逆さ毛鉤・順毛鉤・普通毛鉤

テンカラ毛鉤の形態として
逆さ毛鉤・順毛鉤・普通毛鉤の3形態
勿論、材料と針によって中間型も有る
剣羽根毛鉤は形態が普通毛鉤でも
ここまで堅い羽根だと違和感というか、別格というか・・・
エルクヘヤーカディスの様に羽根を束ねたものは
順毛鉤の亜種としても
遠刈田毛鉤も含まれるかと思うと・・・
取り敢えず
蓑毛の向きで広く分けたとして3種類
飯山の奥、秋山手前で見かけた
カケスのフェザーをスペント型よりファンウィング型に近く広げた
まるで蝶のような毛鉤もあるし・・・
以後、実物を巻いて写真で上げていこうと思う

普通毛鉤           逆さ毛鉤         順毛鉤

kebari 3tai
普通毛鉤・逆さ毛鉤・順毛鉤
sakana2
普通毛鉤・逆さ毛鉤・順毛鉤

そこにヤマメ用毛鉤とイワナ用毛鉤の違い
伝承毛鉤も独断では
西日本はヤマメ用毛鉤、東日本はイワナ用毛鉤が
主に伝えられてきたと感じている
そこに外国人避暑地のその当時のフライの影響
古式と言える、その地方、その川用の個人作成の毛鉤
縫い針を曲げての時代までとなると広すぎるので
市販の餌針がある時代からとしても
釣法、竿、仕掛けの違いから様々な毛鉤

テンカラもグラファイトロッド全盛となりフライロッドと同じく
画一的な、投射性重視の毛鉤ばかり
釣果重視ならそれも仕方がないけれど
バンブーロッドにシルクラインで楽しむフライフィッシングの様な
もう少し、幅広い楽しみ方も面白い
昔しテンカラでは無いにせよ
マッチ箱に毛鉤を入れて川辺の手頃な枝なり、竹なりを竿にして
そんな原点のようなシンプルなテンカラも楽しい
意外に、太めの柳の枝も良く撓って面白い・・・

 

余り紹介されない順毛鉤

DSCF5443
順毛鉤

小さなバックテール・ストリーマーにも似る

フライの解釈はこれに近い

dscf4407
順毛鉤 フライの解釈

はたまた

DSCF5009
順毛鉤 フライの解釈

これも

DSCF5126
順毛鉤 フライの解釈

もしくは

dscf4570
順毛鉤 フライの解釈

普遍的なら

DSCF4991
順毛鉤 フライの解釈

DSCF3848

 

普通毛鉤 トンビ・ハール・ツイストボディ

ハールボディといえば
ツイストボディ

DSCF4020
普通毛鉤 トンビ・ハール・ツイストボディ

シルバーワイヤーにてタグ・リブ
カウンターラッピングは必要

DSCF4021
普通毛鉤 トンビ・ハール・ツイストボディ

ミディアムダンの毛羽立ち

材料はこれだけ

普通毛鉤 白毛鉤

テンカラ毛鉤の白毛鉤

白蓑毛も色々
白からバード模様が入っている物
スモーキー
ライトブルーダンから
青味の強いダングリ
バジャーでも
バリアント系のシルバーバジャー(リストがダン)

DSCF4013
白毛鉤 蓑毛

ボディ素材がトンビ・ハール
(リブがミディアムグレー、地色が白)
シルバーワイヤーでタグ・リブの補強

DSCF4017
普通毛鉤 白毛鉤

石が黒の関川は流れの中で見え易い
陽が傾く禁漁間際は尚更

DSCF4019
普通毛鉤 白毛鉤 正面

爺様達に巻いてはいたけど
白が目立ち過ぎ
馴染めなかった毛鉤
違和感=不信感

釣れるのを見て使ってみたら
これで馬鹿釣れした事がある
目から鱗が落ちた思い
毛鉤一つで情景が浮かぶ

蓑毛の巻き方
ホワイト・ウルフとは真逆
羽先から巻き
表をアイ側に巻きとめる

DSCF4023
普通毛鉤 白毛鉤

もう少し歳を重ねたら使う毛鉤
そろそろ巻き貯めておこうかと
ホワイト・ウルフを巻いて思う・・・

テンカラ 伝承毛鉤雑感

起源不詳の毛鉤?
・・・葉っぱで釣る爺様もいた
この辺、50年前には対米輸出用フライ作りが手内職
70年前なら鉄砲代わりに釣り竿持った米軍さんが
この辺りでも軽井沢・妙高の川や池で魚釣り
100年前でも、避暑地の外人さんの楽しみ
妙高・乙見湖に虹鱒を放流したのはそのため
どちらも世話役は地元の案内人
影響が無いとは言い切れない

何もない山国、粗末な材料?
・・・原材料は鳥でも獣でも豊富
後は使う必要性が残るだけ
フライ並みにスペントもあれば
羽根を背負わせたカディスも有る
胴を太目にすればテレストリアル
そのまま、羽根を薄目にすればニンフ
普通毛鉤はメイフライ
何も無いとして地方を見下ろすその目がいやらしい

一子相伝?個人の秘儀?
・・・川割り・沢割り、川干し・毒流し
村として、生活共同体としての意識も有る
クマ射ち、狩猟も同じ事
残るは地域性と個人の技量
毛鉤も、釣り方も伝わっている
毛鉤も売るし、魚も売る
売る毛鉤なら手間暇かけて、人を釣る

山国の食料源?
・・・食料源なら今頃、魚はいない
ゼンマイ・舞茸と同じ換金物
たまには薬代わりに病人・妊婦の滋養食

昔の職漁師は、孤高の人?
・・・魚の売り込みで現金を得る
商品としての売り込みは今と同じ
尚更、相手は旅館の料理長

神秘主義やら神格化?
・・・垣間見だからこそ
上から目線の中央を介さない
地方から地方への文化伝承すら
理解できないから尚更か
アンダルシアコックも
知らない人から見れば
薄汚れた粗末な羽

昔語りなら
蜘蛛が一番釣れたふっとばし
モンカゲなら針に刺してもドライで釣れる
餌針に裂いた布や葉っぱでも魚は釣れる
フライ・ルアーの起源も案外そんな物

今のテンカラは
村田銃で熊狩話、もっと古ければナガサの槍
そんなロマンを求めながら
最新鋭ボウガンのディア・ハンティング

F.Fを知らない渓流釣師にすれば
淵に居座るF.F釣師は釣りの練習に見えるらしい
F.F釣師にすればライズを楽しむ至福の釣り

楽しみ方を知らないだけの話
毛鉤作りも同じ事
百聞は一見に如かずとは言うものの
知識の無い者が見ても理解できず
表面をなぞるだけ

それとも、昔に戻って
一間竿を引きづるか
生木の枝を掃うか
昔に戻れば
釣具屋が無くても魚は釣れる
それこそ、店・空(テン・カラ)
それとも、天外釣りが(テンガイ)

テンカラの言葉の起源が木曽とか・・・
地域名のバチ蛇をツチノコとして売り出したと同じ

テンカラの語源を木曽としたのは山本礎石氏
そこから撥蛇をツチノコとして全国区入りしたように
毛鉤釣りをテンカラ釣りとして世に広める
源流は廃藩置県による加賀藩武士階級の移住先、
木曽開田地区
海の引っ掛け釣りは海のテンカラ
鮎を引っ掛けるのもテンカラ釣り

カゲロウの釣りだとか・・・
木っ端相手なら良く判る
こと源流の岩魚釣りではトビケラ他の虫が主役
夕方見かけるヒゲナガは大きな白い蝶
モンカゲの乱舞は蝶の舞
ならば蝶の釣り

長い馬素を振り回す・・・それこそ近来の釣法
山国なら
提灯釣りで充分釣れる、てんてん釣り
餌代わりの毛鉤なら
餌竿に道糸・ハリスで充分

どちらにせよ、当てと推量で
お町の人が何か言っている程度の話

売り物の伝承系毛鉤を見れば良く判る
何が○○○系なり風

岩魚しかいないこの周辺は関西系とは別世界

剣羽根孔雀胴毛鉤 イワナ毛鉤

ピーコックソード&オレンジシルク胴に使った
剣羽根のバッド側の残りで別バージョン

DSCF3856
剣羽根孔雀胴毛鉤

ちなみに15年程前、同じピーコックソードで巻いた剣羽根孔雀胴毛鉤

DSCF3857
剣羽根孔雀胴毛鉤

同じく、剣羽根孔雀胴毛鉤
孔雀胴の銅色、釣欲で溢れかえっていた時

DSCF3859
剣羽根孔雀胴毛鉤

同じ釣針と材料でこうも違うものかと今更ながら感じる
さすがに釣針の劣化は有るものの
毛鉤自体があの頃は武器
何匹掛けたか忘れたけれど
ヘッドのバーニッシュを塗れば綺麗
パートリッジの鈎は剣羽根と同じで耐久性が高い
胴を短めに仕上げてあるのも訳が有る
サマーサモンフライと同じ意味合い

剣羽根毛鉤孔雀胴 盛夏

夏本番
北アルプスの残雪も僅か
トンボのおかげで
ウルルや蚋も減り
関川上流、真川もそろそろ川辺を
バッタが埋め尽くす間際
(バッタと言うよりイナゴ)
お決まりの
孔雀胴の時期
茶色にダイドした剣羽根
オレンジシルク

dscf3850
パートリッジ社 K12ST #16
DSCF3851
茶剣羽根 ピーコックソード オレンジシルク  横

#16とはいえセッジ用のフック、並の#10程度

DSCF3853
茶剣羽根 ピーコックソード オレンジシルク  上

タグ  ゴールドワイヤー 3巻
ピーコックソード補強を兼ねてリブを巻く

DSCF3852
茶剣羽根 ピーコックソード オレンジシルク  正面

この時期こその、キジの茶色剣羽根・孔雀胴・オレンジ・の組み合わせ

伝承毛鉤について

DSCF3848
伝承毛鉤 蓑虫毛鉤

各地・各渓・名手の手による様々な毛鉤

~道では無いけれど、魚籠持ちから始め
渓への道から歩き方、山で必要な知識を得る
山菜・茸に詳しい者、獣に詳しい者
勿論、魚採りが巧みな者
餌釣り、毛鉤釣りが巧みな者
才能と知識が溢れていた
それが、萬ある中の、生きる術の一つ
仕事を共にすることで伝承される業
田畑作業から家造り、道普請から川ざらい
全てが己の手と皆の手で作り出されていた
昔、信州と新潟の秋山郷周辺は秋田マタギの縄張り
妙高山周辺は木地屋集団、檜皮葺きを生業
笹ヶ峰周辺は隠し金山守護ともいわれる辺境守護
近代、ジャガイモで開墾、開拓、撤退を繰り返す
その地、その地で歴史もあるし、人と人の交流もある
この毛鉤のルーツは遠刈田毛鉤かもしれない
乙見ダム建設で来られた方の手慰みの毛鉤が
親交のあった方から伝えられたもの
この毛鉤の倍ぐらいデカいのを関川の一ノ橋下で使っていた
爺様も石のシャッポを被ったし、もう使う人も居ないと思っていたら
信濃町の人が関川で使っていて懐かしいやら驚くやら
これも一つの伝承

今ではこれも関川のりっぱな伝承毛鉤
作る人もいれば、それで釣る人もいる

独特な使い方は伝わっていくのだろうか

DSCF3849
伝承毛鉤 蓑虫 上

針      がまかつ R10-B #12
ボディ    絹穴糸 16号  オレンジ
ウィング   日本雉 テールサイドウィング

日本雉はフライで使われるフェザントテールと違い、裏面が濃い又は黒い
先ではなく軸側の皮付きを使うのはヒゲナガのウィングを表現
(ボリュームを出し水面の振動と波紋で魚を誘う)
3段でカディスウィング状に付ける
夕方、水面を滑らすため敢えてキールタイプに巻く
ヤマドリでなく雉を使うのは、水弾きが良いから
この一つ一つが業、これが伝承、

先回ご紹介した、剣羽根の処理も同じ
この処理方法も一つの伝承

なぜが判ればそれが伝承毛鉤

採るには早い小さな舞茸なら屋号を残し
大きくなるのを待ったもの
そんな共同体意識も、はるか昔の話

以下爺の戯言 ———————————–

夕方、一ノ橋下の二つのプールで振ってた
爺様の毛鉤はデカかった
遠目に見ても判る毛鉤の大きさ
羽軸の皮を毟り取ってそのまま餌針に巻き付けたもの
細く切ったプラスチックの束の様な毛鉤

テンカラ叩き上がり用毛鉤  tenkaraMountain stream

DSCF3833
テンカラ 叩き上がり用毛鉤
DSCF3836
テンカラ 叩き上がり用毛鉤 左側
DSCF3834
テンカラ 叩き上がり用毛鉤 上側

妙高関川はこの時期、水面しか反応せず又大型の毛鉤を見切る事が多い
日中、気温が高く落ち込みの水泡の中に潜んでいるイワナ用

針      TMC102Y #15
スレッド  ユニ社 8/0黒
タグ    ユニ社 ファイヤーオレンジ・スレッド
ボディ   トンビ(ミディアム・グレイ・ダン)
ソラックス ヘヤーズイヤー(黒)
ウィング  ラビットスノーシュー(ナチュラル)
ハックル  ホフマンヘンネック (チョコレート・ダン)

ウィングを巻き止めてからソラックスを丸くダビング
その上をウィングで覆いアイで折り返しフロントハックルを巻く

ボディのトンビは犀川で拾ったウィングフェザー
コンドルと同様、リブが立ち非常に丈夫
ウィングのスノーシューはある程度の浮力が持続し
エルク等に比べ切れも無く長持ち、ヌメリも取れやすい
フロントハックルは薄巻

毛鉤なのかフライなのか
釣法的に
テンカラの方が使い易い物を毛鉤
フライフィッシングで使い易い物をフライ

伝承毛鉤の良さを理解しながら
豊富なマテリアル活用は楽しい

叩き上がりとはいっても水を蹴散らしながらではなく
大岩の脇、主流の白泡の上、又白泡の中に捨て針を
置きながら3回に一回ぐらい、流れにまかす
投射性が一番大事、伴うリズムが大事
ある程度の浮力が有れば操作が楽

テンカラ毛鉤の名前について tenkara kebari 

近所に真田毛針が有る
蚊頭・ヤマメ・イワナ用は販売されている
幼少時代、内職が盛んな頃
アメリカへの輸出用毛鉤を巻く奥さん方が近所におり
ハックルが開く程度で 驚いた事が思い出

毛鉤は特に実物を手に取り
他人様が巻いた毛鉤を見る事が最良
写真で見る平面的なものとはボリュームが違いすぎる
実際、スコットランドで使われていたサモンフライ
ハンドバイス即ち手で巻かれたもの
羽根がふかふか、何処から見ても流線型
羽根の束をきっちり巻き止める、実戦の凄味

DSCF3793
福富針
DSCF3792
鮎毛鉤 櫻巻

イワナ=黒・ヤマメ=黄
それ以外
まったく拘りが無かった
釣る数とサイズだけの時代
釣れなければ、釣れる魚の居る所まで
さすがに長靴に荒縄巻ではなかったけれど
水中型ウェイダーのフェルトはシーズン中に1回、張替
足の両親指の爪も1回からひどいと2回、生え変わり
ダイワの4.5m ファイバーグラスの琥珀で毛鉤釣りをしていた頃
ラインは4.5mから6m、ハリスは一ヒロ
毛鉤のサイズはTMC102Yでいえば11号、 黒か茶の蓑毛
胴はクジャクに黒の絹糸16号荒巻、 ベンドまで被る芋虫様の太い胴が定番
飲めない水の魚は釣らないという矜持があり
ほぼイワナ域でしか竿を出さなかった
鮎釣りが盛んで重複するヤマメ域では
渓流釣りそのものが出来ないというこの地域の事情もある
実際、ヤマメを釣るという意識も無かった
関川をホームグランドに、上越から糸魚川 小谷をへて乙見ダムに至る周辺のすべて
上流部であればイワナのみ
それこそ大振りな毛鉤でおもしろいように釣れた
大場所にはそれに見合う大型も居た頃
餌釣り師が半日以上粘った後の夕方
関川の氷沢出会いの淵
琥珀で引き出せなかったイワナ
竿尻を魚に向けるなんて西洋釣絵画にある姿そのまま
手のひらサイズの尾鰭を見せるだけ
西野へ降りて、下流へ一旦下がり、乙見ダム下までがのんびり1日コース
大水が出るまでは通ラズは有るし、高巻もある
平坦になった今とは大違い
春の山菜・竹の子から禁漁間際のナラ茸・早出の舞茸
春蘭・金蘭からショウジョウ、クリンソウ、黄花シラネアオイ、白・ピンクのカタクリ
色変わりから希少種まで様々な植物分布限界が混ざり合う場所
見慣れた大岩も無く、今はただの河原

あの頃の釣果は無いにせよ
この時期ならこの毛鉤
あの川ならこの毛鉤
そんな気持ちで巻いている
釣る魚の種類も増え、源流部から
下に降りてきた原因も有る

そろそろ
テンカラの毛針もフライ並にスタンダード・パターン名が必要に思える
なんの毛鉤で釣っていると聞かれ説明に困る
甲冑並に(それ風な文字の羅列です)
赤漆頭・雉剣揃・薇丸胴金筋・緋色毛引威の何番なんてね

ちょっと気持ちが惹かれてしまう

ちなみに

DSCF3794
剣羽根 ゼンマイ胴 横
DSCF3796
剣羽根 ゼンマイ胴 上

これが赤漆頭・雉剣揃・薇丸胴金筋・緋色毛引威の16番(笑)
勝手ながら、真田藩のイメージ

言いたい事は伝わるかもしれないが長すぎる
でも、剣羽根毛鉤、ゼンマイ毛鉤・テンカラ毛鉤・毛鉤だけでは
範囲が広すぎて伝えられない
個々の川の当り針を洗練し一般化したのがフライのトラディショナル
3千とも4千とも言われ個々に巻き分けられる、鮎毛鉤が羨ましい

剣羽根の処理  tenkara kenbane kebari

名称未設定-3
剣羽根の処理 クリックで昔のブログへ

剣羽根毛鉤の作り方・・・基本

剣羽根毛鉤の下拵えと剣羽根の巻き方

剣羽根の処理は非常に大事です
壊れるのは ボディ後半か ハックル部分
剣羽根自体は強度がありますが
そのままだと嵩張ることで緩みやすい
立ち上がる羽根一本々に 巻糸で補強した毛鉤も見ました
それでも、剣羽根から 壊れます
羽根裏の髄が残り その厚みが水を吸う事が原因
本来は剣羽根1枚から 4本の毛鉤が余裕を持って
作れるのが剣羽根です

昔のブログで手書きの図ですが、クリックで飛びます
http://tencara.blog56.fc2.com/page-5.html
追加の説明とすれば 皮一枚となり巻き易く
2巻目を少し被らせる様に巻くことで良く締まり
(サーモンフライでのオーストリッチ・ハールと同じ要領)
ヘッドの仕上げ過程で、更にスレッドで抑えます
単色黒のヘッドも良いですが
好みでワイン色(気分はクラレット)に仕上げております

剣羽根処理
剣羽根処理
DSCF3852
剣羽根毛鉤

 

20090208021225 (2)

毛鉤の最重要点は丈夫な事
剣羽根毛鉤も同じ事です

なぜ下拵えをするのか

ヘッドを小さくして綺麗に見せる事が目的では有りません
髄が残ると締りが悪く水を含みやすくなります
巻き過ぎも剣羽根毛鉤の重要な目的を潰します
如何に水中で細かい振動をさせて
魚の関心を集めるかが最大の目的です