岩魚針に山女魚針・・・

テンカラ毛鉤にフライフックが一般的に使われる今に、わざわざ蛇口を附けてまで餌針を使うのも酔狂な事と自覚はしていますけど・・・あくまで疑似餌ですから

フライフックよりも多種多様な餌針を毛鉤に仕立てて魚の反応と毛鉤の出来を見るのも毛鉤釣りの愉しみと感じています

集め始めたのも個性豊かな、だからこそ今は製造されていない鈎型の一つ一つが味わい深く、号数が同じでも釣針の種類によってサイズ感が違うので現物が無ければ大きさも判らない、毛鉤巻きでの現実的な面もあります

無骨に見える海津針に丹吉針とかセイゴ針や軽井沢狐等の岩魚針に袖型で鈎先が長めの山女魚針各種・・・地域に根付いた伝承毛鉤にはそれに応じた鈎型が有ります(信頼に応える鉤が有ってこそですけどね)

そんな伝承毛鉤でも釣圧の高まりに応じて、袖型からセイゴ針に変わり軽井沢狐型にと変化して毛鉤サイズも小型化(それでも7号~7,5号ですからフライフックで言えば♯12程度)

細軸で軽量な鮎掛け針を使い全国的には珍しい「乾毛鉤」に、それ以上に特異な存在であった「逆さ毛鉤」とか、チョークストリームでも通用しそうなムクドリや烏の綿毛を蓑毛にしたり、雀のウィングフェザーを使った雀毛鉤に、羽虫其の物に見える羽根附き毛鉤・・・伝承毛鉤と言えど各地に根付いた和式毛鉤は思っていた以上にそれこそ様々、使われた釣針も様々ですから使われていた鉤でなければ実際の毛鉤そのものから逸脱してしまいます

又、前口上が長くなり失礼いたしました

喰わせてまで(飲み込ませてまで)確実に岩魚を手に入れる為の「岩魚針」・・・

ウェットフライさながらの羽根附き毛鉤とか・・・

掛かりの良さに保持力を加味した「山女魚針」・・・

日光毛鉤の一つ・・・

乾毛鉤式とか・・・

ごく一般的な・・・

続きは「アマゴ針」を予定していたのですけど長良川を漁場にする各名人監修の銘針が多過ぎますし折に触れて前にもご紹介していますのでひとまず・・・

長良川の広さと奥深さというか凄さを、使われていた各釣針から感じ、バイスに挟んだ鈎に手も出ず、ただ見惚れてしまうからですけど・・・(笑)

前にご紹介した飛騨毛鉤に使われていたと聞く「丹吉針」は、拙な文章や拙な写真では現物の凄さをお伝え出来ないでしょうし・・・釣針だけでなく長良川のアマゴに、溜息が出そうです

「吉村アマゴ針」にお似合いと思っている段毛鉤式・・・

伝統毛鉤とか伝承毛鉤とかの話も有りますがそれを踏まえつつ個性豊かな鈎に、お似合いのパターンを組み合わせて・・・テンカラと呼ばれる前の和式毛鉤には、フライ並みに様々なパターンが存在していましたし拙ブログに出てくる和式毛鉤は多少のアレンジ(今だからこそ使える素材)は加えてますけど地域に根付いた伝統的な毛鉤は踏襲しています・・・勿論ですけど、使われていた鈎も可能な限り使用しています

チェコニンフがいつの間にかユーロニンフですか?・・・もしかすると今の「テンカラ」も、いつの間にか日本で行われていた毛鉤釣りとは別のジャンルの釣り方に代わってしまったのでしょうか ?

雑記 ————–

毎日雪搔きしてますけど毎日、雪が降りますから・・・(笑)

雪搔き見物を堪能した後は、毛布の上でゴロゴロしてます

4~5年前から海外のテンカラサイトでもジグヘッド型毛鉤を多く見かけるようになりました・・・流れが無い、深いクリークでの対処策でしたけどほぼ「脈釣り」と同じバーチカルフィッシング

敢えて言えば餌竿に餌の代わりに毛鉤を付けた本来の「毛鉤釣り」がユーロニンフィングとかヨーロピアンニンフィングと言い換えられただけにどうしても思えてしまい、折角の軽やかさとリズム感を手に入れた今のテンカラとは趣に些か違和感が・・・

でも8割近くの釣り方が下流に向けての流し毛鉤式を「TENKARA」とされているようですから・・・

ごまめの歯ぎしりが少しだけ・・・(笑)

折角の機会ですから以下は戯言です —————————

彼の地でジグヘッド毛鉤等という毛鉤が流行りと聞き及び、近辺の山で間に合わせた質素で貧しい素材だけでは有りますが見様見真似、何でも取り入れる低下凡夫の毛鉤をご笑覧ください

彼の地の掟に従いましてカエシは潰しました・・・

赤角にゼンマイを荷札の金線で絞り込む胴仕立てに元巻きは孔雀、雉蓑毛を合わせて・・・(笑)

岩魚針に山女魚針・・・” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    これから大事に残していかないといけない歯ですから、あまり擦り減らないようにしないといけませんね(笑)
    ちょっと目を離した隙に、タングステンビーズが取り付けられた毛鉤を使う「沈みテンカラ」なる釣法が確立し、気が付けば道具類も全てそれ用に切り替わり、それでも日本伝統の釣法であると…
    「こんなテンカラもあったのか」と、素石翁も草葉の陰でびっくりされるのではないかと。

    いいね

    1. yugawaski様 コメントありがとうございます
      今のテンカラマスター?とされる方のご意向かもしれませんし、それを後押しする釣り具メーカーの・・・
      好きだからこそと言えるのも無名の素人ならばこそ・・・(笑)

      いいね

ご質問、ご指導お寄せください

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください