ヒゲナガ ニンフ・フライ

犀川本流も水底が見えるようになり
早速、釣行
11時からのゆっくりとした入渓
1時間程度の現場なので却ってジタバタしない
群馬・山梨・長岡の方と入れ替わりながら
各メジャーポイントを探る
まずはダブルハンドで新調したラインを試し
ある程度慣れた後は実釣
定番のストリーマーで反応を見る
沈み石の手前のよれから
鰭を目一杯広げながら、虹鱒が出る
食い気も充分、引きも充分
ダブルなので50前後は余裕(有り過ぎ・・・)
折角なので、シングルハンド
ハーディー デラックス 11Fに持ち替え
ラインは久々のタイプⅡフルシンク
毛鉤はヒゲナガ・ニンフフライ

dscf4565
ヒゲナガニンフフライ

ザグバグ風でも有り

鈎 ガマカツ ロングシャンク c11 #10
テイル ラビットファー オレンジ
ボディ ピーッコックハール
オーバーボディ フォーム材 黒
リブ カッパーワイヤー
ソラックス ラビットファー 緑系
スロート パートリッジ ダイドグリーン

dscf4564
ヒゲナガニンフフライ

実釣済み 40から50オーバー
テールからアイまでのオーバーボディの
フォーム材はトップコートで補修済み

dscf4566
ヒゲナガニンフフライ

オーバーボディだけレジ袋のオリーブ色に変更
余り代わり映えしない

入れ替わり立ち代わりの後ですから
単純にストリーマーでは出てきませんので
ラインを長く取りながら各ポイントで
俗に言う、アンマ釣り
ポイントの底へ毛鉤を届けたら
竿先で、ラインを小刻みに引き上げる
もわっとした当りが出たら、合わせず送り込む
魚が咥えるのでなく吸い込むイメージ
けっこう神経を使うのですぐ飽きてしまうのが難点

所々でもじりが見えだしたのでドキドキしながら
フローティングラインに変更していたら
静かな流れに・・・
シャツでは寒くなってきたので退散
周りを見れば楓が紅葉に変身中

dscf4570
ヒゲナガニンフフライ

実釣で良い結果が出ると
早速・・・
キールタイプやらスイミングニンフフック
形は様々でもドレッシングは同じ
このタイプを入れたフライボックスは
開けるのに躊躇する
ご当地名物
ザザムシの甘露煮ぞろぞろ・・・

ヒゲナガ ニンフ・フライ” への2件のフィードバック

  1. 本日、こちらのサイトに巡り会いました。
    英国スタイルの毛鉤釣りが好きなので、道具はhardyが好きです。
    竹竿は高嶺の花なので、DXクラシックが愛竿です。
    フライのサイトは数あれど、こちらのサイトのような私にとって魅力的なサイトは本当に貴重です。今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m

    いいね

    1. コメントありがとうございます。
      ご丁寧なご挨拶をいただき恐縮至極です
      川で出合えた方とのんびり
      釣り談義をするのが楽しみです
      こちらこそよろしくお願いします。

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください