リバーウェットフライ

リバーウェットフライ
・・・ロッホスタイルと区別は付けたい(笑)

スティルウォーター用スパイダーパターンとは別に
流れの重い魚野川とか犀川本流の様な河川向けのフライ

定番なら・・・CS7 #12

DSCF7942
リバーウェットフライ

信頼感を感じるフレンチパートリッジのフロントハックル
セカンドハックルは時期に応じて様々な色
・・・ダブルハックルの混色を愉しみます

オオユスリカに合わせてティール&ブラック・・・J1A #12

DSCF7943
ダックフライ

錘代わりにカッパージョンのプリンス・ニンフ仕上

DSCF7944
カッパージョンのプリンス・ニンフ仕上

リードフライに使います
・・・ストレッチャー・フライ?

ウェットフライの愉しみ
・・・ハス毛鉤のパターンで遊びます

ハス毛鉤「歌姫」ウェットフライ  J1A #10

DSCF7945
ハス毛鉤「歌姫」ウェットフライ

ハス毛鉤「流星」ウェットフライ・・・J1A #10

DSCF7946
ハス毛鉤「流星」ウェットフライ

実釣試験中パターンも有効なら・・・

ボディハックルに厚めのフロントハックルが定番の
アイリッシュスタイルに一時期、嵌りました
釣れることは釣れるのですがどうもしっくりきません
同じ流れで釣り比べて以来、ボディハックルは諦めました

それでもドライフライは諦められず・・・(笑)
お守り代わりにコカゲロウパターン

お似合いのホイットレーフライボックス「マッチ箱」

DSCF7936
ホイットレーフライボックス「マッチ箱」

コカゲロウパターン・・・

DSCF7941
コカゲロウパターン

TMC500U #16 こちらも「ハス毛鉤 パターン」です
シングルハンドなら無理なく切り替えがききます
・・・今風のスイッチング・ロッド呼称には違和感ですけど

ほのかに暖かい春風の中、のんびりと釣り下る予定です
・・・今日は気温21℃でも明日の天気予報は雪です(笑)

天気予報通り大雪になりました
春の雪ですから下半分がシャーベット状で重いです
電線は積雪で垂れ下がり、木の枝が折れているところも・・・

DSCF7949
春の大雪

・・・大雪警報になってしまいました

以下爺の戯言 ———————————————

シンクレートの重いラインにカチカチのダブルハンドとか
パワーウェットの様なシューティング風とは違う愉しみ
対岸まで飛ばしたラインが下流に流れるまでの間が
何故か手持無沙汰な気持ちになってしまう方向けでしょうか?
出来れば10Fクラスのウェットロッドがお似合いです
・・・勿論、シングルハンドでドロッパー仕立て
ダブルハンドの一群が通り抜けた後の落穂拾いかも・・・(笑)
犀川殖産管轄の犀川を土手から見ていると
一群が通り抜けた後、早くて5分、定番で10分くらいで
魚がまた同じ定位置に戻ってくるのが良く見えます
人に対して慣れているのか怖がらないのか
釣人が多過ぎるのか養殖物だからかもしれません
・・・だからこそ先行者が多くても慌てません
同じ場所で同じ魚が釣れるのも良く有ります
通い慣れれば狭いポイントにしか魚が付かないのも・・・(笑)

滔々と流れる青く澄んだ犀川本流の流れは長い竹竿が似合います
ダブルハンドですから少し重装備の面が有りますけど
LRHグリースドライン13Fなんて此処用に誂えたのかなんて(笑)
・・・本流とはいえ、小ぢんまりとした佇まい
流れに合わせた長い竹竿が似合う犀川殖産管轄の犀川は良いです

“Kebari” simple is best

和式毛鉤は”simple is best”?
・・・単純なのか?研ぎ澄まされたのか?

DSCF7931
“Kebari”  simple is best

良く言われるのが
“Simplicity is the ultimate sophistication.”
・・・(Leonardo da Vinci, 1452-1519)
「シンプルさは究極の洗練」

鉤に拘り、胴に拘り、蓑毛に拘る
全ては丈夫さにも繋がる
出来ればそれが選択の結果ならと思う

初めて買ったフライタイイング用の鋏
その都度、研ぎ直して使い続けている

DSCF7933
フライタイイング用の鋏

同時に買った予備用の鋏と比べてみる
使い続けて半分に成った刃先には出ているけれど
一つの物を自分好みにして使い易くするのも
毛鉤と同じく道具としての役割と思う

違う言い回しなら
“Everything should be made as simple as possible,
but no simpler.”
・・・(Albert Einstein, 1879-1955)
「すべての物はできるだけシンプルに作られるべきだ。
しかし必要なものが欠けたら終い」

“Keep it simple.”

DSCF7935
“Keep it simple.”

欲を出さない事は難しい・・・(笑)

Tenkara-Kebari?

Tenkara-Kebari?

DSCF7929
Tenkara-Kebari?

・・・ブルーヘン・スパイダーパターン
North Country Spiders
・・・Clyde Style としても巻かれ夏場の夕方に最適

昔なら「ハス毛鉤」と言下に否定された代物
此方にすれば「ハス毛鉤」も「テンカラ毛鉤」も
ご存知無いと思い、それ以上の話は控えました
まして「職漁師毛鉤」の話ともなると
どこぞの本からの話を繰り返して
伝統とか伝承とかとされるだけで
どうも、話が前に進まない・・・(笑)
80年代から90年代に釣雑誌に紹介された
和式毛鉤を「テンカラ毛鉤」とするだけで終わる
「テンカラ」の言葉が釣雑誌に出た頃なら
「魚心毛鉤」の様に「和洋折衷毛鉤」も多い
元々、「テンカラ毛鉤」なんてものは作られたもの
「和式毛鉤」すら明治期の中村利吉氏が
ハーディー作の鱒疑似餌、即ちトラウトフライを元に
試行錯誤しながら日本の対象魚に合わせて作られたものが多い
地域独自とされる「伝統毛鉤」すら源は「ハス毛鉤」
全国の「毛鉤釣り」を「テンカラ釣り」に統合した弊害が
「和式毛鉤」自体の存在其の物を打ち消すことになるとは
「テンカラ釣り」とした当初には考えもつかなかった話
最初期に「逆さ毛鉤」を紹介した右田氏の著書名が
昭和34年初版では「右田の逆さ毛バリ」が
その後の再版時に「正統テンカラ逆さ毛バリ」となったようなもの
そもそも、「テンカラ毛鉤」なんてものは低下凡夫の作
昔から垣根無く何でも引き入れて作られてきたもの
写真の英国伝統スパイダーパターンを
「テンカラ毛鉤」であるとは言えないけれど
「テンカラ毛鉤」では無いと迄は言えない
だからこそ
最初期の「テンカラ毛鉤」は愉しみに溢れていた(笑)

 

Japanese Tenkara flies

Japanese Tenkara flies
・・・テンカラ毛鉤(Damp Dry flies)
これも和式毛鉤です

DSCF7927
Japanese Tenkara flies

「和式毛鉤」・・・
これほど後世の人によって捻じ曲げられるとは
「テンカラ」を毛鉤釣りの総称とした当時では
思いもしない事だったのかもしれない
・・・当時の毛鉤談義と比べても悲しい程
それとも伝統とか伝承は我が物にしたがる方々の
「幻」と同様の体のいい隠れ蓑?
発端は後発のブームとしてのFF釣法もある
精緻なフライに対する区別化として
ズボラなとかいい加減な毛鉤でもと
バンカラを気取った一部の方々が釣雑誌に
度々登場し単なる持論を一般化したせいかもしれない
何もない質素、粗末な田舎の毛鉤としたがるのも
お町の人らしい田舎に対する当時の観方が付き纏う

悲しいかな英語圏の方のほうが理解が深い

Stiff hackled kebari are WET flies
・・・As a basic premise

和式毛鉤に多い蓑毛毛鉤(普通毛鉤)は
ハックルで浮かせるドライフライでは無いし
ソフトハックルウェットフライとも違うと
解説される方が出て来られている
その考え方の共通項として・・・

The art of trout fishing on rapid streams
・・・by English fishing author H. C. Cutcliffe

和式毛鉤の本質を古い英書で説明される
その知見が素晴らしいです

大事なことは「雄鶏毛鉤」とか「雌鶏毛鉤」では
言い表せないのが毛鉤に使う蓑毛の羽根質
これはフライも同じ・・・(笑)

UVレジン毛鉤

UVレジン毛鉤
・・・デジャヴの世界です

TMC206BL #12

DSCF7905
UVレジン毛鉤

UVレジンでコーティング

DSCF7906
UVレジン毛鉤

補強と見映えのタグ&リブ

素材は・・・ペッカリー

DSCF7908
ペッカリー

Peccary・・・猪の毛です

因みに下の渦巻きはスカンク・テール
左側がポーキュパイン
右側がそのペッカリー

DSCF7907
スカンク・テール・ポーキュパイン・ペッカリー

ポーキュパインなら同じ皮革から三種類・・・(笑)

ポーキュパインのアンダーファーでウィング

DSCF7910
ポーキュパイン・アンダーファー

マーチブラウン・サモンフライのウィング用に使っていました

ポーキュパインの刺し毛

DSCF7911
ポーキューパインの刺し毛

ポーキュパインの刺し毛の中

DSCF7914
ポーキュパインの刺し毛の中

スポンジ状で他の中空素材よりも丈夫です

ポーキュパインのガードヘヤー

DSCF7912
ポーキュパインのガードヘヤー

ピーコック・ハールの代わりに巻いていました
・・・丈夫さは比較にもなりません

DSCF7915
ポーキュパイン 2種

巻き比べてみます

DSCF7922
UVレジン毛鉤

左側から・・・
ポーキュパインのガードヘヤー
ポーキュパインの刺し毛
ペッカリー色違い2種

昔から色んな素材を鉤に巻き付けてまいりました

DSCF7916
マングース

テール素材のマングースを胴に巻いたり

一時期のモスキート・パターン

DSCF7917
ムース・ヘヤー

黒白を交互に巻いて体節を表します

透明な表皮表現方法として白馬の毛
・・・今のUVレジンの考え方?

DSCF7919
ホースヘヤー

・・・それともミッジ・レース?

FF釣法のノット補強に紹介された頃のUVレジンよりも
素材そのものが改良されて使い易く安価にもなりました

UVレジン素材が改良されて使い易くなっただけ
お付きのペッカリーはそれこそデジャヴの世界・・・(笑)

同じ様に見えても違うのは・・・

DSCF7904
彦兵衛針 改良ヘラ鮒スレ鉤6号

UVレジン毛鉤

DSCF7923
UVレジン毛鉤

ストーン・フライに良さそうです

お決まりの「逆さ毛鉤」ではなく
天邪鬼は富士流「順毛鉤」仕上

DSCF7926
UVレジン毛鉤 富士流「順毛鉤」

モノポストウィング毛鉤は遥か昔から日本にも有ります
タグは「花入」
リブは「金ネジ」「銀ネジ」の荒巻
ウィングは「羽根附き」
アンテナは「追い毛」、その斑入りは「薮蚊毛」
紹介されていないだけです・・・(笑)

付記 ——————-

体節表現は古来から
様々な手法が試みられてきました・・・一番は本物

Mayflies by John Hudson, Katherine Hocker, Robert H. Armstrong

視覚と知覚の違いが最大のトリガーポイント(笑)

スタンダードハックルドライフライⅡ

スタンダードハックルドライフライ Ⅱ
・・・Standard Hackle Dry flies Ⅱ

フライボックスのお守りとして
贅沢では有りますが折々で巻いています
ウィング以外は全てジェネティック・ハックル
今年は・・・

DSCF7899
ジェネティック・ハックル

スタンダードハックルドライフライ

DSCF7903
スタンダードハックルドライフライ

鉤    ガマカツ B11-B ”12
テール  ハニーダン
ボディ  ダンバジャー
ハックル クリー

DSCF7895
ハックルドライフライ

ボディは巻いたハックルを刈り込んでいます

DSCF7902
スタンダードハックルドライフライ

・・・リストのバー幅が一番の肝に成ります

キャッツキル風ですが源は秋山郷毛鉤です

「だから何だ」と自分でも思いますが
これがフライボックスに有るか無いかで
釣場での気持ちの持ちようが変わります
ラストホープというよりは浮かすだけ

農作業の一段落も終わりました
三連休中は地区の役員会に引継ぎ
これが4月初旬まで続きます・・・(笑)

以下爺の戯言 ——————————————–

スタンダードハックルドライフライなんてものは
風前の灯火なのか廃れたのか化繊に切り替わったのか
それとも日本の釣具業界が唯我独尊を通し過ぎたのか
FF釣法其の物が飽きられたのかは判りませんが
「グーグルトレンド」で調べてみると動向が判ります
+比較とか、国に期間を入れる事で比較も出来ます
検索ヒット数からですが興味が有るからの数字は如実

WS000000

ここに「渓流釣り」を入れると

WS000001
・・・月別推移ですから変動は有ります
不景気とか閉塞感が巷に溢れる様になると
釣りの分野が伸びてくるのは過去の動向でした

テンカラ毛鉤 3態

テンカラ毛鉤 3態
・・・Unkempt-Kebari

DSCF7888
テンカラ毛鉤 3態

人には好かれる厚く巻いた毛鉤

DSCF7889
テンカラ毛鉤 3態

岩魚釣り師には好まれる毛鉤

DSCF7890
テンカラ毛鉤 3態

魚が好きな毛鉤・・・「ボサボサ毛鉤」

DSCF7892
テンカラ毛鉤 3態

表側・・・「ボサボサ毛鉤」

DSCF7893
テンカラ毛鉤 3態

胴巻きはボサボサした質感が好きなタシロニンフダブ
下地はパールマイラーにリブは撚り銅線で締めています
締めてはいますが搔き出してボサボサにしています
水面下が多い「テンカラ毛鉤」には最適だと思います
これはこれで精魂込めています・・・

ホイットレーのマッチ箱

ホイットレーのマッチ箱

DSCF7879
ホイットレーのマッチ箱

現行品なら4307F 6コンパートメント?

DSCF7880
ホイットレーのマッチ箱

ダブルコンパートメントと比べたら(笑)

DSCF7882
ホイットレーのマッチ箱

定番のシルモリ刻印

DSCF7883
ホイットレーのマッチ箱

両サイドの縁にパテントナンバー

DSCF7884
ホイットレーのマッチ箱

メイドインイングランド刻印(ゴシック体)

DSCF7885
ホイットレーのマッチ箱

一番に小柄ながら精一杯感が愛おしい
・・・透明ニス仕立てにも時代を感じます

DSCF7886
ホイットレーのマッチ箱

・・・#16以下のコカゲロウパターン常駐
古いホイットレーフライボックスは絵になります

テンカラ毛鉤なら本当のマッチ箱に入れていました

懐かしがり出して・・・デュートフライボックス

DSCF7887
DEWITT FLY BOX

これも懐かしいロイヤルコーチマン3態
フェザーウィングにパラシュート、ウルフパターン
オービスは高価すぎフェンウィックには乗り遅れ
筆記体のGルーミスとかダイアモンドバックにセージ
赤の帯がフロータントで黒ずんでいます
コートランド社ならではの緑の芝生付き
・・・これもビンテージ品でしょうか?

玉手箱さながら当時の釣場とか魚とかを感じてます
結局はハーディーに戻ってしまいましたし
これからは、変わりようも、無いかもしれません

懐かしさ一杯で昔のフライとか毛鉤を見返していると
テンカラ毛鉤だけは変わっていないのに気がつきました
小型化したくらいで素材もデザインも変わっていません
一時はフライにアイデアを求めて四苦八苦もしましたが
却って昔帰りしている程度・・・
今は期待を持って「Tenkara-Kebari」に注目しています

懐かしさを感じる新しい「Tenkara-Kebari」

リアルとファンシー
モンタナ州のFranz B. Pott氏が紹介したPott’s Weave

フライタイイングとフライデザインは同義では無い
・・・ジェイソン・ボーガー

確かにソフトワイヤー使用による素材変更
キラメキ効果も有るし沈下速度も変わる
色を変えただけの物では無いのも判る
ただ、素材変更だけとなると・・・
UV素材変更のデザインも暫くは続くだろう
手軽なUVレジンも活用されてもいる
・・・耐久性の面で実用レベルには今一
どうしても「鮎毛鉤」の変遷と同じ気がしてしまう
戦前型の天然素材活用「村田針」
・・・追い毛や胴巻きにブルーマコー
戦後の高度成長期に流行ったラメ入り
・・・濁り等の水質悪化に対応
今は手軽な「鮎毛鉤」と伝統的な「鮎毛鉤」
・・・両極化?

「Tenkara-Kebari」
変遷を見ているのが何故か嬉しい
当初はソフトハックルウェットフライの「逆さ毛鉤」
蓑毛が長いだけの「逆さ毛鉤」に疑問も出てきて
今は蓑毛が受ける水流に合わせ羽根質を変えて合わせる
「蓑毛の腰は水流に合わせる」なんて事が
そのまま、理解できる方も増えてきている
「もじゃもじゃ毛鉤」とか「もしゃもしゃ毛鉤」
そんな毛鉤に興味を持たれる方も居る

その昔
餌針に履いていた靴下のアホ毛を巻き付けて
そのまま即席毛鉤で魚を釣っていた爺様とか
草の茎を巻き付けて釣っていた爺様とかの
そんな昔話を笑い合える日も近いかもしれない
子供の頃からFF釣法に馴染んでいる彼らなら
釣り仲間だからこそ、それも近いと信じている
それは毛鉤の原点かもしれないけれど
それを磨き上げて毛鉤とした文化は東も西も同じ
だからこそ毛鉤もフライも愉しみ・・・(笑)

「チャドウィック」とか「ラフィア」の話では有りません

概知感とか慨視感の日本語よりは仏語の”déjà-vu”
新鮮な衝撃を期待しつつ・・・
因みに「未視感」ともなれば立派な老人性健忘症(笑)

Spanish Needle fly

Spanish Needle fly・・・
” best all-round fly for North Country rivers”
・・・勿論、日本の川でも有効です

「ノースカントリースパイダーフライ」では
欠かせないパターンの”Spanish Needle fly”
先回の”P&O”から「北国の蜘蛛」を再確認したら
ライトもダークもいつの間にやら一緒くた・・・(笑)

自身の記憶なら・・・

Light Spanish Needle fly

DSCF7858
Light Spanish Needle fly

・・・4月のフライ
オレンジ色のシルク
ヘッドに孔雀の羽
ジャックスナイプの翼の内側の羽

Dark Spanish Needle fly

DSCF7859
Dark Spanish Needle fly

・・・万能フライ
クラレット色のシルク
ヘッドに孔雀の羽
ジャックスナイプの翼の表側の羽
(本来は梟の羽根です)

どちらもコブラーWaxでは無いビニヤードWaxを効かせて
確りとスレッドを締めこんでリブを立てるのが好みです

キャプテンハミルトン・インターナショナル
・・・パートリッジ社 CS7 #16 復刻版

DSCF7275
キャプテンハミルトン・インターナショナル

かの御大もいまや、スナイプを諦めクリー・ヘン使用
自分もイングランド・スナイプですが
ジャックとイングランドの違いが判りません
極東の田舎からの細かい話は「ごまめの歯ぎしり」ですけど
オールドスクール過ぎて本元からも外れてしまいました
スナイプ以上にブラックバードはもはや「幻の・・・」

同じヘッド仕上で・・・

winter Brown

DSCF7860
winter Brown

ライトオレンジ色のシルク
ヘッドに孔雀の羽
ウッドコック内側の羽

Brown Watchet

DSCF7861
Brown Watchet

オレンジ色のシルク
ヘッドに孔雀の羽
ブラウンパートリッジ

Watchetつながりで・・・

Dark Watchet

DSCF7862
Dark Watchet

オレンジと紫のシルク
川鼠をまばらにダビング
ジャック・ドゥ
・・・
オレンジと紫に川鼠をダビングするのか
ベースがオレンジでリブに紫とか・・・
ここで言う「川鼠」は「ウォターラット」で別種です

これが安曇野の湧水が流れる川で
自分にとっては一番に効果的でした
ニンフ・バージョンにしたり
ウェブまで巻き込んで
ハッチングパターンにしたりと
バリエーションとして使っていました

サイズ#16のパーフェクト・ベンドでショートシャンク
どれもこれも、並べてみれば余り代わり映えはしません

DSCF7863
キャプテンハミルトン・インターナショナル
・・・パートリッジ社 CF7 #16 復刻版

・・・見える魚を手にすると違いが判ります
なんとなく「ハス毛鉤」にも見えて参ります(笑)

用意は出来ています
竹竿の補修も冬の間に済みました

DSCF7872
ハーディー ゴールドメダル10F #5

合わせるLRHのラインもクリーニング済み・・・

DSCF7873
ハーディー ゴールドメダル10F #5

一昨日迄は確かに暑い位の「春」でした
突然の大雪で降雪量も此処で10㎝程となり
辺り一面が真っ白になってしまいました
サクランボハウスの補修も終わり加温も開始
一段落ついて、いざ解禁というこの時期です
用意は出来ていますから何とかなるでしょう(笑)

付記として ————————

ブラックバードのサブとスナイプ・フェザー&スターリング

DSCF7850
ブラックバードのサブとスナイプ・フェザー&スターリング

クートウィング

DSCF7853
クートウィング

ジャックドゥ・ウィング

DSCF7852
ジャックドゥ・ウィング

ジャックドゥ・マスク&ムーアヘン

DSCF7854
ジャックドゥ・マスク&ムーアヘン

スナイプ・ウィング

DSCF7855
スナイプ・ウィング

例え店頭に無くなったとしても
サブも有りますし何とかなるでしょう(笑)

Soft Hackle Spider Wet Fly

Soft Hackle Spider Wet Fly
・・・Traditional Wet Fly
使う鉤はスパイダーパターン専用L2A他

The Snipe and Purple

DSCF7836
Snipe

鴫なのだけど模様は雀に似ている

DSCF7837
Snipe

・・・本来はウィングの裏側使用です

半身を削ぎます

DSCF7838
Snipe
DSCF7839
The Snipe and Purple
DSCF7842
The Snipe and Purple

・・・ソラックス部にピーコックも捨てがたいです

真夏の昼に却って効果を感じるのは
名前通りに蜘蛛?
本来はスナイプ・ウィングの裏側

The Partridge and Orange spider

DSCF7841
The Partridge and Orange spider
DSCF7843
The Partridge and Orange spider

サイズ比較

DSCF7840

ブラウンパートリッジよりはグレーパートリッジ
#12~10でストーン・フライがお似合い
Snipe and Purpleは#14が一番かもしれません

The Black Magic Spider

DSCF7848
The Black Magic Spider

黒のオールラウンダー

The Waterhen Bloa

DSCF7849
The Waterhen Bloa

カゲロウそのもの

The Woodcock and Yellow

DSCF7846
Woodcock
DSCF7845
The Woodcock and Yellow
DSCF7847
The Woodcock and Yellow

私的にはP&Yよりも・・・

North Country spiderとかクライド・スタイルとか
種類も多いしバリエーションも多い
ソッラクスにピーコックとかラビットファー
ボディを太くすればカディスピューパ・・・
North Country spider となれば#14~#16ですけど・・・(笑)

The Infallible

ダークブルーダン・ヘン指定ですが有りません
自家染色で近づけます
青をベースに紫を少し・・・

DSCF7832
ダークブルーダン・ヘン

裏側から

DSCF7834
ダークブルーダン・ヘン

羽根の色は難しいです

DSCF7835
The Infallible
DSCF7844
The Infallible

名前通りなら「絶対に確実」?
・・・オールラウンドプレイヤーの点は確認済み(笑)

Greenwell’s Spider Soft Hackle wet flyとか
March Brown soft hackle wet flyともなれば
そのまま”Leisenring’s Spider fly”に近ずく
・・・フリンフと余り区別がつかなくなる
同様に”P&O”が米国に渡って
“The Carrot”と言うフライになったとしても
ソラックス部が太目になっただけ
此方にすれば”O&P”のバリエーションと感じてしまう

ソフトハックルの世界は深過ぎて・・・
時にはこちらが意図しない状況で釣れて
人の感覚と魚の感覚の違いを思い知らされる
いつでもどこでもと、頼りすぎるので
却って垣間見る程度が良いのかもしれない
自家版とかオリジナル・パターンと言ったとしても
過去のパターンにはバリエーションとして存在しているのが
和式毛鉤とソフトハックルウェットフライです・・・(笑)