Hardy Lightweight Reels

ハーディー・ライトウェイト・リール
・・・Lightweight Reels

Flyweight 2-1/2(1961 -)
Featherweight (1958 -)
LRH Lightweight (1951 -)
Princess 3-1/2 (1953 – 59, 62 -)

短命で終わった
Zenith 3-3/8 (1958 – 80)
Husky 3-3/8 (1964 – 69)
St. Aidan 3-3/4 (1964 -)
St. Andrew 4-1/8(1962 – 69)

DSCF7480
ハーディー・ライトウェイト・リール

ラインガードで凡その年代
インナーL型とアウターL型は50年代
ラージU型は大きなネジと刻印付きが60年代
ラージU型でも小型のネジと刻印無が70年代
小型のU型は80年代以降とかの一般的な説明をとりあえず・・・

DSCF7482
ハーディー・ライトウェイト・リール

フレームが薄く細い4ピラーとその後の1mm程厚くなった3ピラー・・・

真鍮製 リブフットはハスキー

DSCF7483
真鍮製 リブフット

アルミ製 リブフットは初期型LRHとSt. Andrew

アウターL型LRHにはアルミ製フットにスムーズと後端リブの二種とか・・・

DSCF7484
アルミ製 リブフット 初期型LRHとSt. Andrew

フレームの刻印、ストレート・ロゴでも

DSCF7485
ストレート・ロゴ

フレームの刻印でも強めと薄めだけでなく
面白いのが筆記体が僅かに違ったり・・・

DSCF7486
ストレート・ロゴ

後期型

DSCF7488
ストレート・ロゴ

字体の違いが有ったり・・・ハウスオブハーディー

DSCF7489
ストレート・ロゴ

ロゴも様々・・・

DSCF7490

マークⅡ型チェック

DSCF7495
マークⅡ型チェック

左右切り替え可能なアジャスタブル型チェック

DSCF7494
アジャスタブル型チェック

ハスキー等に使われたディスク型サイレントチェック

DSCF7492
ディスク型サイレントチェック

ディスク型サイレントチェックは強力
コルク・シューを押し出す調整がスムーズ
左右切り替え可能なのとシューの擦り減り調整可能

スプール固定のラッチにも

DSCF7500
カバー付きラッチ

後年のカバー無しラッチ

DSCF7501
カバー無しラッチ

エナメル塗装のスプールの違い
・・・全てLRHスプール

DSCF7499
エナメル塗装スプール

中期のエナメル塗装のスプール
・・・厚みが有って細やかな粒子

DSCF7498
エナメル塗装スプール

ハウスオブハーディー時代以降は粗い物も・・・

一番好きなのは無塗装の初期型

DSCF7497
無塗装の初期型

ラッチカバーにも3と2スクリューとか
同型、同時代でもスプールの穴径が違ったり無かったり
幻とされる最初期型ともなれば一個一個がプロトタイプ(笑)

細かな違いは控えさせて頂き
外観は似ていても実釣で使うとなると
スプロケット・カバーの中にそのリールの素性が隠されている

DSCF7502
スプロケット・カバー

スピンドル軸にトラウト用とシートラウト&サモン用の二種の太さ

以下爺の戯言 —————————–

ハーディー・フライリールとなれば
パーフェクトにSt.ジョン、St.ジョージは欠かせない
年代物の手触り、質感、造作の素晴らしさは圧倒される
シルキーサウンドと呼称される1912チェック
無骨とも感じる塊からの甲高いパーフェクト・サウンド
小柄なSt.ジョージには似合わない、くぐもった回転音
大型トラウト用と回転音からも感じるSt.ジョン
年代によっても、サイズによっても様々
チェックの違いも有るけれど
スプロケットの歯数と歯先の形で音が変わる

DSCF7496

グラス製ジェットセット・ロッドにはマーキスと共に
極限まで詰めたグリップのLRHウェット&ドライには
パーフェクト・バランスとして推奨されたのが
軽い100gの初代ライトウェイト
細いスピンドル軸に薄いフレームと華奢なスプール
チェックすら省いた初代ライトウェイトは
以降のライトウェイト・シリーズとは別物
同サイズ同時代のユニーカと比べても軽さは際立つ

LRHドライ&ウェット・ロッドは9.3Fのバンブーロッド
パイン材とのダブルビルトで軽いと説明されてはいても
長く重いバンブーロッドには重いリールが
カウンターバランスとして最適とされるらしい
有識者であろう後年の方々の説明とは異なるバランス感覚
ハーディー社の社長であり、世界的トーナメント優勝者である
ローレンス・ロバート・ハーディー氏が
自身の好みで手掛けたロッドに合わせて作り上げたとなれば・・・

St.アンドリューが短命だったのは
リールフット固定リベットとフレームがとか
ブロス時代のリールだと
同型でもスプールの入れ替えが嵌まったとしても
ラッチが降りず互換性が無いとか
長く使われているだけに人間臭さが付き纏います

戦前型竹竿には無粋でも
50年代以降の竹竿からグラファイト時代なら
流行り廃りは有っても
構わず使うとなればライトウェイト・シリーズ
但しLRHに巻き込むラインなら
プラスチックラインはDT5まで
シルクラインでもDT6は身に余る
折角のサイズ・バラエティーが勿体無い(笑)

和式毛鉤・・・丸鈎

和式毛鉤・・・丸鈎

袖鈎と狐鈎は度々出て参りますが
今回はショートシャンク・ワイドゲープの丸鈎
山梨方面の伝統的毛鉤には見られますが
不思議な事に他地域では見かけたことが有りません

DSCF7475
丸鈎 10号&8号

鈎型の利点としては強度
海釣りにもチヌ針等に使われています
・・・伊勢尼と名前が変わります

蛇口を付けて

DSCF7461
丸鈎8号 蛇口

和式毛鉤の定番 ソフトハックル
使う蓑毛はマガモ・コガモ・雌雉

DSCF7476
蓑毛

コガモ

DSCF7477
蓑毛 コガモ

蓑毛 マガモ

DSCF7478
蓑毛 マガモ

蓑毛 雌雉

DSCF7479
蓑毛 雌雉

組み合わせは様々

DSCF7463
和式毛鉤・・・丸鈎

絹糸胴

DSCF7472
和式毛鉤・・・丸鈎

和式毛鉤・・・丸鈎

DSCF7473
和式毛鉤・・・丸鈎

毛鉤に仕立てた時の背中の丸味が堪りません
手曲げ時代のパートリッジフックにも似ています(笑)

春に向けて 2020

春に向けて 2020

去年の釣行を思い返しながらの年中行事
・・・大雨続きで釣り自体の云々はさておいて(笑)

去年は夢多いドライでしたが今年は状況が悪すぎて
渋い釣りになりそうなのでドライフライではない
フリンフ仕立てで・・・

DSCF7453
ガマカツ S10U

ガマカツ S10U スタンダード・シャンクでも
流行りのショート・シャンクに慣れた目には長目に見えます
#12と#14で巻き始めて#16で巻き終わり
シロハラとかマエフタにマダラとかシロタニガワに合わせて
ライトケーヒル・マーチブラウン・タップスとか・・・

DSCF7459
ライトケーヒル・マーチブラウン・タップスとか・・・

アメリカの春先は茶色の水生昆虫が7割以上らしいですが
・・・春一番の最有力候補はマーチブラウン
ここら辺ですとベージュ色に淡い黄色が春先に多いです
季節が進んで赤褐色が出てきます

何処も川床が洗われて川虫の姿が見えない現実とか
川自体の流れが変わってしまったとか有りますが
変わらずにユスリカは羽化をして
それを啄むライズを見つけて安堵しています

追記・・・ご存知の方には今更ですが(笑)

初期の英式ドライフライとかフリンフに使われる
ウィング代わりのパートリッジ・フェザー
長さ調整とヘッドを小さく見せる巻き方

フロント・ハックルのパートリッジを
長さを調整して巻き付けてヘッド側に倒します
その後、ボディを仕上げてハックルのスペースを残します

DSCF7451
フロントハックル パートリッジフェザー

パートリッジの長さに合わせて巻き止め位置を調整
ヘッド側に倒したスペースにハックルを巻きます

DSCF7456
フロントハックル パートリッジフェザー

スレッドをヘッド側に戻して

DSCF7452
フロントハックル パートリッジフェザー

ここではヘッドをしっかりと作っていますが
スレッドをヘッドに戻してそのまま
ウイップフィニッシュすれば極小ヘッドの出来上がり

TMC205BL #20

TMC205BL #20
・・・廃番品
一般的な#20に対するサイズ感とは違います
前出済のTMC200R改 #20の続編

針先の短さと少しアウトポイントがTMC200Rの利点

TMC205BLの説明・・・

DSCF7444
TMC205BL

カディスピューパ、ラーバ、ストーンフライ・ニンフ
シュリンプ・エッグフライ等に極めて多用途で
バーブレスの有利さが際立つフックと有ります

ガマカツでも同様にC10Uが有りましたがこちらも廃番
こちらはTMC205BLと比べると軸が少し長目です
廃番と一時、噂が流れたTMC200Rは今も販売中ですから
結局は際物的なTMC200R改になってしまいます
クリンクハマータイプのフックでアウトポイントなら・・・

これをテール付きのフライに擦れる対策として使います
テール側が半沈となる水面での状態が有効かもしれません
比較すれば細軸のTMC200Rよりは太軸ですから
#20でも安心感は有りますしTMC200R改で説明した
鈎全体の形状による保持力はバーブレスでも侮れません

自家染色のダークブルーダンを添えて

DSCF7448
自家染色のダークブルーダン
DSCF7445
TMC205BL #20

バイスに隠れた部分・・・肝心の所です

DSCF7446
TMC205BL #20

こちらは少しアングリングし過ぎました(笑)
・・・#20ですが実サイズは#16寄りの#14程度です
ワイドゲープ・ショートシャンク流行りではありますが
違う方向も有るかと思います
・・・カンヌキの様に魚の唇を咥えます

一例として「吉村アマゴ針」

DSCF7449
吉村アマゴ針

全体的な形としては前出の袖型でしょうが
掛かり優先の切れの有る短い針先に少しアウトポイント

DSCF7450
吉村アマゴ針

・・・当時としても特殊です

袖型釣針

袖型釣針
・・・
掛かり優先の針先が短い基本的な釣針の形

DSCF7440
喰わせの狐型と掛かりの袖型

前にも日本のサイズ表記である「号」のサイズ感が
良く判らないと海外の方から言われてTMC102Yと
比較してみたけれど
今やTMC102Yでは却って理解が進まないらしい
・・・それだけ多様なフライフックが発売されて(笑)

DSCF7441
袖型

並べてみて驚いた事
製造メーカーが違っても同じ号数表示ならほぼ変わらない
丸軸・平打ちの違いとカエシの大きさが違う位
袖型にも東京袖とか伝統的な秋田袖とかの違いは有るけれど
基本的なサイズ感が同じ事に改めて凄さを感じてしまう

・・・上から3号~11号(6号が抜けています)

DSCF7442
袖型 各サイズ  

今の様に全行程が機械化された釣針製造法ではなく
今と比較すれば家内産業的な製造所で作られているから尚更
そこからすれば
今のフライフックのデザインとかメーカーによる違いは別物
その中ではTMCが統一感が有ると思うけれど
ガマカツは同デザインでもフックのサイズ感が違い過ぎる
フライなり毛鉤に仕立てると#12と#14の間が空いたりして・・・
パートリッジ社並みに一番手違いでの製品化なんて贅沢は言いませんが
お仕着せのサイズ感よりは巻き手のサイズ感に任せて頂ける自由度は
蛇口を巻き止める一手間が有るにせよ
フライ用の鈎を使うよりは一般的な釣針を使う毛鉤の方が有難い
爺の昔話とすれば初期の日本FF釣法でも使われていた筈
新パターンとして周期的に現れる
鮎掛け針を使ったガガンボ・パターンとか・・・(笑)

付記
あけましておめでとうございます
色々な事が有りましたがお陰様で無事に年を越せました
ご訪問頂き、貴重なご意見やご指導を賜る、愉しい一年でした
ありがとうございました

HoneyDun (ハニーダン)

HoneyDun (ハニーダン)

探すのも難しいですが
有っても色目がどうもと
なかなか判断に迷う難しさが有ります

正確なお話はこちらをご覧ください

取り敢えずジェネティックハックルでの商品名として

DSCF7424
HoneyDun (ハニーダン)

どの様なものかと

DSCF7423
HoneyDun (ハニーダン)

リストが淡いダンで毛先にもダン色が入ります

DSCF7425
HoneyDun (ハニーダン)

色目についてはご勘弁くださいませ・・・(笑)

ハニーダン・サドルハックルも有ります

DSCF7426
ハニーダン・サドルハックル

・・・あくまでも商品名ですから

DSCF7429
HoneyDun (ハニーダン)

ホフマン時代にも有ったという事でご容赦ください

勿論、ヘンハックルにも有りました

何故、ハニーダンを持ち出したのかというのも
紫のフライを使いたいとのご要望が有りまして
合わせるハックルとなればカイトインペリアルにも
使われるハニーダンが順当かと感じた次第です
・・・本来はダーク・ハニーダンですが(笑)

DSCF7422
Kite’s Imperial

オリジナルはOliver Kite氏
・・・ウィングまで付けてしまいました

ゴッサマーシルクの紫色に
ユニスレッドの紫が似ていますので迷わず使います

DSCF7420
Kite’s Imperial

ヒーロンのボディに紫色が滲みます

これだけで終われずに

DSCF7421
紫色のフライ

追記 ———————————

おかげさまで日々、普通の生活が戻って来ています
冠水した果樹園に残った農業機械等も引き出せるようになりました
トラクターからスピード・スプレイヤーに乗用草刈機
・・・こちらは現場で修理しています
持ち運べるマメトラやエンジンポンプにビーバー等は
持ち帰って自宅の車庫に並べて部品待ちが後、数台有ります
買えば高い農業機械ですから何とか直さないと
まだまだこれからですが皆様のお力を頂きながら動いています
水没した機械修理は勉強する事が沢山でてきますが
それでも動いた時の喜びと頼んだ方の笑顔にやる気が出ます
・・・爪先は洗っても洗っても、真っ黒ですけど(笑)

Cree Hackle

Cree Hackle
・・・クリーハックル

ダークバラードジンジャーで代用しても
何と無く気持ちが安らげない
・・・憧れのハックルでした
ホフマン社からホワイティング社になって
それでも、巷に出回る様になって
今はゴールデン・クリーハックルとか
ダーク・クリーハックルとか色目で選べる程
30年程前ともなりますと
あの店に入荷が有ったようだとかと噂になる程
探す方の勢いが価格の高さを忘れさせる逸品でした
ブラック・ホワイト・クリーム・ジンジャー・ブラウン
五色がバランス良く入っていなければクリーでは無いとか
額に縦皺を立てるような話は置いといて

先ずは地鶏のクリーハックル(五色羽装)から・・・ご参考

日本鶏における羽色の遺伝学的研究

DSCF7408
地鶏(五色羽装)のクリーハックル

・・・前出のハス毛鉤にも使われています

続いて左・メッツと右・ホフマンから

DSCF7412
メッツとホフマン クリーハックル

近接では

DSCF7413
メッツとホフマン クリーハックル

もう少し寄ってみると違いが判ります
・・・左・ホフマン 右・メッツ

DSCF7410
ホフマンとメッツ クリーハックル

どちらが良いとかの話では有りませんが
発色の良さと茫洋感(透明感)の違いは出て参ります

この時代のクリー・サドルハックル
・・・ホフマン氏からホワイティング氏に移譲された前後

DSCF7414
クリー・サドルハックル

発色と長さに歴然の違いが出て参りますが
まだホフマン時代の面影が色濃く出ています

DSCF7415
クリー・サドルハックル

合わせて見るのは日本のクリー色
・・・山鳥の尾羽

DSCF7403
山鳥の尾羽

巻くフックは「Gamakatu」

DSCF7416
Gamakatu S10U #14

山鳥のクリー色が堪りません

DSCF7407
山鳥の尾羽

色目の濃い方をエッグサックに見立てて

DSCF7406
山鳥の尾羽

テールはマングースのクリー色を添えて見たり(笑)

DSCF7417
クリー色

虫らしいカサカサと乾いた感じが好いもんです

 

Gamakatu Hooks

Gamakatu Hooks
・・・斬新なバーブレスフック・デザイン各種

DSCF7314
Gamakatu Hooks

ナノ・スムース・コート仕様
・・・昔のパートリッジ社にもグレイシャドー仕様が有りました

先ずはR18-2W2HT #8から

DSCF7324
Gamakatu R18-2W2HT

湖沼用パターンで巻いてみます
・・・グレイフォックス・クラレット仕様

DSCF7315
グレイフォックス・クラレット仕様

ブラックぺネリ仕様

DSCF7316
ブラックぺネリ

パーマーハックルで

DSCF7317

続いてGB仕立て

DSCF7319

ブラックビーズ仕立てとか

DSCF7321

オレンジ

DSCF7322

ブラックに

DSCF7323

対象魚が虹鱒と茶鱒ですから

DSCF7320

自由に巻いてみます

DSCF7325

ロッホスタイルからアメリカンパターン・・・(笑)

続いて伝統的なS10-B

DSCF7328
S10-B

Gamakatu S10-B

DSCF7326
Gamakatu S10-B

ドライフライからウェットフライまで

DSCF7318

DSCF7327

DSCF7329

DSCF7330

DSCF7331

斬新なデザインも良いですが定番は落ち着きます(笑)

使う使わないは兎も角として
古い鈎ばかりだと巻くのもマンネリ化しますので
たまには次世代バーブレスフックを持ち出して・・・(笑)

DSCF7363

パラシュートタイプ

DSCF7334

シャック付き

DSCF7335

バーブレスフックも様々です

スライドショーには JavaScript が必要です。

お腹いっぱいになりました(笑)

以下爺の戯言 ———————–

丈夫で効果的なフライとなれば
・・・ボディ材を銅線にして

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

PARTRIDGE WET HOOKS

PARTRIDGE WET HOOKS

DSCF7341
PARTRIDGE WET HOOKS

パートリッジ社の代表的なウェットフライ用各種鈎
・・・スパイダーパターン用は紹介済み

J1A   リマリック型
J3A   スプロート型
SF1 ラウンド型
SE11 スプロート型

今やクラッシクとか果てはビンテージらしい
同じサイズ表記のものをブラックぺネルパターンで

J1A リマリック型

DSCF7346
J1A リマリック型

J3A スプロート型

DSCF7345
J3A スプロート型

SF1 ラウンド型

DSCF7344
SF1 ラウンド型

SE11 スプロート型

DSCF7343
SE11 スプロート型

伝統的な鈎に伝統的なパターン

DSCF7347
PARTRIDGE WET HOOKS

あれが良いとかこれで無ければとか
こんな違いで大騒ぎした時代も有りましたが
同じ鈎で同じパターンを何枚も並べてと
スパム扱いされるのが今のご時世でございました(笑)

以下爺の戯言 ————————

台風前に慌てた収穫と台風被害の片付けで
あっと言う間に時間が過ぎてしまいました
暫くは元の生活に戻れるとは思えませんが
しぶとくしたたかに頑張りましょう!

PARTRIDGE CODE CS32

PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE
SNECKY LIMERICK MAYFLY HOOKS

今となれば古い英国製のドライフライフック
アップアイ・ロングシャンク・捻り入り・手曲げ
ドライフライはアップアイが定番の時代の名残り
CODE A ダウンアイにCODO B のアップアイとか
ハーディにオールコックス
新しい所でシーリーとかスプライト・・・
ショートシャンクにワイドゲイプのSF3等の
ブラックフィニッシュが好みの時も有りましたが
今は最初期に戻ってPARTRIDGE CODE CS32 UP EYE
製造終盤には機械曲げとなりシャンクが真っ直ぐ
・・・今の常識とは些か違います
真正手曲げの時代には鈎に命が宿っておりました

手持ちのCODO32は#16から#10まで
サイズ別7種類を一番手違いで揃っています

DSCF7309
PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE

・・・素鈎だとサイズの違いが判りずらいです

DSCF7310
PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE

同じドレッシングでドライフライを巻いてみます
#16・15・14・13・12のサイズ別で5種類
フライに巻くとサイズ違いが良く判ります

DSCF7311
PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE

・・・コカゲロウからモンカゲロウまででしょうか

DSCF7312
PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE

テール  ハニーダン
ボディ  ラムウール
ウィング ティールダック ウォーリーウィング
ハックル ゴールデン・バジャーハックル

DSCF7313
PARTRIDGE CODE CS32 UP EYE

以下爺の戯言 ———————-

ウェットフライ用のCODE SF11と共に
お気に入りの鈎ですから手持ちの量は
三途の川でも使いこなせない程
少しづつ買い求めた結果ですが
一生かかっても使い尽くせない量になりました
夜討ち朝駆けの頃は勿体なくて使えず
今は実釣で使っていても減る事も無く
我儘一杯のこの手のフライを喜ぶ方も居なくなり
禁漁以上に物寂しい秋の夜長になってまいりました