乾毛鉤の一つ

鈎を餌針より軽量の鮎掛け針を使い、水面に乗せる乾毛鉤が使われていたことは、前にご説明させて頂いてありますが、和毛鉤のパターンの中にも「乾毛鉤」としても使える、若しくは使っていたであろうパターンとして・・・(笑)

あまり見掛なくなった和毛鉤パターンです・・・蚊頭針の「白雪」を配色参考にしています

使った鈎は・・・改良ヘラ三号

蓑毛の巻き止める位置を少しフトコロ側に・・・こちらは「蛍」

蓑毛と絹糸だけで軽量化

山水画で使われる「残山剰水」なんて言葉がありますが、それよりは枯山水の庭作りで使われている方がと・・・

若しくは「ここに有る物で足りる」、それこそ副題の「身土不二」なんてことになってしまいます

昔の和毛鉤パターンをもう一度思い出していただければと思います

定番の「黄毛」将又「菜種針」なんてのも間に入れて・・・(笑)

「高く登る者は遠くを見、遠くを見る者は、長く夢を見る」

本年も宜しくお願い申し上げます。

表題の「高く登る者は遠くを見、遠くを見る者は、長く夢を見る」は後年コングと社名変更されたイタリヤの登山用具メーカーのボナイティ社の創始者の有名な言葉です

どれもが旧式のカラビナとなってしまいました

ボナティ・カラビナと呼ばれることも多いのですが有名な登山家と混同されやすいためコング社と改名され・・・云々かんぬん(笑)

斬新でした・・・パテントと明記されています

それ以前は・・・

ノーズの部分が引っ掛かり易い

耐荷重は今も昔も身体の耐衝撃能力が変わっていないので変わっていませんが、とにかく軽くなっています

材質変更も有りますし表面硬化方法も変わってきていますから旧式のカラビナは到底、最新のカラビナには太刀打ちできないのですけど・・・クライミング用品の使用限界は金属用品で10年程です

でも・・・

旧式の丸棒ボナイティのカラビナに対する安心感は別格です

一月一日・・・

何故か釣道具にも共通している様な気がします・・・

新旧取り混ぜて使える釣具は有難いです

勿論、和式毛鉤も・・・

今年は「乾毛鉤」についてもと・・・

年始のご挨拶を頂きながら遅くなって申し訳ございません

年末年始は何故か防風林の木の上に居たり、大木になってしまった木の片付け等、時期的に溜まった仕事をこなすので精一杯でございました

毛鉤雑感 Ⅲ

相も変わらず毛鉤談義の続きです・・・

「てんから」で使う毛鉤のルーツは京毛鉤に有りなんて事まで考え出すと逸脱し過ぎかもしれませんが数多くの和式毛鉤の中にはフライで分類されるニンフパターンもミッジフライも有りました

当時の京毛鉤で白黒の挿絵に登場するニンフ・パターン様を「総天然色」仕立てで巻いてみます・・・

遥か昔のパターンですから正確では有りませんが「菜種針」から「鮎毛鉤」への過渡期かもしれません

青花入・赤角・瑠璃コンゴウインコ先巻・孔雀元巻・油毛蓑毛・白剣付(追い毛)・金玉

使う鈎はTMC3761 #14・・・ここでは鍍金のビーズを使っています

青花入を巻き・・・

赤角を巻き止めて・・・

瑠璃コンゴウインコプライマリーウィングを先巻き、追い毛の白剣・・・

油毛で蓑毛を止めて・・・

孔雀を元巻き・・・

全体像としては・・・

蚊頭針?将又鮎毛鉤の?・・・(笑)

フライも毛鉤も最初期はハックリングと言う概念が有りませんでしたのでフェザーそのものを鈎軸に巻糸で縛っておりました・・・今の様に鶏の羽根をぐるりと巻き止める手法が生み出されて云々かんぬん(笑)

鮎毛鉤を全種網羅したとされる本でも、掲載されていない土州の「福富針」なんてのもありますからね

今の鮎毛鉤の作成方法では失われたその繊細さは5㎜程の鈎軸上にフルドレスサーモンフライの世界を表している様で、それこそ別格とも感じるなんて事を書き出すと・・・(笑)

東北弁に昔の京言葉が残る様に古い文化は都から離れた場所に残る・・・なんてね

毛鉤雑感 Ⅱ

先回の続きです・・・(毛鉤雑感と題を付けながら離れ過ぎました)

使う鈎・・・

定番の袖針・・・フライフックなら#10程度(岩魚針を想定してます)

下巻き・・・

蛇口糸を付けて・・・チチワは小さめです

絹糸で花入を巻き付けて・・・

胴巻きは黒絹糸・・・

シルバーワイヤーを使って銀ネジ仕上・・・蓑毛を仕立てて

元巻きは、僅かにピーッコックソードを覗かせて・・・

蓑毛は笠巻・・・

ニードルに差し替えて、蛇口糸までヘッドセメント塗布・・・(針素が結び易く成ります)

下側は絹糸仕立ての「烏毛鉤」、次が花入に黄色錦糸で「蛍毛鉤」

蚊頭針から岩魚毛鉤へと・・・(笑)

昔話で恐縮ですがテンカラ創成期に謎とされた「キヨシ毛鉤」も、元を糺せば蚊頭針の「歌姫」

先回の山女魚毛鉤も・・・

蚊頭針の「蜻蛉」胴巻きを絹糸仕立てで、丈夫にしてみました

毛鉤雑感

冬支度が始まりました

リンゴや桃、梨等の植替えや倒木処理で貯まった玉切りをコツコツと風呂の焚き付け用に巻き割りしてます

果樹の終い仕事はフジの色付きを待つばかり・・・(笑)

一番採りは済みましたからチョット山へ・・・

こんな山道を登って

ナメコについつい目が・・・(笑)

見渡す限りの山並み・・・秋の終わりを感じます

禁漁期間のお愉しみが始まりました

禁漁間際に使った毛鉤の補充やら来季に向けてやら・・・

マルフジ「百萬針・袖型ヒネリ・6号」

鍍金仕立て

フライサイズなら#15程度の小さな取るに足らない毛鉤ですけどフライタイイングの道具が有るからこそ・・・(笑)

ご参考に「タタキ」部分の名称でも・・・

左側の近接・・・

右側の近接・・・

オランダ仕掛け・・・雑感

魚の目から鈎はどの様に観られているのか、なんて事を考えていると鈎のチモト部分に玉を付けただけの「オランダ針」が気になって・・・(笑)

毛鉤の範疇では無いような、でも昔乍らの「擬餌針」の名称なら・・・

基本的には

TMC200R #20を使いました

金箔貼では有りながらガラスビーズですから破損防止の為にビーズの内径と軸径を合わせて

一般的には「金玉」とごく短めの胴

こちらは絹糸を撚って細くしました (濡れると段々に見えます)

「白玉」「赤玉」「パール玉」「蛍光玉」・・・バリエーションは様々、胴も様々

ここに「鮎バケ」バージョンなんてのも入れていくとそれこそ納まりが尽きません

フライパターン版・・・

大型魚ばかりで有名な某管理釣り場で50~60㎝辺りの虹鱒がそれこそ・・・(笑)

租の名前「オランダ仕掛け」はPhilipp Franz Balthasar von Siebold 氏(1796年2月17日 – 1866年10月18日)から関連付けて名付けられたとされてはいても 、江戸後期にオランダ東インド会社の日本商館付医員として来日したドイツで医学を学んだ生粋のドイツ人医師と記されてもいるし・・・?

日本の動植物をヨーロッパに向けて発信してはいるけど「オランダ仕掛け」との関連性は・・・?

不思議な事に「オランダ仕掛け」の名称は、昭和初期以前の釣り関連の書物には出てまいりません

突如として名前が出てくるのが昭和中期前、「テンカラ」の名称が一般化された時期と被る様な気がします。兵庫辺りの釣り具メーカーが名付けて一般化させたのではと感じてしまう・・・

後から由来附けをは「テンカラ」と一緒の様な(笑)

毛鉤とフライに共通しているシルエットで「鍵穴理論」なんてのも感じているのでそれは又、何処かで・・・(笑)

あくまでも個人の手前勝手な推量ですからご笑覧なりおバカな事をと、お納めください

稲刈りを場所によっては残しつつ、リンゴの「秋映」収穫を終え、只今「シナノゴールド」収穫シーズン開始です

犀川殖産本流は遠いのです、距離的には近いのですけどね、それが・・・(辛)

色付きの良い物は取り終えて、フジ林檎の下に反射シートを敷き詰めようとしていた時

何故か、山勘に強く惹かれて去年の場所に・・・

キノコ採りも釣りも成功体験の積み重ね(笑)

近年、この「マゴジャクシ」が老化防止とか美顔・美肌に効果が有るとかで商業ベースでは幻化

これだけを得るために山に入るのも憚られますけど有る処には有ります・・・これだけあれば数万円らしいです

商業ベースの「幻」は存在価値を高めるための常套文句ですけどね・・・(笑)

ゼンマイ綿・・・薇綿

久しぶりに山の匂いを嗅いで落ち着きました・・・

今期の初収穫、「薇綿」・・・これを夏まで天日干しして、良く揉みますと中に残るゴミも粉々になりゼンマイの繊維だけに成ります

ゼンマイ綿を採るだけの大株から・・・

40年以上経ったゼンマイ綿は、深い赤味が出てまいります・・・

ここまで待たないとゼンマイ胴、本来の魅力が出て来ないと言い聞かされてきました

前々から書いていますけど

薇織りにする木綿糸と混紡すると、これが何故かNo477に見紛う云々の件は知らない方には想像もつかないだろうなと・・・

こちらをご覧ください・・・ゼンマイ綿

今は古代布と名付けられて、木綿糸では無く絹糸と紡いで高級品扱いですけど昔は野良着、炬燵の中掛けにも使われていましたから山間部では一般的な素材でした

素材となる木綿綿と薇綿の混紡した紬糸は尚更です・・・

薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません

薇綿だけを毛鉤胴にする手法は誰が広めたのだろうと思いながら、旧来のゼンマイ胴毛鉤をご存知の方からのご指導をお待ちしていたのですが・・・知っている人は皆さん石のシャッポを被られてしまったのかもしれません

それとも木綿綿と薇綿を混紡した紬糸を使うのは、一般的では無い特殊なゼンマイ胴作成方法なのでしょうか?

お𠮟りを承知の上で、今に伝わるゼンマイ胴は、ゼンマイだけが強調され過ぎて独り歩き?それともお町の人の垣間見からの誤解?

もう一度・・・(笑)

「薇綿自体は産毛の様な短い繊維の集合体ですから長繊維の木綿綿と組ませないと実用には為りません」

天日干しして、櫛で梳いて木綿綿と混紡した紬糸をとまではいきませんが、以前からご紹介しているダビングループにゼンマイ綿を撚り込んでゼンマイ胴にするのは、本来とまではいきませんが旧来のゼンマイ胴作成方法に近いと、勝手に思い込んでいます

こちらは40年も待てません、今晩頂きます・・・(笑)

今年の冬は雪が多かったと崩れた崖や雪で折られた木々を見て、実感します(雪代も音を立てて流れています)

春爛漫

桜が開花宣言後、一週間も経たずに桜吹雪・・・一気に春めいて

庭先は・・・和風の面々 日本水仙、春蘭、カタクリ

・・・水仙は原産地がスペインとか北アフリカで、室町時代に中国からもたらされたとは言え(笑)

比べたら洋風のチューリップ・・・何の話かなと(笑)

国営アルプスあずみの公園・・・チューリップが満開

その中に・・・千代紙を感じてしまう一角が有りました

何故か和風を感じてしまう・・・(笑)

侘びとか寂ではないけれど目線を惹かれるのが・・・

黄色の中に小さな白の一輪・・・

釣りブログですから毛鉤とフライに戻ります

同じ素材で毛鉤とフライを巻いてみたら・・・

ボディ材はグース・バイオット・・・この手のウィングならフライでしょうけど

パラシュートパターンなら・・・

昔の英国風・・・

毛鉤で同じ蜉蝣を・・・

もう少し毛鉤に・・・

今が旬の蜉蝣を、同じボディ材で表そうとしてみました、洋式と和式の違いはどの辺りにあるのでしょうか?

和式毛鉤にも「乾毛鉤」が有るのですが一般化されなかったのは何故?はまたの機会に・・・(笑)

===== 釣りシーズン開幕

犀川本流も春本番・・・ジューンバグのブラウンオウル式?

ストリーマーフックですけど狙いは「ヒゲナガ」・・・(笑)

春爛漫過ぎて農作業も全ての果樹が梨も林檎もサクランボも一緒くた・・・本来なら時期が品種によりズレる様にしているのですけど今年は以前にも増して一緒くたでございます

そこに林檎は近年「フラン病」がテンコ盛り・・・伐採作業がプラスされています

気温27度でチェンソー用防護ズボンに防護靴にヘルメットの完全防備・・・汗だくです

支柱に通した番線に密生させた林檎の枝を絡めてありますから、思いもかけない方向から跳ねる小枝から身を守るには必需品・・・応援対応ですから忙しさに構ってはいられませんが暑いです(笑)

道具道楽の愉しみを・・・トップハンドルチェンソーは有難い

前に紹介したチェンソーとは別になりますけど・・・(笑)

スチールMS201TC-EとMS240 ・・・MS201のM仕様でもMS241でもありませんが旧来のキャブ式はいざという時にもその場で対応可能な安心感が有ります・・・

林業専門では有りませんの注釈が付きますけどね・・・何のことやら判らない事を独り言

備忘録として・・・スチール201TC-M チェンソー

MS201Tは山林用(プロ用)として、標準でスチール社の言う切味抜群の「スーパー」PS3・・・フル・チゼル(角刃)が付いているのですけどバー長35㎝、溝幅1,3㎜でも少し荷が重いのかなと・・・?

MS260 バー長45㎝にフルチゼルを付けた時と明らかに切味が変わります

MS260にフルチゼル なら、それこそバーが幹に吸い込まれる様にアクセルワークに合わせて切れていきますから排気量の違いでチェーンの相性が有るのかなと・・・?

MS201Tなら、「マイクロ」セミチゼル(角丸)の方がリンゴの生木相手のあたしには使い易いかな等と感じ出すとバー長は同じ35㎝でも溝幅1,1mmの細身ならとか、チェンソーの深みにハマっていきます・・・(笑)

付録・・・Walbro社サービスマニュアル

 Tup’s magic dubbing 番外編

タップ・マジックダビング・・・山繭編

おバカなことですけど・・・(笑)

山繭を色々と染色してきましたがピンク系は有りませんでしたので・・・

更にバフ色の山繭を加えて・・・

混ぜてみます・・・

所々に色の塊が・・・(笑)

更に混ぜ込んで・・・

先回のシールズファー編と比べると・・・

左側が山繭、右側がシールズファー

シールズファーも透明感が有るのですけど山繭は更に有ります

家蚕の繊維とは太さが違います・・・ベビーシールズファーと同程度

これを使って・・・鈎は旧式の「秋田袖」8号

鈎の形は綺麗です・・・

タップ風に・・・

ハックルから蓑毛に名称が変わります・・・

笠巻に・・・

淡黄色の花入に山繭胴、銀線を荒巻・・・

リマリックアップアイ・タップス・インディスタブル#16と・・・

毛鉤作りで遊んでいる訳では有りません、結構、本気です・・・(笑)

ピアノ鋼線製釣針について・・・

今も各地に残る打ち刃物製造技術は、日本最大の内戦である「応仁の乱」の戦禍を遁れた京の技術者達が日本各地に根付いて、釣具、農具をふくめた打ち刃物全般を製造していた・・・

有名処の秋田、播州、土佐、加賀だけでなく地元の新潟・長野の県境、信濃町打ち刃物(当初は砂鉄から刃物鋼を製造)も伝承は落人伝説と共に有る、そこからほど近い、新潟の高田には名工で誉れ高い「つんぼ」さんがいらっしゃる、例え名工でも個人商店のためその地域だけで使われ、有名処にはならなかった製造元も多い、同じような事が全国各地で有ったのだろう・・・(今もですけどね)

固有名詞として「つんぼ」ですから

聞きかじりなので良く判りませんが三代続くその、つんぼ作の斧やら鉈やら菜切り包丁、大工道具等は長野市内の金物屋でも扱っていたと聞く、実際に在庫品の中から数多く出てきてもいるらしい・・・

全てにつんぼの打刻が有るわけでも無いし、初代作は打刻無しも多い、高祖父の焼印が押されたこの鉈も、つんぼ作の特徴が有るらしいけど今でも道具として使い続けています

手間暇かけた当時の鉄刃物の中でも建築用金具の折れず粘り強い「和釘」は今でも貴重品として重宝されていますし、今や旧来の打ち刃物と共にコレクターズ・アイテムとなってしまいました

打ち刃物の一大変革として安来鉄鋼合資会社製造の安来鋼が誕生し、打ち刃物鋼は工業規格として均一化され安定した品質で大量生産が可能となったのですが同じ事が釣針に使われる鋼材にも有りました

それが工業規格で作られた「ピアノ鋼線」の誕生・・・1800年代後半、普及

海外からの(スウェーデン鋼等)輸入のみであったピアノ鋼線が1941年に日本で生産され、日本産業規格品となる

各製造所独自の技術で作られた釣針がピアノ鋼線を得た事で、製造量の確保が出来たのと同時に他所との違いの明確化が行われ、それこそ百花繚乱の時代だったのだろうと・・・今に続く製造元も有るけれどそれ以上に、今は亡き製造元の方が多い

播州を生まれ元とし岐阜に本拠地を定めた「重兵衛針」が製造していた「新アマゴ針」はそのまま、他社で「長良型」とか「アマゴ針」として製造されていたり、土佐の「丹吉針」も同じく「丹吉型」として・・・

安定した品質で供給されるピアノ鋼線の存在は、古来の鈎型の更なる洗練に繋がったと当時のピアノ鋼線製釣針を見ていると感じます・・・

釣針への各製造元の加工技術の違いもハッキリと感じますし、却って同じ素材で同じ型を作られていたからこそ考え方の違いとか鈎型の拘りが現れるのかもしれません

「一本選り」と書かれていても袋から一旦出して全てを捻り、焼きの甘さや焼き過ぎた鈎を除くなんてごく普通の確認作業は付物でしたけど・・・(笑)

一部だけの有識者で作られる今の釣針と、時代を経て釣人達の選択により残った釣針とどちらがと考えれば、針先一つとってもこのピアノ鋼線製釣針時代が堪らなく好きです

釣針と打ち刃物を同一視するのも無理が有り過ぎますが安来鋼を得て生産量を確保し林野庁御用達となり全国区となった打ち刃物メーカー製造品は各地の営林署の現場で使い勝手が些か不評、でも時代を経て、その製品しか無くなると、旧来愛され地域に根付いた地域独自の道具其の物や、その使い勝手の良さすら忘れられるという現実は釣針にもあるように感じます

パッケージから出してしまうと、どこの国のどのメーカーすら判らなくなると感じる今の機械製造の釣り針は計算上、昔の釣針より優れてはいるのでしょうが毛鉤を巻き付ける釣針は、今となればフライフックも含めて趣味の世界のものですから、それこそ手に入る、今のうちではと・・・(笑)

世界に顧客が広がった丹吉鈎はハワイに移住された方が使っているのを見た、現地の方々の好評を得てなんて逸話を聞くと・・・

地域で使われた伝統的な毛鉤も、その地で信頼された釣針が有ってこそと・・・