賛される程の
釣具(鮒竿)を初めて国外展覧会に出品された程の有識者
フライと毛鉤製造だけでなくルアーフィッシングも含む
・・・コモンディレイ・ペンネル氏
先紹介済みのペンネル式フライフック創始者で釣りの著作も多い
英国釣りクラブの重鎮 大英帝国の皇族御用の主漁官
・・・幸田露伴「江戸前釣りの世界」より

先にも述べたように明治時代は全国博覧会が盛んに行われていた時期
鮎毛鉤の伝統とも結びつき毛鉤の製作が全国で行われる
国と言う組織と今後の方針自体が確立されていない明治政府は
極端な西洋信仰を生み出すことでその後の生末を求めるしかなかった状況

京毛鉤の伝統と結びつく鮎毛鉤とハーディー社製フライとの邂逅
岩魚と山女魚の食性に合わせフライから毛鉤へと変貌を遂げて
各地に根付いたものが今に伝わる伝承毛鉤
・・・芹澤一洋氏「毛鉤とはなにか」

乱暴な文章の羅列で申し訳ありませんが業界筋の思惑から外れると以後無い物とされる風潮は今もそのまま、遡上鮎の食性を海生微生物に求め従来の鮎毛鉤研究を基に開発した鮎毛鉤もしかり、テンカラの代名詞ともされるほど有名になった逆さ毛鉤(本来は狭い範囲で使われていた地域色溢れる毛鉤)もしかり、今ともなれば各地に根付いた伝統毛鉤とされるおまけ付き、そもそも「テンカラ」の語源すら・・・(笑)

ペゾン&ミシェルはこの辺で・・・

スチールロッド全盛期のカタログ等・・・

ここに掲載したカタログは興味があるかもしれないと送って頂いたもの、そのお気持ちに三拝九拝いたします

和式毛鉤にとっての一番は文献に多々出てくるその永原屋商品一覧表(凡そ100年程前のものですけどね)・・・(笑)

付記 —————————-

kebari and Mosca・・・2018年の記事から
・・・Mosca イタリア語・スペイン語で蠅の意

Itary Camiole flies
金色若しくは琥珀色に輝くビーズヘッドフライ

京の都で流行ったという「黄毛」に見えてしまう・・・

私にとってのテンカラ釣りはこの動画そのもの・・・ラインの扱いもトバシとは違う廻し振りが山岳渓流の基本、伴う竿捌き、ポイントでの立ち位置、移動中のラインの扱いに釣り場も同じ

日本でのテンカラ釣り動画では余り無いのも皮肉なこと・・・今風テンカラ竿が販売される前は3.3mや4.5mの餌竿を使うのが毛鉤釣りの常套手段

川漁師の毛鉤釣りと山漁師の毛鉤釣りは釣場環境が違うから違って当然では有るけれどこれが本来の山岳渓流での「毛鉤釣り」・・・(笑)

The Fan Wing Dry Fly Ⅱ

「MOUCHES DE MAI 」がフランス版のモンカゲロウなら日本産のモンカゲロウ・・・

シルクボディにシルクのリブ、ウッドダックに似せたダイドのマラードフェザー

ハックルは自家染色したスッペクルドシルバーバジャー

本家版と並べて見ます

フランス版はヘッドにピーコックハール巻き・・・写真では判り辛いです

使った鉤はパートリッジ社山女魚#16・・・

ブラックフィニッシュ仕上

マラードフェザーを眺めていたら・・・

同じマラードフェザーを使ったウォーリーウィング版

マテリアルは一緒でも・・・

ウォーリーウィングを発案した人はやっぱり天才と思います

並べて見るとどちらも良いですけどね・・・(笑)

ウォーリーウィング作成には何かとお世話になるミューシュリン赤が欠かせません

今風のファンウィングフライを来期に向けて巻き貯めてみようかな等と秋の夜長を過ごしています

雑記 ——————

只今、フジ林檎の収穫、真最中です

林檎の木を上から見る事は余り無いかもしれませんから・・・(笑)

The Fan Wing Dry Fly

最初に見たのが幼少期の輸出用フライの製作現場、例えは悪いのですけどピンポン玉、将又、白色やら黄色に染めた大振りの羽根が目立ち過ぎてさながら、蝶々の様

今迄、実釣用には向かないと勝手に思っていましたが1929年のペゾン&ミシェルのパンフで再び出会って巻いてみると華が有って良いもんだなと考えを新たに・・・

使った鉤はパートリッジ社島崎氏監修「山女魚」ダウンアイとアップアイがシリーズ化していました・・・これもパートリッジ社には資料が残っていないそうです

鴨から採れるウィング用の羽根なら、コックネックやらヘンネックとは比べ物にならないくらい豊富に生えていますから狩猟鳥が一羽有れば一生分有りますし(笑)

ウィング素材は小鴨、ウィスクは山鳥の尾羽、どちらも松本市池田町産狩猟鳥利用です・・・どちらも狩猟では狩りにくい種類、それをエアーライフルで仕留めるのですから凄腕のハンターの才と、スキンを手に取る度に惚れ惚れしています

ウィスクス(テール)素材はムースやらマングースとか色々と試してみましたが山鳥の尾羽は使い易いです

今の様に効果の高いフロータント処理剤が有ればスタンダードハックルパターンよりもしぶとく浮かび続けるのではとの思惑も働いて・・・食わず嫌いも程々にしないといけません

巻いた後処理用と現場用ですがどちらも優れています・・・

漬け込みましたので濡れそぼっています・・・

室温10℃前後でも4~5分で乾きますから使い易いです・・・復活

そのまま放り投げて針先を下に正立したら鉤とマテリアルのバランスが取れているとみます・・・取り敢えず良さそうです

昔のパターンの様に羽根一枚をそのまま使うには流石に太いティペット、シルクラインと竹竿の組み合わせでも使い辛そうなのでそこは摘便、修正を加え乍ら・・

先ずはネット検索で・・・ほとんど有りません?、忘れられたフライ以上に過去の遺物のような有様

ファンウィングフライが現役当時でも太いシルクガット(ティペット)の撚れが我慢ならないとして嫌われていたのですからさもありなん・・・(笑)

VMC Hooks

French fish hook manufacturer since 1910

VMC Hooks

フランスの釣具製造メーカー

余り紹介されていないのも・・・

ベンド部分だけを平打ちにしています

包装他・・・

ラウンドベンドの一般的なストリーマーフックと思っていましたがシャンクの前寄りの部分から僅かに上に曲げられています、製造上での差異かと他のフックも確認したところ全てのフックが・・・

なんとなく昔の「ペネリフック」を思わせる出で立ち・・・

独創性と斬新性で宇宙船とも呼ばれた仏車シトロエンDSのエヤーサスにも通じる思いを感じました・・・

日本固有種「ヒゲナガカワトビケラ」に合わせて・・・

オリジナルデザインは「The Brown Owl Fly」です

もう少しこのフックにパターンを合わせて・・・

前半部分の僅かに挙げられたシャンクのカーブを活かしてみました

端正なパートリッジ社ですと・・・

スッキリと仕上がります

このパターンなら此方のフックかなと・・・

バイスに挟んであるから判るだけの違いです、フライボックスの中に並んでいたら判らないかもしれません・・・


キノコの時期も終盤に入りました・・・ヒラタケです

優れた食用キノコで栽培種名は「信州シメジ」です

flymph fly patterns

冬季鱒釣り場にフリンフフライは面白い組み合わせかもしれません、ドライフライで楽しめたら好いのでしょうけど現実は北風に打ち消されるのが普通です

キャストも愉しみたいからインジケーター付きの釣り方は煩わしいし、シンクラインとかシンクティップ迄ともなるとちょっと荷が重いかなとか・・・(笑)

フローティングラインや折角ならシルクラインとお気に入りの竹竿で気軽に、帰りは近場の露天風呂でも立ち寄って

使う素材はオウルのセカンダリーと狩猟鳥利用のダックの尾羽、ハックルはフレンチパートリッジの茶毛

オウルのビロードの様な質感が堪りません・・・

山繭をボディマテリアルに使うと・・・

透明な輝きが堪りません

ユスリカへのライズが見られたら・・・

気持ちは春の使者を待ち焦がれます・・・(笑)

英国式フライの再訪・・・Ⅱ

純粋な英国産の英式フライでは無い事を再度申し述べさせていただきます

先回の瑠璃コンゴウインコ版をコカゲロウとして今回はオオクママダラカゲロウ(笑)

使うハックルは・・・

米国産スペンサーハックル

この赤味に溢れるコーチマンレッドが堪りません・・・

併せるボディマテリアルは紅コンゴウインコ・・・

裏面の赤色

どんな感じかと・・・

地色が赤色にリブが瑠璃色の組み合わせ・・・角度によって色が変わります

染色では無いナチュラルだからこそ黒に近いダーククラレットも有ります・・・

マーチブラウン(カゲロウパターンの万能型?)

使う鉤はダイイチ・・・

先回のガマカツがスプロート型とすればこちらはラウンドベンド

今様でもアップアイ・・・(笑)

トラディショナルな出で立ちです

使ったハックルは・・・

インディアンコックですけど浮力は優れます・・・

ちょっと古めのマーチブラウン様式・・・しぶとく浮かび続けます

秘密はテールにも有ります

カイトインペリアルの作者カイト氏がスレッド一巻きでテールを扇型に広げます・・・キャッツキルが云々も有りますけど、どうやらこのアイディアは・・・(笑)

モンカゲロウなら・・・

チャイニーズコックとフロントハックルにフレンチパートリッジのバックフェザー

ラスティダンの色目が欲しかったので・・・

同様の組み合わせで春・秋と出番の多いヒラタカゲロウ・・・亜成虫に近いかな

ヒメヒラタカゲロウかもしれませんけどね

黄色の春の使者、タニガワカゲロウとか・・・

そこに手を加えてみたり・・・

ジェネティックハックルは、一つの選択肢かも・・・(笑)

英国式フライの再訪・・・(笑)

先回の記事で日本のフライは二十年分遅れている等と・・・

フライフィッシングも1970年代からとすれば今や半世紀、重箱の隅を楊枝でほじくり出すと堂々巡りで、それが権威主義にも繋がり、よく言われるガラパゴス化・・・ガラパゴスに対しても悪い言葉ですけどね

フライフィッシングが一般化した1980前後の釣本を見返していると少ない情報しか無かった所に津波の様に押し寄せた米国からのフライフィッシングの情報が良くも悪くも今のフライフィッシングを作り上げたのだと再確認しています・・・(進歩とか進化とかでは無いのですけど)

ドライフライは良く浮いて、良く見えて、手軽に巻けて・・・だけだったのでしょうか?

毛鉤とフライからの目線で見ていると違和感が付き纏います

世界を席巻した米国のジェネティックハックルメーカー、今や一強状態ですけど・・・(メッツもスペンサーもキーオも、多々有りますけれどね)

皆様がご存知のホフマン物語も有りますが余り紹介されていない地域のハックルメーカーの一つ

売っていた釣具屋の親爺すらコックネックじゃなくてヘンネックじゃないのか等と言っていたハックル

パリパリのハックルになる前の1970年代のメッツも入っています

今のジェネティックハックルメーカーの様に長くも無ければ均一の色目では無いのですけれどフライにすると・・・

水面に置いたら視認性はほぼ有りませんけれど絵に描いたような三点支持でちゃんと浮きます・・・ここに進化した今のフロータント処理剤を使ったらそれこそ・・・(笑)

英式で大事にされるゴッサマーもイングリッシュゲームコックも使ってはいませんし、生真面目な米国の人らしいハックルを使うだけです・・・

ケープではグレイダンに茶褐色のゴマ入りに見えるだけですが周囲の景色と光の角度でハックルの色が刻々と変わります

今のフライフィッシング業界を見ていると出てくる人も代わらずに益々、均一化とガラパゴス化が進んでいるようで・・・(笑)

もっと悲しいのが実釣の釣果で優劣を争うフライフィッシングの国際大会で実績を積んだフライは、日本の場合、どこの釣本にも紹介されていない現実がそれを後押ししています、もしかすると小出しにする事で商売の種にしているかも等と穿った考えすら・・・考え過ぎでしょうけどね(笑)

Pheasant Tail Nymph Ⅱ

有名なパターンですから重複を避けるため使う鈎に合わせての策+重箱の隅+戯言・・・一般的な事は拙ブログでも(笑)

ソーヤー氏自らの動画が残っているのですからテールの長さがどうこうとか、使う銅線は云々も無いのですけど情報量の圧倒的に少ない時代はその程度で喧喧囂囂、充分に楽しめました

THE MASTERS ON THE NYMPH ・・・Edited by J.Michael and Leonard.M.Wright.Jr ilhastrated by Dave Whitlock

ニンフの達人たち  1981年11月15日 和訳本・初版

彼の地とは20年以上の開きが有るなとか、情報はアメリカからだったと感じてしまいます

マスタッド針No3906 #14にフェザントテールニンフを巻くことが多かったのですが少し大きい程度の虹鱒には悉くベンドを伸ばされ(若気の至りではあります)、同じマスタッド針No3906に太軸のNo3906Bが有る事を知り、以後はこちらを使うようになりましたが、ソラックス部にピーコックハールを巻く、アメリカ版フェザントテールニンフには良くても全体的に太目になり過ぎてソーヤー氏のフェザントテールニンフから離れていきます

オリジナルタイイング方法で・・・(髪の毛程度のエナメル線をシャンク一杯に巻く)

シャンクに巻く銅線をスレッドに置き換えて・・・

髪の毛程度でも太さに違いが出ます・・・

マテリアルはお勧めの「日本雉尾羽」です、ネザーエイヴォン・スタイルに巻き戻したウィングケースが、日本雉独特の裏面の黒色が生きる気がします

奇跡とも感じる本人のタイイング動画が紹介されているのにオリジナルレシピでもオリジナルタイイング法でもありませんが、私には一般的なフェザントテールよりも効果的なパターンと感じています・・・素人の手前勝手だからこそ、毛鉤もフライも、逸脱しない程度に伝統よりは伝承の方がと・・・密やかな釣人の愉しみの範疇ですけどね(笑)

私家版 ウィング・ド・イエローボーイを添え・・・

W.Lunn氏の名作ですけど此方で飛んでいる蜉蝣に合わせました(笑)

french partridge may fly ~ から

本流域で良く使うのが「french partridge may fly」

ストラッドバグかもしれないけれどネット画像を見ると様々なパターンが同名で有るし色違いを除けば、大別してボディハックルが有るのと無いのに分けられるかなと・・・

アイリッシュスタイルで纏めてみました・・・(笑)

当初はビニヤード社「500 FLY DRESSINGS」に出ているようなボディハックルを纏った一般的なフレンチパートリッジメイフライパターンを使っていたのですが、使っているうちにボディハックルは必要無いかも等と考えだし、実釣でも反応が明らかに違いが出てボディハックル無しのパターンへと変わっていったのです

私家版 フレンチパートリッジ・・・

その後、フライの名称、其の物ののフレンチパートリッジをパートリッジに置き換えて、今に至るわけですが当初の気持ちはフレンチパートリッジメイフライでも実際はパートリッジオータムダン

ドライフライパターンも愉しんでいます・・・

ドライフライに特化したり・・・

将又、好きなハス毛鉤の「歌姫」と合わせてみたり・・・

オリジナルレシピからは逸脱過ぎて別パターンは良くある話ですけれど、それも密やかな個人の愉しみの内でしょうし、オリジナルレシピを追い求めれば作者に製作年度に対象とそこに釣り方、釣場まで加味されて参りますから読物としてはそのフライパターンへの理解が深まるのですが・・・(笑)

好きなマテリアルは誰しもがあるわけで、自分にとって好きなマテリアルの一つが「フレンチパートリッジ」

フレンチパートリッジを使ったドライフライ?沈んでしまったら使い方はフリンフフライかもしれませんし、毛鉤もフライも様々な組み合わせが愉しめるダブルハックル仕立てが好きなだけかもしれませんけど・・・(笑)

でもオリジナルレシピに忠実は基本かもしれませんが、そこを踏まえて自分好みに合わせるのも毛鉤とフライの愉しみだと思います・・・yugawaski様のコメント「最近、レシピに忠実に巻くのが苦痛になりまして(笑)」・・・共感を感じます(笑)

使うフライの年代について

流石にハックル無しのモノポストウィングを通常に使うとまでは考えていないのですけど・・・(笑)

折角のハーディ竹竿で使うなら使う竿に合わせて1950年代頃が一番に華やかで、次世代のグラス竿やグラファイト竿の兆しが垣間見える頃が好みに合っているのかなと思ってはいますが、日本に入って来た情報が一般化して認知され出したのが1970年代後半ですから、そのあたりで彼の地とは、20年近くズレがあるような気がします・・・

A Way to The Complete Fly Tier

”THE FLY TYING”

ザ・フライ・タイイング 鈴木俊一氏 著作 1987年3月初版

今、見返してみると一般的に使用するフライフックとして、ドライフライならパートリッジ社CS32とかコードBに、シーリーSF2U/E、ウェットフライに至っては当然の如くJ1A、G3Aを使うとしてリマリックかスプロートとして名前すら出てまいりません・・・その当時の流れからすれば懐古趣味の様なものですけれど良い時代だったと感じます

その前の世代となればそれこそ原書すらですから、只々、カタログに目を光らせて居ただけ、如何に1980年代から1990年代の情報量が多かったのかと、今更ながら驚きますし、華やかでした

1973年製造のハーディ社、JET・8.6F・6番で大まかなFF釣法を始め、1983年の同じくハーディ社、ボロンフライ・8.6F・5番でなんて書き出すと、カッコ付け過ぎかもしれませんが却って竹竿の良さが身に染みて・・・

ジェットとボロン

ジェットの60年代以降に使われる透明なメノウリングとボロンで不評だったザラザラのストリッピングガイド

ボロンフライのフックキーパー

ファンウィング迄とは申し上げませんがトルクの有る細いシルクラインと長尺竹竿の嫋やかなリズムなら、多少の風が有っても、投射性が低いフライでも、ポイントに静かに置けるからでしょうか・・・(笑)

久しぶりにボロンフライのコルクの厚みを変えて配置された硬いグリップを握り、ラインを通して振ってみると竿の進化よりはラインの進化の方がとか別の思いを感じてしまいます

1970年代から1980年代にかけての和式毛鉤の扱いについてはそれこそ、失われた20年間かもしれません・・・(笑)