スタンダード・ハックルドライフライ

ジェネティック・ハックルの凄さは
本気で身に染みる程よく理解してはいます
ただこの頃のハックルは進化し過ぎて
機械物の様な、敢えて言えば
毛鉤用では無く芸術的な別の時限に行ってしまわれた様
まさか、コレクターズ・アイテム化?
裏書にもコレクションの表示・・・・・
均一で癖が無く、しなやかで巻きやすく
ダン各種、ハニーダンやらクリーやら
ダンもダイドで無くナチュラル
パラシュートとかイマージャなら
薬品の力でどうにでもなるけど
スタンダード・ドライ・フライで薬品の力を使わず
水面に浮かぶとなると疑問符が残る
ちょっと違う方向ではないかと・・・
きっと、手持ちのハックルが偶々かもしれない
ロットによっては別物なのが天然素材
でも、ナチュラルブラックが貴重品になるとは
プアマンズ・フライのハックルと言えば
茶色か黒しか無かったのに・・・

dscf4422
クリー ハニーダン ダークダン ジェネティックハックル

とにかく綺麗
でも私が買えた昔と違い
今のコックネックは昔のサドルハックルの様
スペードハックルすら無い
羽根のコレクターでも使えない羽根では持っている価値も無い
張りと艶と腰の有るハックルは過去の物
一番大事な透けの有る羽根は今のハックルに見当たらない

薬品が無くてもインディアンハックルのドライフライは水面に乗る
今更スタンダード・ハックル・ドライフライではないかもしれない
時代錯誤なのは承知
それでも竹竿でシルクラインはその毛鉤を楽しむため

dscf4413
スタンダード・ハックル・ドライフライ

ウィングは今風ですが

dscf4415
スタンダード・ハックル・ドライフライ

英式ではなく、米式ドライフライでは有ります

鮭フライでサイズ感覚が狂っておりますので
#18程度のハックル・ドライフライを巻いて調整中

追記・・・以下ジジイの戯言、読み飛ばして下さい

パートリッジ社、シーリーもその頃の釣り針全般
今更、なんで使うとの疑問符を多く聞く
マスタッドのドライ用には確かに泣かされました
掛かりが悪いとか錆びるとか高いとか
ただ、昔のパターン集では鈎とサイズが指定
サイズは兎も角、そのパターンに指定の鈎だから全体像が見える
掛かりが悪いは尚更
鈎をどこに掛けるかを粋とした餌釣り師からすれば
ナチュラル・フッキングなんて笑止
ついでにインジケター
ピンポン玉位なら却って笑えるけれど
水底が浅い渓流でインジケター
不思議な釣り方

広告

ジャングル・コック  Jungle Cock

サーモン、ストリーマー
ジャシッドの様なドライ

DSCF4393
ジャングルコック

養殖で高品質な物が流通するかもと聞いてはいたけど
上手く行かないようで益々、高価
何枚目かはさて置き、ひびの無い高品質にはご縁が無い
サイドでもウイングでも使えば必ず割れる
補強でヘッドセメントやらマニュキア、今ならUV系

使っているのはマニュキアのトップコート、コラーゲン入り
コラーゲン云々はさて置き

ジャングルコックの下拵え

DSCF4390
ジャングルコックの下拵え

左側の一本が素材
トップコートで割れを抑え
ゼブラ社のマッキーで着色
仕上げに再度 トップコートでコーティング
毛鉤に合わせ12色完備、ウェットフライに有難い色揃え

まず黄色で中段はオレンジ、先は赤 現物は鮮やかです
単色よりは好みです、黄色に青やら黄色に緑も捨てがたい
ヘアーウィングフライの様な茫洋とした毛鉤のアクセントには最適

高価ではあるけれど効果が無いとか
紫外線を反射して水中で輝くとか
水流で魚の鰓の様に動くとか・・・本当ですかね?

抜け防止にはスレッドで抑えてから
ストークを折り返して、その上から再度スレッドで抑えれば完全

マッキーの上に有る、シルバーフェザント・フェザーのダイド・ピンク
これもマッキーで着色
素人の多品種、少量生産には欠かせません

追記・・・以下ジジイの戯言、読み飛ばして下さい

釣具屋より手芸店
マテリアルとスレッド、染色剤、ラビットファーなんて選り取り見取り
文房具店でタイイング小物
ホームセンターでは接着剤やらティンセルとワイヤー
丁度、流行がウエディントンの辺りから買い物先が変わりました
針金程度のワイヤーワークなら慣れれば誰でも簡単
それに
某大宮の大手でリーガルロータリーのミッジが売り出された頃
メダル付き(18700円)
フライも絶頂期、釣具屋さんの稼ぎ時
ミッジジョーを見ていると早速、若い店員さんの親切なアドバイス
「ミッジジョーなんて誰も買いませんよ。」
リーガルはこれで3台目、スタンダードは有ると答えても
親切を飛び越えて、お節介が続く
いいからいいからと逃げるようにレジ
今でも、8割方ミッジジョーの出番
趣味の世界は怖い物
店員さんより詳しい方はぞろぞろ居る
自転車も同じ
頓珍漢の説明が余りにも続くので
ロードのホイールご自分で一から組んだ事有りますか?
と聞くと、別の世界を見ている様なお顔
8本組なり6本組、交差を捻じったり
バディットの長さ調整で螺子を切り直したり
ドキドキしながらアルミ製にしてみたり
傘の骨みたいなスポークでも最新エアロ
スポークだけでも薀蓄一杯

秘策 毛鉤

毛鉤の中で岩魚の好む、オレンジ・黒・赤・金

擦れた岩魚に効果的な毛鉤
キラーフライとまでではないけれど
夏場のこの時期に・・・

DSCF4328
ホット オレンジ アント

鈎 グラブフック #18
ボディ   ホットオレンジスレッド
ハックル  ホットオレンジ

このためだけにサドルハックルをホットオレンジに染めてみました
手持ちのネックでもウェット用にホットオレンジは有るのですが
手頃なサイズが取れないのでミッジサドルのホワイトで

興が乗り過ぎ、半分も・・・

それだけ釣果も確認できた御陰とします
代り映えしない
シンプルなアント・フライの色だけ変更
底石の黒に少し緑がかかった流れの中
#18サイズでも良く見えます
さすが全身、インジケーター

鮭釣り 荒川毛鉤 salmon fly

禁漁でもないのに
荒川 鮭釣りの相談をしながら岩魚釣り
入れ替わりながら流れを登る
秋に向けしっかりと太った尺上も混じる
連れはハーディ フェボライト 8半 6番
こっちは、テンカラ 3.6m ライン 4,5mにハリス1,5m
プールではフライの独壇場
流れではあまり差異が出ない
却って竿の長さでテンカラがリズムを取りやすい

 

DSCF4304
鮭釣り 荒川毛鉤

出張帰りに寄った金沢駅近くにある
ルアー&フライショップ フェローズ
ここで見かけた
カシミヤゴートヘヤーにラムズウール(ストレートヘヤーに調整)
使わずじまいだったのを思い出し、久々のサーモン用フライ作成
しなやかで輝く天然素材、繊細なウイング
カシミヤゴートの細さは特筆物、髪の毛の半分以下で光り輝く
ラムズウールはスキン付き、バルキーさがお気に入り

鮭釣りのメンバー各位の希望に応じ
丈夫なヘヤーウイングを基本に、カラータイプで無い通常のウイング型
スロートハックルはカラータイプ等・・・

産卵床に陣取るメス用でなく、流れに群れる雄用
使い易い形に落ち着いています
同じパターンでは有りますが細かい所が変わりました
信念鈎に近い物に成ってきたよう

オレンジ・赤はまだ沢山あるので
消耗が激しかったピンクとブルーを主に
桜爆弾の途中で迷子になった過去のトラウマと
それだけ影響を受けた御陰のパターンがちらほら

因果一如・・・

カルフォルニア ホワイト・リバー

Outdoor World Bass Pro Shops Rancho Cucamonga

毎月、半月は飛行機に乗って出掛けております
勿論、出稼ぎ労働者ですので現場と宿舎の往復で1日が終わります
今回はたまたま仕事が早く終わり
ホワイト・リバーへ・・・

Outdoor World

IMG_20160615_012213
Outdoor World Bass Pro Shops Rancho Cucamonga

Outdoor Worldの中にあるフライ部門がホワイトリバー

 

IMG_20160615_012205
Outdoor World Bass Pro Shops Rancho Cucamonga

魚釣りに行けず、物欲で満たしております

IMG_20160615_012551
Outdoor World Bass Pro Shops Rancho Cucamonga

 

フライ部門(ホワイトリバー)ですが正直、寂しい品揃えです
シムス関連のウェダー、フロッグス、オービス・・・3M、Dr,・・・
ナチュラル素材は数えるほど
それでもこの巨大とは言えないけれど大きなショップの中で占めている広さは大したもの
カルフォルニアという土地柄、海関連は豊富そうです
馴染みのトラッカー(ボート)も沢山

シルクライン PART3 AFTMA規格

シルクラインで番手規格に合わせる・・・
それもアフタマ規格・・・取り敢えずは基本ということで
ご存じ、フライラインのAFTMA規格

先端から9mの重さ
※番手/グレイン数/重量(g)

#3/100/6.5g
#4/120/7.8g
#5/140/9.1g
#6/160/10.4g
#7/185/12g
#8/210/13.6g
#9/240/15.6g
#10/280/18.1g
#11/330/21.4g
#12/380/24.6g

只今、コーティングを重ねフルライン重量
61g(元は41.3g)・・・18.3g
52g(元は42.1g)・・・15.6g
なんでわざわざ計り直したかと言いますと
本年2月の犀川釣行の折
ハーディーLRHグリースドライン13Fでシルクラインを飛ばしていた時
流し切ってピックアップ、竿の曲がりが違う、前の釣行時と重さが違う
毛鉤が重いからとかラインが水を吸ったのかとか・・・
計り直して成長具合に驚いた
何時の間にやら、DT10とDT9規格に成長済み
手の感触には、間違えが無かった

ヒーターを入れた部屋で失敗をしているので
(蝋が溶けるようにライン全体からポタリ、ポタリ)
室温3℃~5℃の中、アマニ油をラインに擦り込む
寒さのお陰で固まるのが早い(擬固?)
2日も乾かせば、次のコーティング
この時期は作業が捗る
只、作業を楽しみ過ぎたのがこの結果・・・

良かった事は
これで思いもかけずWYE13f半(10番手)でシルクラインを振れる
悲しい事は
重さで合わせた ハーディー クラウンフォートン10f用のDT7
太さも気になっていたので、結局、シルクラインDT7を買い増し

ラインは重さだけでは無い
でも、最低限の基本は重さ・・・

 

DSCF4201
ハーディー ハスキー 3‐1/2”ワイド
DSCF4203
ハーディー ハスキー 3‐1/2”ワイド

エナメル塗装のなかでも耐塩塗装、独特の色と艶
透明感の有るガンブルー色
シルクラインからの亜麻仁油が表面に残り艶を深める
竹竿や各ガイドにも残る・・・シルクラインの楽しみの一つ

60年代以前のハーディー竹竿、番手指定は無い
同じ銘でも年代によっても違う
同じ年代でも違う、早い話1本毎に違う
歴戦の勇士も居れば、箱入り娘も居る様な物
竿毎に合わせたシルクライン・・・ともなれば病気でなく偏執

シルクライン DT8&DT9

某オークションで手に入れた高番手のシルクライン
フルラインで27m
失敗したのか良かったのか・・・
以下の写真でご判断下さい

DSCF4197
シルクライン DT8 & DT9

いくらコーティングが・・・と言っても
DT8とDT9のフルライン重量が0.8g差
ちなみにライン規格無視のフルライン重量で
昔のハーディー DT9Fライン(アイスブルー) 61g

リリアン編みの中にテーパーの芯糸がこのラインの構造
その芯糸が一回転している程のキンク箇所が一つ
半回転した箇所が二つ
コーティング仕直し、キンク部分を修正
お陰で、平帯の様であったものがラインらしく丸くなりました
5回ほどコーティング後、10g増の成長振り
最終の乾燥具合でフルライン、50g
ただ、悲しいのは元々、DT8として仕入れたライン

DT9として仕入れたラインの方は
キンク箇所は無かったものの
コーティングが固い
(完全な平帯状)
アマニ油で緩めてみたけど
強情さは特筆もの
何度も繰り返し、取敢えずリールに巻ける程度に調整
以後、赤ミューシュリンでしごいてみて44g
太い分だけ、コーティングのしがいが有るが
許容範囲の広い竹竿用としても・・・?
7番手用、8番手用の竹竿で投げてみてからの判断
ほんとはLRHグリースドライン13Fで使う予定
ダブルハンドでシルクライン
夢で終わるかはラインの成長具合で決まる
(だめならティップでごまかすか)

コーティングを繰り返し、良く判ったのが
シルクラインにコーティング = グリースドライン
身をもって良く理解できました。
周りがベタベタ・・・

以下爺の戯言———————————-

DT8にDT9となれば中古のシルクラインでも用意できることは難しい
現在、手に入るとすれば中国産 シルクライン
有るだけでも有り難いが
某オークションで手に入れたこのライン
低番手の中国製と比べると出来が全てが違う
・・・兎に角すべてが大雑把
絹で出来ているとは思うが編みも緩くリリアン編みの外巻に
中に別のラインが入る二重構造でその中のラインも緩い
それがキンクしたり捻じれたり
緩い二重構造に無理矢理コーティング処理
・・・良い勉強になりました

HARDY

DSCF4191
HARDY

HARDYの竿袋ラベル、様々
ロッドインハンドの絹袋からハウス・オブ・ハーディまで
ラベルが同じでも袋の色が違う
40年代、50年代、60年代、70年代、80年代
70年代にはまだコータック扱いのパーフェクトが店頭に有った頃
勿論、手が出せる金額では無く、
80年代に入ってから
2万円を切る処分品価格でやっと手に入れたのも思い出
変わった物とすれば初期JET(白ペグ)が入っているラベル
横長の黄色字のHARDYに赤の一本線でお城の刺繍

グラファイト・マーベルの竿袋なんて口で咥えて崖登り
マウンテンストリームなんてものじゃない
大所川上流部、滝のような落差の中
所々のスポットにドライフライを打ち込む
ぶれもなく狙った場所に毛鉤をポンと
置ける扱い易い竿でお気に入り
ロングドリフト無、勿論ロングリーダー必要無
ただ、パックロッド代わりには役不足
安曇野の湧水の川では相手が大きすぎて
ついつい左手がロッドのミドルをかばう

定番、8.6フィートの6番から始め
その後、3・4番あたりをウロウロ
今はどこでも、9フィート以上の6番に戻る

1900 – 1916 A
1916 – 1920 B
1920 – 1922 C
1922 – 1924 D
1925 – 1930 E この間通し番号は不使用
1931 E20923 – E22813
1932 E22814 – E25141
1933 E25242 – E28698
1934 E28699 – E32102
1935 E32103 – E36204
1936 E36205 – E40002
1937 E40003 – E45445
1938 E45446 – E49492
1939 E49493 – E52331
1940 E52332 – E53644
1941 E53645 – E55130
1942 E55131 – E56090
1943 E56091 – E56399
1944 E56400 – E56855
1945 E56856 – E57900
1946 E57901 – E60708
1947 E60709 – E63386
1948 E63387 – E67200
1949 E67201 – E70990
1950 E70991 – E75100
1951 E75101 – E81000
1952 E81001 – E86200
1953 E86201 – E91000
1954 E91001 – E96102
1955 E96203 – E98999
H101 – H4600
1956 H4601 – H10121
1957 H10122 – H14127
1958 H14128 – H27533
1959 E20679 – H27533
1960 H27534 – H35183
1961 H35184 – H48465
1962 H48466 – H52737
1963 H52738 – H59557
1964 H59558 – H66420
1965 H66421 – 最終番号不明

シルクライン メンテナンス

冬眠前の基本メンテナンス

DSCF4091
シルクライン メンテナンス

1.布で汚れを落としながらチェック(特にキンク箇所)
2.指でアマニ油をラインに擦り付ける
3.アマニ油が乾いたら指で磨き上げる
4.蜜蝋ワックスで表面を滑らかに整える

DSCF4093
シルクライン メンテナンス

メンテ前
赤ミューシュリン(撥水剤)を薄く塗り込みながら使っていても
所々、白っぽくなり表面もカサカサ
白い所はキンク跡又はコーティングが薄い場所

DSCF4100
シルクライン メンテナンス

メンテ後
艶も戻り、シルクラインに腰が戻る

アマニ油は基礎工事
(しっかりと含ませる)

蜜蝋は表面仕上げ
(艶が出る様に磨き上げる)

赤ミューシュリンは撥水剤
(使用前に薄く仕上げる)

100年は無理でも生きている限りは使える

DSCF4097
シルクライン メンテナンス

ミューシュリンで最終仕上げ後(別のライン)

DSCF4094
シルクライン メンテナンス

ミューシュリンで最終仕上げ後(別のライン)

DSCF4095
シルクライン メンテナンス

赤ミューシュリンはシルクライン用の撥水剤
効果はプラスチックライン用の緑ミューシュリンと同じ

独自のコーティングでメンテは赤ミューシュリンのみとする
シルクラインも有るそうですが・・・

古いリールに付いてきたシルクラインでも
この方法で再生完了、今だ現役
一日使っていても沈んで困る事は無い

バブアージャケットも同じ事
オイルメンテが無ければ
長繊維のエジプト綿でも脆いもの
オイルで布を守り機能する
たかだか4~5年で寿命が尽きるゴア
シールテープの接着剤でも10年
機能を求める消耗品より
大事にできる道具を使う

たまたま出合った2ワラのスペイジャケット(デッドストック)
表面のオイルも抜け、裏地のコーティングは全て粉
それでもオイルでリプルーフすれば蘇る
ただの綿生地ならデッドストックでも
布自体の寿命が尽きてボロボロのはず
オイルが抜け切らなかった御陰で
82年~87年製造のバブアーが着れる

此方もどうぞ

スペイ・ジャケット

古いから凄いでなく
これ以上の機能は要らない

此方もどうぞ

バブアーオイルジャケット

荒川鮭釣り ヘアウィング・サーモン・フライ

早、渓流は禁漁
犀川は増水中・・・

楽しみは、荒川鮭釣
久々のタイイング

ヘアウィング・サーモンフライ
ヘアーウィング・ストリーマー

TMC700 #4
ウィングはアークティックス・フォックス
赤やらオレンジ・紫・ピンク・・・
一気に鮮やかな色!

お決まりのシュリンプ・パターン

DSCF4041
シュリンプ・パターン

ピンク・ラビット・ゾンカー

DSCF4058
ラビット・ゾンカー

紫・ラビット・ゾンカー

DSCF4059
紫・ラビット・ゾンカー

ストリーマー・パターン

DSCF4056
ストリーマー・パターン
DSCF4055
ストリーマー・パターン
DSCF4052
ストリーマー・パターン
DSCF4051
ストリーマー・パターン
DSCF4054
ストリーマー・パターン

アトランティック・パターン
ウィングは
牛の尾
狐の尾
栗鼠の尾

ここにカシミヤゴート・ポーラーベア・バックテイル・・・
同じパターンでも様々

DSCF4057
アトランティック・パターン
DSCF4053
アトランティック・パターン
DSCF4050
アトランティック・パターン
DSCF4049
アトランティック・パターン
DSCF4048
アトランティック・パターン
DSCF4046
アトランティック・パターン
DSCF4044
アトランティック・パターン

信頼のTMC700 それも#4ともなれば
メーター越えでも安心

好きな形のバートリート
ややもすると
擦れ掛かりが多すぎる

ダブルフックまで出動させた
初期からすれば
落ち着いたのかもしれない

高い山は紅葉
タイイング・デスクも
この時期は色とりどり