ゼンマイ綿・・・薇綿

久しぶりに山の匂いを嗅いで落ち着きました・・・

今期の初収穫、「薇綿」・・・これを夏まで天日干しして、良く揉みますと中に残るゴミも粉々になりゼンマイの繊維だけに成ります

ゼンマイ綿を採るだけの大株から・・・

40年以上経ったゼンマイ綿は、深い赤味が出てまいります・・・

ここまで待たないとゼンマイ胴、本来の魅力が出て来ないと言い聞かされてきました

前々から書いていますけど

薇織りにする木綿糸と混紡すると、これが何故かNo477に見紛う云々の件は知らない方には想像もつかないだろうなと・・・

こちらをご覧ください・・・ゼンマイ綿

今は古代布と名付けられて、木綿糸では無く絹糸と紡いで高級品扱いですけど昔は野良着、炬燵の中掛けにも使われていましたから山間部では一般的な素材でした

素材となる木綿綿と薇綿の混紡した紬糸は尚更です・・・

薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません

薇綿だけを毛鉤胴にする手法は誰が広めたのだろうと思いながら、旧来のゼンマイ胴毛鉤をご存知の方からのご指導をお待ちしていたのですが・・・知っている人は皆さん石のシャッポを被られてしまったのかもしれません

それとも木綿綿と薇綿を混紡した紬糸を使うのは、一般的では無い特殊なゼンマイ胴作成方法なのでしょうか?

お𠮟りを承知の上で、今に伝わるゼンマイ胴は、ゼンマイだけが強調され過ぎて独り歩き?それともお町の人の垣間見からの誤解?

もう一度・・・(笑)

「薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません」

天日干しして、櫛で梳いて木綿綿と混紡した紬糸をとまではいきませんが、以前からご紹介しているダビングループにゼンマイ綿を撚り込んでゼンマイ胴にするのは、本来とまではいきませんが旧来のゼンマイ胴作成方法に近いと、勝手に思い込んでいます

こちらは40年も待てません、今晩頂きます・・・(笑)

今年の冬は雪が多かったと崩れた崖や雪で折られた木々を見て、実感します(雪代も音を立てて流れています)

春爛漫

桜が開花宣言後、一週間も経たずに桜吹雪・・・一気に春めいて

庭先は・・・和風の面々 日本水仙、春蘭、カタクリ

・・・水仙は原産地がスペインとか北アフリカで、室町時代に中国からもたらされたとは言え(笑)

比べたら洋風のチューリップ・・・何の話かなと(笑)

国営アルプスあずみの公園・・・チューリップが満開

その中に・・・千代紙を感じてしまう一角が有りました

何故か和風を感じてしまう・・・(笑)

侘びとか寂ではないけれど目線を惹かれるのが・・・

黄色の中に小さな白の一輪・・・

釣りブログですから毛鉤とフライに戻ります

同じ素材で毛鉤とフライを巻いてみたら・・・

ボディ材はグース・バイオット・・・この手のウィングならフライでしょうけど

パラシュートパターンなら・・・

昔の英国風・・・

毛鉤で同じ蜉蝣を・・・

もう少し毛鉤に・・・

今が旬の蜉蝣を、同じボディ材で表そうとしてみました、洋式と和式の違いはどの辺りにあるのでしょうか?

和式毛鉤にも「乾毛鉤」が有るのですが一般化されなかったのは何故?はまたの機会に・・・(笑)

===== 釣りシーズン開幕

犀川本流も春本番・・・ジューンバグのブラウンオウル式?

ストリーマーフックですけど狙いは「ヒゲナガ」・・・(笑)

春爛漫過ぎて農作業も全ての果樹が梨も林檎もサクランボも一緒くた・・・本来なら時期が品種によりズレる様にしているのですけど今年は以前にも増して一緒くたでございます

そこに林檎は近年「フラン病」がテンコ盛り・・・伐採作業がプラスされています

気温27度でチェンソー用防護ズボンに防護靴にヘルメットの完全防備・・・汗だくです

支柱に通した番線に密生させた林檎の枝を絡めてありますから、思いもかけない方向から跳ねる小枝から身を守るには必需品・・・応援対応ですから忙しさに構ってはいられませんが暑いです(笑)

道具道楽の愉しみを・・・トップハンドルチェンソーは有難い

前に紹介したチェンソーとは別になりますけど・・・(笑)

スチールMS201TC-EとMS240 ・・・MS201のM仕様でもMS241でもありませんが旧来のキャブ式はいざという時にもその場で対応可能な安心感が有ります・・・

林業専門では有りませんの注釈が付きますけどね・・・何のことやら判らない事を独り言

備忘録として・・・スチール201TC-M チェンソー

MS201Tは山林用(プロ用)として、標準でスチール社の言う切味抜群の「スーパー」PS3・・・フル・チゼル(角刃)が付いているのですけどバー長35㎝、溝幅1,3㎜でも少し荷が重いのかなと・・・?

MS260 バー長45㎝にフルチゼルを付けた時と明らかに切味が変わります

MS260にフルチゼル なら、それこそバーが幹に吸い込まれる様にアクセルワークに合わせて切れていきますから排気量の違いでチェーンの相性が有るのかなと・・・?

MS201Tなら、「マイクロ」セミチゼル(角丸)の方がリンゴの生木相手のあたしには使い易いかな等と感じ出すとバー長は同じ35㎝でも溝幅1,1mmの細身ならとか、チェンソーの深みにハマっていきます・・・(笑)

 Tup’s magic dubbing 番外編

タップ・マジックダビング・・・山繭編

おバカなことですけど・・・(笑)

山繭を色々と染色してきましたがピンク系は有りませんでしたので・・・

更にバフ色の山繭を加えて・・・

混ぜてみます・・・

所々に色の塊が・・・(笑)

更に混ぜ込んで・・・

先回のシールズファー編と比べると・・・

左側が山繭、右側がシールズファー

シールズファーも透明感が有るのですけど山繭は更に有ります

家蚕の繊維とは太さが違います・・・ベビーシールズファーと同程度

これを使って・・・鈎は旧式の「秋田袖」8号

鈎の形は綺麗です・・・

タップ風に・・・

ハックルから蓑毛に名称が変わります・・・

笠巻に・・・

淡黄色の花入に山繭胴、銀線を荒巻・・・

リマリックアップアイ・タップス・インディスタブル#16と・・・

毛鉤作りで遊んでいる訳では有りません、結構、本気です・・・(笑)

ピアノ鋼線製釣針について・・・

今も各地に残る打ち刃物製造技術は、日本最大の内戦である「応仁の乱」の戦禍を遁れた京の技術者達が日本各地に根付いて、釣具、農具をふくめた打ち刃物全般を製造していた・・・

有名処の秋田、播州、土佐、加賀だけでなく地元の新潟・長野の県境、信濃町打ち刃物(当初は砂鉄から刃物鋼を製造)も伝承は落人伝説と共に有る、そこからほど近い、新潟の高田には名工で誉れ高い「つんぼ」さんがいらっしゃる、例え名工でも個人商店のためその地域だけで使われ、有名処にはならなかった製造元も多い、同じような事が全国各地で有ったのだろう・・・(今もですけどね)

固有名詞として「つんぼ」ですから

聞きかじりなので良く判りませんが三代続くその、つんぼ作の斧やら鉈やら菜切り包丁、大工道具等は長野市内の金物屋でも扱っていたと聞く、実際に在庫品の中から数多く出てきてもいるらしい・・・

全てにつんぼの打刻が有るわけでも無いし、初代作は打刻無しも多い、高祖父の焼印が押されたこの鉈も、つんぼ作の特徴が有るらしいけど今でも道具として使い続けています

手間暇かけた当時の鉄刃物の中でも建築用金具の折れず粘り強い「和釘」は今でも貴重品として重宝されていますし、今や旧来の打ち刃物と共にコレクターズ・アイテムとなってしまいました

打ち刃物の一大変革として安来鉄鋼合資会社製造の安来鋼が誕生し、打ち刃物鋼は工業規格として均一化され安定した品質で大量生産が可能となったのですが同じ事が釣針に使われる鋼材にも有りました

それが工業規格で作られた「ピアノ鋼線」の誕生・・・1800年代後半、普及

海外からの(スウェーデン鋼等)輸入のみであったピアノ鋼線が1941年に日本で生産され、日本産業規格品となる

各製造所独自の技術で作られた釣針がピアノ鋼線を得た事で、製造量の確保が出来たのと同時に他所との違いの明確化が行われ、それこそ百花繚乱の時代だったのだろうと・・・今に続く製造元も有るけれどそれ以上に、今は亡き製造元の方が多い

播州を生まれ元とし岐阜に本拠地を定めた「重兵衛針」が製造していた「新アマゴ針」はそのまま、他社で「長良型」とか「アマゴ針」として製造されていたり、土佐の「丹吉針」も同じく「丹吉型」として・・・

安定した品質で供給されるピアノ鋼線の存在は、古来の鈎型の更なる洗練に繋がったと当時のピアノ鋼線製釣針を見ていると感じます・・・

釣針への各製造元の加工技術の違いもハッキリと感じますし、却って同じ素材で同じ型を作られていたからこそ考え方の違いとか鈎型の拘りが現れるのかもしれません

「一本選り」と書かれていても袋から一旦出して全てを捻り、焼きの甘さや焼き過ぎた鈎を除くなんてごく普通の確認作業は付物でしたけど・・・(笑)

一部だけの有識者で作られる今の釣針と、時代を経て釣人達の選択により残った釣針とどちらがと考えれば、針先一つとってもこのピアノ鋼線製釣針時代が堪らなく好きです

釣針と打ち刃物を同一視するのも無理が有り過ぎますが安来鋼を得て生産量を確保し林野庁御用達となり全国区となった打ち刃物メーカー製造品は各地の営林署の現場で使い勝手が些か不評、でも時代を経て、その製品しか無くなると、旧来愛され地域に根付いた地域独自の道具其の物や、その使い勝手の良さすら忘れられるという現実は釣針にもあるように感じます

パッケージから出してしまうと、どこの国のどのメーカーすら判らなくなると感じる今の機械製造の釣り針は計算上、昔の釣針より優れてはいるのでしょうが毛鉤を巻き付ける釣針は、今となればフライフックも含めて趣味の世界のものですから、それこそ手に入る、今のうちではと・・・(笑)

世界に顧客が広がった丹吉鈎はハワイに移住された方が使っているのを見た、現地の方々の好評を得てなんて逸話を聞くと・・・

地域で使われた伝統的な毛鉤も、その地で信頼された釣針が有ってこそと・・・

孔雀胴の様々

蚊頭針と毛鉤と山女魚毛鉤・・・

蚊頭針3号がフライフックで#18~16程度とすれば毛鉤と山女魚毛鉤は#11~9程度

大きさの比較としては、蚊頭針<蠅頭<蜂頭ですからこの毛鉤と山女魚毛鉤は蜂頭毛鉤のサイズ

孔雀胴の装いは・・・

「源流」・・・花入は赤絹糸

「鞍馬」・・・先巻き「赤茶色の羽根」、元巻き「孔雀」

「渓谷」・・・白色胴下巻きにピーコックソードを荒巻

「銀河」・・・花入に空色絹糸

「藤娘」・・・花入と中巻きに赤絹糸

「シャクナゲ」・・・花入に赤絹糸、蓑毛は胴に荒巻

蓑毛の色が製造元によって変わりますが本来は顧客の求めに応じてサイズ、鈎型、巻姿の指定が可能でした・・・(100年程前の商品一覧から)

中村利吉氏によると毛鉤は京都で作られ、やがて秋田、加賀、播州、土佐で作られるようになる、実際の蚊頭針、毛鉤、山女魚毛鉤は製造元が違っても名称とそれに伴う形は同じ、この分類に入らない毛鉤作りも各地で行われ博覧会にも出品されていた・・・

孔雀胴は鮎毛鉤にはほとんど使われていませんが、渓流魚には古くから多用されておりました、日本で最古の毛鉤図にも、孔雀胴の「蜂頭毛鉤」が出てまいりますが古式毛鉤の基は、孔雀胴に有るのかなと等と・・・もしかしたら京毛鉤に孔雀胴の洋式疑似餌が影響して・・・(笑)

何処かに「菜種針」の次の形として、その「京毛鉤」が残っていればと思うのです

挿絵から想像すると「宇川式」が案外と・・・(笑)

今でこそ孔雀は一般的に認識されていますが最初は推古天皇への献上品として日本にもたらされた貴重品・・・598年に新羅よりクジャクが贈呈されたという記述が日本書紀にあり、江戸時代に各地で繁殖され一般化

雀毛鉤 Ⅲ

ユスリカ、コカゲロウの次はトビケラ・・・?

オレンジ&パートリッジはカゲロウよりはストーンフライかもしれないと勝手に思っているのですけど・・・昭和初期に紹介された日光毛鉤「オレンジパートリッジの蓑毛を雌雉に変えたもの」なんて特に(笑)

岩魚域でオレンジパートリッジが効果的な時期とか、時間帯も一致している様な・・・

砂地の多いドックランで集めた雀の風切り羽根、プライマリーウィングからセカンダリーフェザー

昔乍らに羽根の外弁を使います・・・鈎のサイズに合わせてプライマリーとセカンダリーを使い分けます・・・

軸元ははダークダン、羽根先はジンジャー色、どちらも魚が何故か好む色・・・

使った鉤は「丹吉鈎山女魚6号」・・・

こちらは絹糸胴・・・

羽根先を使い3回転~4回転程度・・・羽根元は太くなりますから使いません

ボリューム的には・・・

オレンジパートリッジの蓑毛を雀に変えたもの・・・

ストーンフライに近づけてゴールデンフェザントのティペット胴

蓑毛の腰は流れに合わす・・・

今回は古式で巻いてみました

真に擬して真を失うたるものは毛鉤に非ず・・・Ⅱ

なんとまあ、偉そうなお題目で失礼いたしました

その続編で恥の上塗りなんですけれど、菜種針に使われていたカナリアの羽毛

この黄毛が何とも言えない程に素敵なんです

菜種針に本来使われていたのはカワラヒワの黄毛ですが・・・流石に

胴は絹糸を確り巻いて照りを出します・・・

使った鉤は・・・ガマカツ C13-K #18

金玉にシケ糸で巻かなければその「菜種針」では無いのですが

ウェブまで巻き込んで・・・(笑)

ウェブまで巻き込む和式毛鉤は昔から各地に有りました

真に擬して真を失うたるものは毛鉤に非ず

ミッジフライの次はコカゲロウパターン・・・毛鉤は飛ぶ蟲に合わせる

色違いの山繭胴と元巻きは孔雀のハール

コカゲロウも種類が豊富ですから・・・(笑)

合わせる蓑毛も自家染色・・・(笑)

和式毛鉤にもミッジフライも有ればコカゲロウパターンも有ります・・・(笑)

—————————–

慨出済みですが「中村利吉」氏が果たした役割と毛鉤に対する知見について

日本最古の釣り指南書・・・何羨録 (津軽采女著 1723年)・・・陸奥国弘前藩主津軽家の分家 旗本・黒石津軽家の3代当主

「何羨録 」著者「津軽采女」について・・・

「此原書ハ或ル人ノ所蔵ニシテ正徳享保頃ノ時代ニ輯集シタルモノナル可ク其著者モ亦詳ナラス今ヲ去ル百八九十年ノ昔ニ成リタルモノナルカ故ニ不明且ツ漠タルモノヽ在ルハ止ムヲ得ス加之ナラス破損虫入等太タ多ク為メニ其字性ヲ失ヒタル箇所亦随而尠カラス併シナカラ此ノ如キ良書ハ固トニ得易カラヌモノナレハ毫モ補闕ヲ加ヘス止タ原トノ侭ニ書写シヌ」・・・明治二十一年(1888年)七月 中村利吉氏 記 (中村利吉氏は東京銀座、みすや針店主)

日本最古の「毛鉤図」

日本水産捕採誌(中村利吉氏編)・・・1886年

第一節 鉤

擬餌鉤は餌料を用いず餌に似たる物を造り以て魚を欺きて釣獲するの具なり。故に之を用ゆるを俗に「ダマシ釣」とも云う。淡水魚中には羽蟲を好み水上に跳り出て蟲を食う者あり。是等の魚を釣るに用ゆる擬蟲は種々の鳥の羽毛を以て作りたるものにして其大さ蚊の如くなるを蚊頭鉤又単に蚊鉤と云い稍や大にして蜂の如くなるを蜂頭と云う。其品種頗る多く殆ど五十種に及ぶ皆其名称を異にす。斯く品種の多き所以は或は期節に依り或は地方の慣用を異にすればなり。皆白馬の尾毛を附けて緡となし漆を以て其の結処を固め丸くなす。而して之に金箔を抹したるを金玉と云い朱を塗りたるを朱玉と曰う。土佐蜂と称うるものには馬尾毛二縷を合せたるを附く。鉤の大さは蚊頭は三厘より七厘まで、蜂頭は二三分に至る形は丸あり角あり。角形なるを菱と称ぶ。一ならず凡て是等の擬餌鉤は重に京都にて製作し各地に分輸するものなり。播磨にても多く製出すれども其品稍や劣る。唯加賀国金沢市にて製出するもの品位佳良にして京都製に多く譲らず。但だ其形状少しく趣を異にする所あり。又擬蟲の躯幹を巻くに白馬の尾毛を以てし、其頭を蕨の軟芽に有する繊毛にて作りたるものあり之を「タタキ鉤」と云う。是れ武蔵国北多摩郡拝島村にて製作する所なり。又第三回内国勧業博覧会に羽後国(山形県の一部と秋田県の大半)より擬餌鉤を出品せる者あり。此の他に之を盛に製出するの地未だ之あらざるが如し。

或る説に蚊鉤は魚類の常に嗜好する真の羽蟲に擬造するに非ざれば効用少し、故に蚊鉤を製作するには其羽蟲の真に迫るものを製するに勉むと云へり。然れども此の説たる非なり。何んとなれば如何に精力を尽すとも真物と同しきものは容易に製出し得べきにあらず。若し真に擬して真を失うたるものは魚其真ならざるを看破して鉤に罹らず。故に強て真物に擬せんとするは是れ労して効なきなり。況や蚊鉤は其羽蟲を見て忽然之を食むか如きの魚を釣るに利ありて羽蟲の真偽を選むが如き余裕ある魚を釣るに利あらざるものに於てをや。夫れ斯の如くなるを以て蚊鉤は其形何の蟲とも名状し難き異様のものを以て却て宜しとす。現に釣漁の盛んにして製造者も熟練せる地の擬蟲鉤を見るに真の蟲の如くに作りたるものはあらざるなり。

日本水産捕採誌が企画されたのが1886年は海外の文化を広く吸収した時代
(洋風建築の社交クラブ”鹿鳴館”イギリス人コンドルの設計,1883年 落成)
時代背景としてはガソリン自動車が実用化され特許となった時代

「The Compleat Angler」和訳、釣魚大全がアイザック・ウォルトンにより著されたのが1753年、チャールズ・コトンの続編1767年を加え第五部版となる

1887年に銀座の針・釣針問屋「みす屋針」の当主 中村利吉氏が
初見1881年のトーマス・B・グラバー氏が使用していた
ハーディー社製フライ(鱒鈎)を再度、目にした時から日本の毛鉤作りが始まる
鮎の蚊針を作り続けてきた技術とフライの混交を日本の渓魚用に試行錯誤し
国内・国外の展覧会で大成功を収める程の成果を得る

中村利吉氏
大英帝国のコモンディレイ・ペンネル氏からも称賛される程の
釣具(鮒竿)を初めて国外展覧会に出品された程の有識者
フライと毛鉤製造だけでなくルアーフィッシングも含む

その頃は通用していた天保銭を叩いてルアーを作る
日光辺りの鱒釣りはこの方が開拓したらしいとも
・・・幸田露伴「江戸前の釣り」より


コモンディレイ・ペンネル氏
先紹介済みのペンネル式フライフック創始者で釣りの著作も多い
英国釣りクラブの重鎮 大英帝国の皇族御用の主漁官
・・・幸田露伴「江戸前釣りの世界」より

「テンカラ毛鉤」の租を幻化された「職漁師?毛鉤」に求めて、有耶無耶にするよりはその租とされる「職漁師?毛鉤」のその基は、江戸時代初期に文献で残る釣具、釣針、羽毛等の輸入量の多さからすると和毛鉤と西洋毛鉤は遥か昔から・・・(笑)

最古の毛鉤図に残る「蜂頭毛鉤」は、日本には自生していない孔雀を使った胴が使われているし、写真で残るその「蜂頭毛鉤」はフライの「レッドタグ」其の物

UVライトで遊んでみました

紫外線ライトで蛍光(発光)又は反射の様々な色がハックルにも・・・(笑)

使い古しですみませんが蛍光剤入り洗剤で皮革処理しているのかな・・・とか?

コックドレオンヘンサドルダイドピンク・・・

自然光では黒っぽいのですけど

綺麗な発色

コックドレオンコックサドル・・・

ダークパルド・・・

発光というよりも反射ですね

自家染色のグリズリー・ダイド・イエロー・・・

イエローに染めたのですが・・・(笑)

何故かチャートリュース?

ナチュラルのハックルでも反射光が違うのです・・・

これも反射光ですけど・・・

紫外線が可視光線の紫色に・・・

ナチュラルホワイトでも色が変わります(ホワイトとペールモーニングダン)

これも反射光ですけど・・・

ホワイトとペールモーニング・ダンの違いが・・・自然光では余り代わり映えしないのですけど

もっと面白いのがダン系でした(ミディアム・ダン)

反射光ですけど・・・

自然光ではほぼ、同じ色なんですけれど・・・?

ダン・グリズリーの色違いでも・・・

こちらも反射光ですけど・・・

色の違いが鮮明にもなりますがジンジャー系のダングリズリーでも地色には・・・(笑)

違う目線でハックルを見直して、UVスレッド等を組み合わせて・・・

ネオン街が広がります・・・(笑)

蛍光発色が・・・(笑)

自然光では・・・地味です

紫外線ライトに一番反射したハックルと組み合わせた二重蓑毛毛鉤

今宵も・・・(笑)

浮世「てんから毛鉤」

餌針だけが・・・(笑)

キールフライ用がまた天邪鬼ですけど・・・(笑)

意外にも「てんから」には・・・

胴は絹糸の花入に山繭胴、金のネジ巻き 蓑毛は雌雉

色違いで・・・

蓑毛の雌雉は昔乍らに片側だけ・・・

ボリューム的には・・・

付記 ———————

餌針とフックサイズの比較・・・

狐型7号の下はTMC102Y#11 ヘラ針改良スレ4号と3号の下はTMC102Yの#13と#15

蛇口糸を内掛け(内巻き)といってフトコロ側に入れるのが普通ですが、針素が平打ちの部分で切れない様に内掛け(内巻き)にしていた餌針時代の名残ですから自在に動く蛇口糸では余り違いを感じないどころか、外掛け(外巻き)の方が好みです・・・(笑)

気温10℃で雨・・・ 一気に雪が融け出して雪遊びの場が無くなりそうです

ビニールハウスの屋根張りも三棟目・・・残りは一棟

着実に春は近づいていますけどね・・・