ホッパーフライの時期 STIMULATOR-FLY

河原にイナゴが溢れる今

ホッパーフライの時期
この時だけ大き目のフライを
相手にしてもらえる

DSCF3935
ホッパーフライ STIMULATOR-FLY

ボディを赤やオレンジバージョンも用意して
パラシュートパターンも用意して

DSCF3936
ホッパー・フラット・パラシュートパターン

さすがにこの時期、競争率が高い
次の手として
サイズダウンのエルクヘヤーカディスタイプ

DSCF3932
TMC200R #18 改

グラブフックの比ではない、掛の良さと保持力

DSCF3930
エルクヘヤーカディスの素材
DSCF3933
ユーラシアン・イーグル

ボディにユーラシアン・イーグル

DSCF3934
エルク・ヘヤー・カディス タイプ

ホッパーフライを何回もつつくだけのイワナ用

増水も収まり本日再釣行8/6
平時の水位から40㎝程上に流木の束があちこち
あれだけ居たバッタがちらほら
代わりにモンカゲ・・・季節が逆戻り
ちょっと増水気味なのでホッパー諦め
8番逆さ毛鉤 イワナに遊んでもらって
出渓点最後の大き目な落ち込みの反転流
派手な出方に・・・?
場所を休ませ再度
元気いっぱいの27㎝のヤマメ
最上流部ではないけれど
ここでは初めて
今迄聞いた事も無かった

逆さ毛鉤 蓑毛調整 sakasa-kebari tying

逆さ毛鉤ハックル
雉のフェザーを基本として色のバリエイションで
マグパイ・クート・パートリッジ等のウィングカバーフェザー

DSCF3915
逆さ毛鉤 蓑毛調整 ウィングカバーフェザー

雉のウィングカバーフェザーも色の個体差が意外に有る
それ以上に有るのがフェザントの種類の違い
雉の種類が違っても雌雉は余り差異は無い
この違いが判れば
一律でヘンフェザントとして売られている中から探す楽しみも・・・

DSCF3916
定番 TMC102Y #13
DSCF3917
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

逆さ毛鉤の蓑毛として適正サイズをゲイプの1.5倍程度
を目処としているが 通常使用の針にすれば、
殆どの羽根がオーバーサイズ

DSCF3918
逆さ毛鉤の蓑毛としてオーバーサイズ(ゲイプの2倍以上の場合)

オーバーサイズの調整方法の一つとして

DSCF3919
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

アイ2個分程度、羽根の長さに応じ調整し
巻き止めた後一旦ヘッドに向け巻き止める

DSCF3920
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

ベンドに向け、羽根を折り返し巻き止める

DSCF3921
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

折り返した元にヘッドとして山繭朱色ダイドをダビング

DSCF3922
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

蓑毛をダビングしたヘッドに合わせ巻き止める

DSCF3923
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

タグ・リブ用のゴールドワイヤーと
山繭ボディ用に下巻としてティンセルを巻く

DSCF3924
逆さ毛鉤の蓑毛 調整

山繭 ナチュラルをダビング

DSCF3925
逆さ毛鉤 基本 横
DSCF3926
逆さ毛鉤 基本 正面
逆さ毛鉤蓑毛の長さ調整
逆さ毛鉤蓑毛の長さ調整

テンカラ毛鉤 蓑毛 Tenkara-Kebari Hackle

毛鉤の胴(ボディ)については
フライ用の各種ダビング材
ハリネズミの刺からホースヘアー、シールズファー
各種フェザー、コンドル、マコー等のハール・バイオット
ゴールデンティペット、各種獣毛を試し

結果、ハックルボディ・山繭・土竜・ゼンマイに落ち着いている
道具として洗練さも大事、尚更、丈夫さは命

手に入らないと思っていた金胡麻・銀胡麻も
コック・ド・レオンでほぼ希望通り

後の望みは煌きだけの透明な蓑毛(ハックル)
爺様達が言っていた、透けの入った蓑毛
(裏から見て地色が抜け、透き通る羽根)

コック・ネックでそれを捜すのは至難の業
スペード・ハックルにちらほらぐらい
今はそれに近い物が手に入る
ヘン・ネックでドライフライ用として販売された
先が丸くないコック・ネックの様な剣先型の羽根
様々な色で煌きの強い、それでいてヘン・ネック
ファイバーの強さで浮かせる必要が無い毛鉤には最適

DSCF3912
テンカラ毛鉤 蓑毛 Tenkara-Kebari Hackle

スペンサー・旧ヒーバート・チャンタクリアーの選択もあった

ピカピカの艶々、巻くと黒以外は白っぽいだけ、黒も霞む
勿論、ウェッブの無い先の部分だけ使います
流れの中、毛鉤は見えにくい
本来ドライフライの様に見る必要もないのが毛鉤
周辺視と毛鉤より大きいはずの魚の動きで合わせます

毛鉤タイプは様々、それでも
テンカラ毛鉤に最適、毛鉤の迷宮入りも楽しみな羽根

芯黒の白・黄色・茶ならバジャーBADGERからファーネスFURNACE
先黒もバジャー系のバリアントVARIANTやコッキーボンデュCOCH-A-BONDDU
先黄・先茶ならハニーダン系HONEY DUN
胡麻系はコック・デュ・レオンCoqDeLeonからスペックルド系SPECKLED
流行りのシャンパン系CHAMPAGNE
白もライトブルーダン,LIGHT BLUE DUN から
先人達は拘りを持って軍鶏・チャボ・鶏の愛好家から
使える羽根を捜し求めたからこそ
数々の羽根の地方名が残っている

単純な毛鉤こそ羽根が大事
形だけでは伝わらない、伝承毛鉤の大事な部分

フライも一緒、バリアント・ファンシー・キャッツキル
古くは英国のパターンも全て拘った羽根が有ったからこそ

この時期、この川ならこの組み合わせを
若いうちに数々試し、見つけ出す経験も
爺様達の物言いが結局は元になっている
山菜・キノコ採りも一緒、山の畑
勿論、川は自然の冷蔵庫

辛口で言えば、プリモウス=クックー=バード模様の羽根
都会から来た釣り人が自慢しながら使うだけ
(当時、ホフマンのグリズリーは貴重品)
宿に泊まるお客様だから大事にしたけど「あんまりね。」とは
石のシャッポかぶった爺様の言い草、そのお客様も土の中

写真に撮っても透けが入れば入るだけ、ただ白っぽく写る
大事な所が伝わらず、形しか伝わらない

同じ川、同じ流れ、同じ石となれば
結局、魚と対峙するのは毛鉤

扱う腕も、川を渡る膝もすぐ、歳を取る
尚更、毛鉤も巻けなくなる、今の内

DSCF3914
普通毛鉤 正面

「此の頃、殺気も枯れてきたのか、目の前の魚が逃げなくなってきた。」
これも爺様の言い草
今、その意味が良く判る

DSCF3913
普通毛鉤 横

針  TMC900BL  #14
胴  山繭 ダイドダン 下巻にシルバーティンセル
蓑毛 ライトブルーダン
タグ ゴールドワイヤー   3巻
リブ ゴールドワイヤー   ハックルを通しヘッドまで

ガラス細工の様な素材の透明感が伝えられない
竿先で毛鉤を浮かせる、ごまかせない普通毛鉤は難しい
凡夫低下の草創であるが故に
垣根なく全てを引き込むのも毛鉤の良さ

テンカラ毛鉤  ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

頭に散弾やエサ釣り用の錘を付けた変わり種の毛鉤
今なら、ゴールド・ヘッドで代用

DSCF3911
テンカラ毛鉤ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

ゴールドヘッドを入れて、下巻後ゴールドワイヤーをタグに3巻

DSCF3907
パートリッジ社 TS3A #12 Gold Bead Head Nymph
DSCF3908
テールに絹糸(赤) Gold Bead Head Nymph

テールは無くても、雉の羽根でも

DSCF3909
ゼンマイ・ダビングでテーパーに胴を作る Gold Bead Head Nymph
DSCF3910
テンカラ毛鉤ゼンマイ胴 Gold Bead Head Nymph

水馴染みの良さと茫洋感が決めて

初期のゴールド・ビーズ・ヘッドと同じパターン
毛鉤のヘッドに錘を仕込む考えも一緒

山繭ダイドボディなら色とボリュームに、バリエイションが増える
ティンセルを下巻し、重ねるダビング材の色変わりを防ぐ事が秘訣
ゼンマイ胴も同じ事それが無ければ使う意味も無い

用法
8月中旬以降、産卵を意識し上りだす大型が深みに集まります
食い波(入り波)に合わせ、時にはライン全部水の中
深みの中、白泡の下を探ります
インジケーター無しで手感か第六感で当りを訊くのが楽しみ

普通毛鉤 カケス・イワナ毛鉤

普通毛鉤  カケス・イワナ毛鉤 ブルージェイハックル

ハックル・ボディの詳細

DSCF3906
カケス毛鉤  イワナ用

日中、うだる様な夏、真っ盛り
長野市の気温36度超え
山岳渓流に逃げるしか生き延びれない(笑)
同じく、夏ばて気味の魚用
この時期の毛鉤

DSCF3897
パートリッジ社 TS3A  #12

#12ぐらいが今のテンカラ仕掛けにバランスが良い、それだけラインが軽くなった

DSCF3898
タグ ゴールドワイヤー 3巻

補強を兼ねたワイヤーは丈夫さの秘訣

DSCF3899
コックネックの長い羽根をダブリング

サドルハックルなら尚更、巻き易い

DSCF3900
きっちりとヘッドまで巻き上げる

このままでskater flyとして使えそうではある

DSCF3901
ボディの整形(エルクヘヤーバグの極小版)

きっちり巻くのが秘訣

DSCF3902
タグを巻いたワイヤーでリブを巻く

ボディ整形がやり易いように一旦カットしたスレッドを好みの色で巻きつける

DSCF3903
カケス(ブルージェイ)をハックリング

カケス( Blue Jay )の煌く青が魚にアピール

DSCF3904
カケス毛鉤  イワナ用  横
DSCF3905
カケス毛鉤  イワナ用  正面

スパイダーフライ(spider fly)のようでも有るし、甲虫(terrestrial fly)をイメージ

ボディを孔雀と黒絹糸で荒巻にした形は一般的であるが
摺れたイワナには派手な出方になるだけで針掛かりが悪い

ハックルボディを刈り込んだこの胴は出が穏やか
水捌けも良くボリュームの割に軽い
気泡を抱きやすく、毛鉤自体に適度な浮力が有る
用法
今まで狙い目だったバブルレーンから
落ち込みの白泡の上・中と大岩の影・底に
流れの中、止めます

ゼンマイ胴 ヤマメ毛鉤

ヤマメ用テンカラ毛鉤の定番

DSCF3883
シーリーSF11 #12

ブラックフィニッシュ
ロングシャンク
ゼンマイ胴用下巻きでゴールドフラットティンセル

DSCF3884

DSCF3892
ゼンマイ ダビング 巻き付け

細目にダビングし2重から3重に巻き締める
ゴールドワイヤーを使い補強を兼ねたリブで更に巻き締める

DSCF3893
雉 ウィングカバーフェザー 一巻
DSCF3894
ゼンマイ胴 ヤマメ毛鉤
DSCF3896
ゼンマイ胴 ヤマメ毛鉤  上
DSCF3895
ゼンマイ胴 ヤマメ毛鉤 正面

40年物のゼンマイ使用
古ければ古い程と良いと言われていたが
一番は濡れると赤味が強く出る
そこに、一本々の繊維の色
それを支える下拵え

私見では有りますが
カゲロウ・カディス・ストーン等の
ニンフ又はシャックをイメージ
用法も水面下で流れに任す

普通毛鉤 山繭胴 ヤマメ毛鉤

ヤマメ用テンカラ毛鉤の定番

DSCF3883
シリー SF11 #12
DSCF3884
下巻にゴールドティンセル シャンク全部に巻く
DSCF3885
山繭 ペールグリーン(ナチュラル早期採取分)
DSCF3886
山繭 ナチュラル
DSCF3887
雉 ウィングカバーフェザー  胴の真ん中に巻く
DSCF3888
前半分も同じ山繭を巻く
DSCF3889
ヘッドを朱色で巻く

山繭は水の中では透けるため
下巻のゴールドティンセルが生きる
着物用の金糸・銀糸で巻いたもの
ヘッドの朱色も魚へのアピール

DSCF3891
普通毛鉤 山繭胴 ヤマメ毛鉤  正面

私見では有りますが、カゲロウの成虫をイメージ
用法も水面で浮かべ踊らす

ノーハックルサイドワインダー ——- No-Hackle Sidewinder

色々な選択の中、これも一つの選択
テンカラでパラシュートフライは邪道と 考えるか
ドライに出る魚を楽しむか
テンカラ仕掛けでラインからハリスまで水面に着けず
パラシュートフライのみ着水
竿の長さで流れを跨ぎ 竿の操作で毛鉤のみ水面の動きに合わせる
メンデングではなく、ナチュラルドリフトは全て竿先で操作
風を利用し流れを抑え
点で繋げた線で魚を誘う
魚と対峙するのは毛鉤のみ
これもテンカラの楽しみ

仕掛け テンカラ竿 3.6m
ライン   4.5m
ハリス   0.8号+0.6号+0.4号 段継 合計1.5m程

DSCF3871
ノーハックルサイドワインダー TMC500U #18

ドブ漬けフロータント処理中で写真を撮ってしまいました(笑)

DSCF3875
ノーハックルサイドワインダー TMC500U #18   下面

渇水期に入った中津川中流域プールのヤマメ狙い(No-Hackle Sidewinder  羽蟻)

DSCF3873
ノーハックルサイドワインダー  TMC500U #18  正面

テンカラでNo-Hackle Sidewinderも選択の一つ
針      TMC500U  #18
テイル    ラクーンヘヤー
ボディ    スレッド
ソラックス  ピーコックソード
ウィング   マラードウイング

ノーハックルサイドワインダー 浮力重視タイプ

DSCF3877
ノーハックルサイドワインダー 浮力重視タイプ 斜め上
DSCF3878
ノーハックルサイドワインダー 浮力重視タイプ  下
DSCF3881
ノーハックルサイドワインダー 浮力重視タイプ 上
DSCF3882
ノーハックルサイドワインダー 浮力重視タイプ  横

針         TMC103BL #18
テイル       コックドレオン
ボディ       コンドルダイドイエロー
ソラックス     ファインダブ
ウィング      マラードウイング
インディケーター  ラビットスノーシュー

浮力に乏しいノーハックルサイドワインダー
インディケーター代わりのADWかスノーシューと
テールを少し伸ばしただけで浮力アップ
テンカララインを水面に着けず操作するのが楽

この近辺の渓流は6月中旬から7月中旬辺りまで
どんな毛鉤でもポイントに入れるだけで釣れます
その後、摺れるのか魚が抜かれるのか一気に反応が無くなります
却って楽しい毛鉤のシーズン開始、様々な毛針で反応を探っていきます
その場なら同サイズの色を変え、その次にサイズを下げていきますが
その後の毛鉤の選択が大事、そのための毛鉤作り
定番の毛鉤では反応しない魚の多さに気が付きます

ここで追記・・・読み飛ばしてください
しみったれの貧乏人ですから規定幅以下でサイドワインダーを巻いてます
何故かというと

ウイング幅が狭い・・・ワンペアのウィングフェザーで巻ける数が桁違い
たかだか3本少ないだけで、倍巻けます

ウィングの根元をキッチリ絞り込むと耐久性が桁違い
華奢な毛鉤では有りません、狭いから尚更強いです

本来なら使わないウィングの先まで使っています
そのかわり、色の濃いウィングも出来ます

このパターンの大事な所は鈎軸より下にウィング下端のカーブが
緩やかに水と接する事と思います・・・ならばこれでもサイドワインダー

パラシュート・フライ用ポスト素材

パラシュート・フライのポストの主流は
エアロ・ドライウィングに代表される化繊系
巻き易い、調整が容易、素材自体の浮力等
手軽さだけでなく、利点は多いのは認めていますが

自然素材信仰は無いけれど
カーフボディ・ヘヤーを使っています

DSCF3869
クリンクハマー TMC200R #20 改

針     TMC200R #20
ボディ   グースバイオット ペールイエロー
ソラックス ファインダブ   ダークブラウン
ハックル  ミディアムジンジャー シャンパン
ウィング  カーフボディ・ヘヤー

カーフボディヘヤーが好きな理由

浮力性・・・フロータントの付着・持続性が良い
耐久性・・・フライボックス内で毛先が丸まらない
復活性・・・藻・ゴミ・ヌメリ等ヘヤーの形状により清掃容易
視認性・・・透過性がある化繊に比べ、マットな素材の利点

品質の差が有り過ぎるがその中から選ぶのがフライ作りの楽しみ

普通毛鉤 ラストホープ 

妙高関川 乙見ダム下から氷沢出会いまで
ダムの放流も無くなり夏の渇水期
ヒゲナガやモンカゲがちらほら
流れがあれば通常の毛鉤
瀞場は止水の状況
ハリス0.8号に0.6号を段継して
まずは、クリンクハマー #20

DSCF3868
クリンクハマー #20

淵際に出る24~25㎝に相手をしてもらって
その後の本命筋用

DSCF3687
TMC200R #20  調整
DSCF3864
ULTRA WIRE X-SM COPER
DSCF3863
コッパーワイヤーをスレッドにして

針      TMC200R #20改
スレッド   極細 コッパーワイヤー
ボディ    山繭ダイド ミディアム・ブラウン
ハックル   ホフマン コーチマンブラウンダイド

DSCF3867
普通毛鉤 (島崎氏ワイヤーアントの様)

サイズが小さいので水馴染みを良くするために、スレッド替りにワイヤー使用
山繭ダビング材は、ワイヤーにも良く依り付きます(カラーバリエイション)
切り残したベンド側のワイヤーで最後にアイまで補強を兼ねたラッピング