テンカラ毛鉤(1970年頃) tenkara kebari 1970

テンカラ毛鉤

勿論、この頃はハリス付きが主流
簡単なバイスも有りましたが道具とすれば鋏だけ
手で持って巻くのが普通でした
原型は50年代以前で余り変わっていません

DSCF3654
テンカラ毛鉤 ハリス付毛鉤

仕掛け  エサ竿 ダイワ琥珀(グラス製)4.5m 道糸3号 ハリス1号

胴 孔雀    スレッド 黒絹仕付け糸
ヘッド  漆
ハックル 軍鶏

テール  軍鶏又、チャボ(秘中の秘として日中はカケスの青)

川によって胴を黒、茶、孔雀で使い分ける
生きた毛、死んだ毛と言われたのを覚えている

「最良は老齢の生きたチャボなり軍鶏なりの
首根っこの毛を抜くのが一番、毛の輝きと透けが違う」
スペックルドとかシャンパンにレオン、バジャーにファーネス、ブルーダン

いつの世も拘りが強いのは性?業?

テール付きの毛鉤は珍しいと言われます
乙見ダム湖へ進駐軍の慰安用に、ニジマスを放流
その時使っていたフライを真似たとの事

戦後すぐのことですからテール一つに歴史があります

使った毛鉤の残りです、ハリスの反対側はちちわになっています

わざわざ赤味の強い軍鶏の毛を選ぶのですから尚更

和製レッドタグ?
クジャク胴はなるべく青味の強い物が良いとか
蓑毛は透けが強く光る方が良いとか
その頃、ただの茶色のハックルと思っていたが
今見ると、濃いめのハニーダン色変わり付き
さすが爺様、あなどれない

DSCF3656
東京袖 11号 エサ針

拡大してみると、パートリッジのG3Aにも見えてくる
フライフックサイズで#6~8程度

DSCF3657
100本入り定価 300円

播州針

おおらかな時代でした、勿論この時代は魚篭持ちでした
皿付でと言われれば鮎掛け針太に巻いた毛鉤の出番です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
テンカラ毛鉤 鮎掛け針太

大振りな毛針ですから却って派手な出方で飲み込まれるのが常でした
返しが有ると次が遅くなります、早や掛け針でないと夕方の一刻、数が揃いません

テンカラ 毛鉤 tenkara kebari&PARTRIDGE HOOK

P1010049
剣羽根ペールイエローダイド
P1010051
剣羽根 ナチュラル
DSCF3599
剣羽根 黒ダイド
DSCF3603
蓑毛 金ゴマ

DSCF3605
蓑毛 芯黒

DSCF3606
逆さ毛鉤 黒
DSCF3608
逆さ毛鉤 黄

昔、妙高関川で毛鉤釣りといえばエサに出ない夏の一時、
エサ竿に提灯仕掛けで毛鉤釣り。殆んどエサの代用
今様のテンカラ竿で釣るのがなぜか恥ずかしい時代、
見様見真似もなく噂話程度の知識が先走り秋山郷の誰それはこうしている、
秋田式は毛鉤の先に空バリを付ける、関西の方は・・・5m離れてお猪口に
慣れてくるととにかく釣れた、今は石のしゃっぽ被ったじいさま達が欲しがる欲しがる

御蔭様で、魚篭持ちから竿頭

写真をクリックしていただけると昔のブログに飛びます

Hello world!

毛鉤とフライで渓流歩き
ダブルハンドで犀川本流
時期になれば荒川で鮭釣り
テンカラ・フライを楽しんでいます
天気が良ければシルクラインで昔のパラコナ持ち出します

tencara.blog56.fc2.com から
引っ越して参りました。

前ブログでもテンカラに対する興味の高まりが
世界的に広まっている事が判りました
ただ海外へ発信されている情報が
偏ったunfairなものだと思っています

その喧伝するテンカラ毛鉤が有るのなら
正体不明で誤魔化すのは不思議です
一番大事な事が抜けているのは寂しい限りです

exotic Japanese kebariと言われるそのexotic の意が
異国情緒よりは風変りが良いし、魅惑的なら尚更うれしい

身土不二
・・・この世に二つとない大事な物の意です

Kebari and Fly
・・・私の巻ける「Fly」は何時まで経っても「蠅」未満です

サブテーマは漸近自然
・・・ゆっくりと物事の本質に近づくの意です

dscf5007jpg

I can correct mistakes in fishing magazines
Information too commercial based is a disgrace,